『椅子をデザインしてみたい』

デザイナーさんや建築士さんならこう考えたことがある人は結構多いんじゃないかなぁと思います。僕たちもそう考えたのが5年前。設計して試作を作ってみては挫折して、予算を組んでみては挫折して。改良・再設計のくり返し。ギリギリのところまでコストを落としてなんとか満足いくものができました。たくさんのこども達が、このスツールに座って絵本を読んで、絵を描いて、たくさんの大切な時間を過ごしてくれるとうれしいです
トイラバ

段ボールとゆう素材

素材である段ボールの特性を最大限に活かし、温かみと、リサイクル性を前面に出しました。最も試用期間が短いとされる幼児期に限定することで『ファーストインテリア』とゆうコンセプトがうまれました。再生紙を50%以上使用した、このキノコスツールは、こどもの成長と共に不要になれば、リサイクルとゆうかたちで、再び再生紙に戻ります。

デザイン

テーマはドット絵。出来上がったイスを見たこどもはみんな「キノコだ!」とわかります。こどもの想像ってスゴイ。

■材質  段ボール(Bフルート)

■対象年齢 満3歳〜9歳ぐらい(身長100cm以上130cm以下がめやす)

■製品寸法  幅約250mm 奥行250mm 高さ245mm

■組み立て所要時間  5〜10分(糊付け等は不要です)

■価格 ¥1,300(消費税込)

お買い求めはコチラから。取り扱いショップ様募集中です!

Kinoco Stool Impression

キノコスツールを友人宅におみやげに持って行きました
組み立てに挑戦してくれたのは、この仲良しの2人

11歳と12歳だって!

逆?

こう?

ここを折って

「あっ、イチゴの箱だ!」

ひっくりかえしてかぶせて
「カワイイ!キノコみたいになったよ」
できあがり。

ありがとう、かわいいモデルさんたち

取り扱い希望の業者様は製造・販売元 湘南抜型Craft&Kaftウェブサイトよりお願いします。