8月になってインターハイが開催中でした。熊本です。掲示板にタイムリーな情報を出していたので更新しませんでしたが、後々消えてしまうのでリンク先を書いておきます。 ここ

 また、平塚ジュニア選手権大会が6日より始まっています。


 6月4日
 イン杯神奈川予選シングルス男子優勝:添田豪 準優勝:和田太一 ベスト5:森、平松、神原 以上が全国大会に
 女子 中村晴香、芳野紗綾香、高岸知代、竹原心、佐々尾依里 が全国大会に決定


 6月3日
 この情報コーナーは規則的に更新できませんが、気が向いたらお知らせします。昨日と本日はインターハイ神奈川県予選行われています。
昨日はダブルス決勝で男子:添田・和田(藤沢翔陵高校)、女子:中川・中村(東海大相模)優勝です。


 4月29日
 神奈川県テニス選手権大会の男子35〜50歳以上の経過を載せておきました。 ここ    尚、フェドカップは吉田友佳選手も負けて日本敗退。


 4月28日
フェドカップ 日本対アルゼンチン 開幕 日本テニス協会のHPに経過が掲載されています。初日はシングルス浅越、小畑ともに敗退しピンチ。
 神奈川県テニス選手権大会開幕。


 4月12日
 ロイヤルSCオープンの結果がようやくホームページに掲載されました。ずいぶん遅いですが、 ここから


 4月11日
 山梨オープンの結果が掲載されました。  ここ

 それにしてもデ杯は残念でしたが、鈴木貴男選手が世界に通用することがわかり収穫だったのではないでしょうか?


 4月8日
山梨オープンは和田奈々選手が優勝でした。その他のデ杯や都市対抗戦は他のページに記載しました。


 4月6日 本日からデ杯(対インド)が有明で始まりました。初日は鈴木貴男選手がブパシ選手に勝ち、石井弥起選手がパエス選手に負けて1勝1敗になりました。ダブルスのインドペアは世界のトップまで行ったペアで、非常に苦しいですが地元の利で勝って欲しいものです。7日15時から行われます。詳細は日本テニス協会のHPで結果を準リアルタイム?で掲載しています。リンク先が変わるので直接訪れて下さい。
また、追いかけていた山梨オープンはジュニア対決(対志舞選手63,64)を制した深田麻奈実選手が中島千穂選手(JOP87位)に63,64で勝って決勝に進み和田奈々選手(JOP25位)と対戦するようです。


 4月3日
最近終了した大会は石和オープンとロイヤルSCオープンで石和からはデ杯合宿に選手が移動しているようです。進行中の大会は山梨オープンで本日から本戦が始まりました。今週末はデ杯日本対インドの決戦があります。また、神奈川県では都市対抗戦が厚木で行われます。平塚市の陣容は平塚テニス協会のHPに掲載中。
尚、神奈川県ジュニアの大会に参加していた女子ジュニアが5名山梨(須玉)に向かい当日エントリーして全員本戦に勝ち上がったようです。連絡によると、第4シードの谷由美子選手(JOP103位)に志舞選手が62,60で勝ってしまったようです。オープン大会のメンバーは大体ここ数回は同じメンツですね。


 3月29日 現在神奈川県ジュニアテニス選手権が荏原SSCで行われています。ジュニアの実力を知りたい方は是非とも観戦に出かけてみて下さい。おそらく一般の神奈川選手権よりもはるかにハイレベルな試合をしていることでしょう。ジュニア選手とは若手トーナメントプレーヤーのことで、決して学校のクラブ活動の延長でやるレベルではありません。


 3月26日  ロイヤルSCの女子のドローが入手できましたので掲載しておきます  ここ 


 3月25日  3月26日〜4月1日
 春期ロイヤルSCオープン2001(男女賞金各100万円) ここ で追いかけてください
  


 3月18日 湘南オープン最終日 今回は女子選手の1次、2次、本戦と追いかけましたので結果を最後まで報告します。
       女子の2次、本戦結果は ここ


 3月8日
湘南オープンの1次予選が始まりました。今年の湘南オープンは女子に関してはレベルが高くなって、本戦(14日〜18日)のカットオフがJOP74位で2次(12日〜13日)が156位でそれ以下が1次予選(8日〜11日)です。
    女子の1次予選結果は ここ


