通常治癒期間
本文へジャンプ 7月1日 

 

筋肉

 

回復期間

第1度の挫傷

筋繊維が10%未満の断裂

第2度の挫傷

筋繊維が1050%の断裂

10

第3度の挫傷

筋繊維が50100%の断裂

大腿四頭筋   

6〜8週間
ハムストリング   3週間以上
腰部          3〜6週間
下腿三頭筋(ふくらはぎ) 4〜6週間

      筋肉の挫傷の場合部位により治癒期間がかなり変わってきます。

アキレス腱断裂の場合3ヶ月間以上

 

靱帯

受傷レベル

受傷内容

回復期間

第1度の捻挫

靱帯か20%の断裂

514

度の捻挫

靱帯か2075%の断裂

1430

第3度の捻挫

靱帯か75%の断裂〜完全断裂

数ヶ月かかり骨折の場合と同期間

      靱帯は次の4段階を経て治ります。

@     断裂した靱帯に血液が流れ込み、血液と組織液で靱帯か腫れ上がります。

A     血餅ができます。これは力学上弱体な瘢痕組織です。

B     この瘢痕組織が次第に強力な組織に成熟します。

C     靱帯中の損傷した神経終末が再生されます。

第3度の捻挫の場合は、外科的な処置かギプス固定などを必要とする場合があります。この場合、筋肉が萎縮し筋力の低下が起きますのでリハビリに時間がかかります。

 

疲労骨折

最も疲労骨折の見られる部位

回復期間

上腕骨の中央部

6週間

肩甲骨の鳥口突起

6週間

骨盤の恥骨枝

3週間

大腿骨頸部

12週間

大腿骨骨幹

12週間

大腿骨下端

6週間

脛骨上端

3週間

脛骨骨幹

6週間

脛骨下端

3週間

踵骨中央部

6週間

中足骨下端(行軍骨折)

4週間

 

 

 

完全骨折

骨折箇所

小児

成人

指の骨

3週間

〜5週間

手の骨

6週間

6週間

手首の骨

10週間あるいわX線で治癒が明らかになるまで

前腕

6〜8週間

10〜12週間

上腕骨骨幹下部

6週間

8週間

上腕骨骨幹部

6週間

8〜12週間

鎖骨

4週間

6〜10週間

脊椎

16週間

16週間

骨盤

4週間

6週間

大腿骨頸部

6週間

10〜12週間

大腿骨骨幹部

8〜10週間

18週間

大腿骨下端

6〜8週間

12〜15週間

頸骨上端

6週間

8〜10週間

頸骨骨幹

8〜10週間

14〜20週間

頸骨下端

6週間

6週間

踵骨

10週間

12〜16週間

足の骨

6週間

6週間

足指の骨

3週間

3週間

治療で外科的処置や固定など治療方法により治癒期間が変わってきます。