2月11日〜 中村杯開催中(平塚市テニス協会のHPでご覧下さい)


 2月15日  (16日〜18日;有明コロシアム)
 明日からテニスの国別対抗戦(デビスカップ)が有明で始まります。対戦相手はタイ国ですが、エースのスリチャパンは世界レベルの選手ですから強敵です。10000人動員計画が日本テニス協会とは別に行われて、近年になく活気づいています。
リアルタイムでデ杯の結果が出るようですから、注目して下さい!!  ここから入れます
 つながらないとき日本テニス協会HPのトーナメント情報から入って下さい


 2月8日
 ルネッサンス千葉オープン(女子)の本戦が開始されました。雨で1日順延での開始です。結果は ここ  で追いかけて下さい
 第3シードの敗退とジュニアの田中姿帆選手と藤後里選手が残りました。


 2月5日
ルネッサンス千葉オープン大会の予選が本日から始まりました。結果は ここ 本戦は7日からです。
神奈川選手権優勝者の橘川さん準優勝者の長谷川さんも予選出場でしたが敗退です。
中村杯でも橘川さんは優勝していましたし、準優勝者の西川さんは今年の第1シードですが同じく敗退。成瀬さんは一昨年の平塚選手権優勝者です。これらの大会では早期?棄権していたジュニアの中村志舞選手が予選突破しました。ジュニア選手の進歩は速いものと感心します!


 2月1日  東レPPOでは小畑選手に刺激されたのか、浅越しのぶ選手がアマンダ・クッツァー選手に勝ってしまった。この選手が粘りの選手だけに勝った意味は大きいでしょう。雑な選手だと勝手に勝たせてくれることもあるのですが、実力が上がってきた証拠でしょう。また、杉山愛選手もテスチュ選手に勝ちました。今まで4連敗だったとは意外ですが、これは勝って喜んでもいられないと思います。次はヒンギスですから愛ちゃんにとってはここが勝負!


 1月31日 小畑沙織選手がクルニコワ選手にファイナルで・・・・ リンク先の東レサイトでご確認を


 1月30日 小畑沙織選手が昨年杉山愛選手を破った強豪のスレボトニク選手に勝ちました。今回の殊勲賞かな 日本選手のみ掲載


1月28日


 1月16日 最後の杉山愛選手も強豪モーレズモに負けてしまいました。ドロー運が悪いとはいえ昨年の快進撃が、、、、
 今後は世界の有力選手の動向でも掲載するかもしれませんが、全豪のサイトを直接みて下さい。ここ

  Women's Singles - 1st Round - Show Court 2 1 2 3    

   Ai SugiyamaJPN   3  3          
   vs. Match Statistics     
   Amelie MauresmoFRA(13)   6  6          



 1月15日
 全豪オープンが開幕しました。初日に日本期待の鈴木貴男選手が登場しましたが、残念ながら敗退です。
 

  Men's Singles - 1st Round - Court 6 1 2 3 4 5

   Juan Ignacio ChelaARG   6  6  60 77   
   vs. Match Statistics     
   Takao SuzukiJPN   3  1  77 64   

 浅越選手も残念ながら敗退で、残りは明日の杉山愛選手だけになりました。

  Women's Singles - 1st Round - Court 7 1 2 3    

   Shinobu AsagoeJPN   4  1          
   vs. Match Statistics     
   Cara BlackZIM   6  6          


 


 1月14日
千葉オープンWC大会
 決勝:間中ひろみ 8−7(4) 長谷川香織    13日は川口あゆみ選手がWC獲得


 1月12日
 全豪のドローが発表になりました。全豪の公式サイトからどうぞ。愛ちゃんは初戦がモーレズモでやまです。
 また、週刊誌ネタですが伊達公子選手が婚約です。「レーサーのMichael Krummさんと婚約いたしました。」と本人のHPで発表しています。


キャンベラでは杉山愛選手が浅越しのぶ選手に1Rで対戦し雪辱しました。吉田友佳選手も予選を勝ち上がったが1R敗退です。
みんな全豪に向けての準備をしています。アディタス国際はさながら全豪本番並のドローですね。


今年の鈴木貴男選手は期待しましょう。ただ今全豪オープン直前ですが、ホップマンカップでも貴男選手はベルギーのロクスや現在も豪州でスペインのマーチンなどATPランク60〜80位の選手に勝っています。この分では全豪でもドローさえよければ活躍してくれそうです。


 新横浜オープンJrシングルストーナメント(12/29)
       優勝 中村志舞(PITA) 準優勝 小笠原優(森下TA)


年末の大会はホップマンカップでオーストラリアで行われます。
日本選手は、鈴木貴男選手と杉山愛選手です。シングルスが2つとミックス1の国別対抗戦です。30日から始まりです。
結果:日本はベルギーに敗退。優勝はスイス(ヒンギス、フェデレー)、準優勝アメリカ(セレス、ギャンビル)
トップへ


 イザワクリスマスオープン開催中12/8−12/24(神戸ワールド記念ホール)
 竹村りょうこ選手が出場しています  
応援しましょう 詳細はここ

 結果、りょうこ選手はシングルスベスト8、ダブルスベスト4でした。優勝は男子本村、準優勝権、女子優勝は浅越、準優勝梅原です。


 全日本室内学生選手権開催中12/11− 詳細は甲南大学のHPで

 
男子シングル決勝
○李 興雨(近畿) vs 吉川 真司(亜細亜)
女子シングル決勝
○仲島 千晶(慶応)vs池田 季世(園田)
男子ダブルス決勝
○吉川 真司(亜細亜)・石浦 純一(亜細亜)vs角田 博之(同志社)・加藤 季温(近畿)
女子ダブルス決勝
○才木 理絵(松蔭)・西川 裕子(松蔭)vs
持田 志保(筑波)・武田 亜衣(筑波)


 第15回テニス日本リーグ12/8−12/10 第一ステージ終了 詳細は東京都テニス協会のHPよりリンクして下さい


 埼玉オープン 男子優勝石神 女子優勝田口景子


 デビスカップワールドグループ決勝  (場所:スペイン室内クレーコート)12/4−12/10
  スペイン3−1オーストラリア スペインの優勝です。若手対決でフェレロがヒューイットを破ったのが大きかったようです。


 12月4日 杉山愛選手の全米オープンダブルス優勝とダブルスランク1位の祝賀会が高輪プリンスホテルで行われました。
 大勢のテニス関係者が集まったようです。日本テニスの再興にカンフル剤になって欲しいものです。


 男子の最終戦は、クエルテンがアガシを破って優勝し、年末世界ランク1位を確定しました。南米人では初めての快挙!
サフィンは最後に大逆転されて1位降格。
トップへ


 男子最終戦(上位8名のみ参加)テニス・マスターズカップ(リスボン) 11/27〜12/3  無敗で優勝すると1億7千万円いただきです
 年末ランキング1位が決定します。有力なのはサフィンですが・・・
 参加者 サフィン、クエルテン、サンプラス、ノーマン、カフェルニコフ、ヒューイット、コレチャ、アガシ


 フェドカップ決勝 アメリカ 5−0 スペイン  セレス62,63マルチネス ダベンポート62,16,63サンチェス ダベンポート61,62マルチネス
                            カプリアティ61,10retサンチェス カプリアティ・レイモンド46,64,62セルナ・パスカル


 デ杯日程2001 アジアオセアニアグループ1 1回戦
 日本vsタイ    2001.2/16(金)〜18(日) 有明コロシアム


 ルネッサンス国際女子エスト甲府オープン(ITF女子サテライト 1万$) 11月26日決勝
 決勝 岡本聖子41,14,41,54(3)田口景子  ダブルス岡本・田口35,41,54(4)、41新井・飯島


 チェース選手権(WTAの最終戦で上位16名のみ参加)
準決勝進出者:ヒンギスvsクルニコワ、セレスvsデメンティエワ 決勝○ヒンギス67,64,64セレス


朝日レディース全国大会終了 (朝日生命久我山コート)11月18日
 神奈川県勢は6回目の優勝をしました。本当に神奈川県のテニスは総てにわたってレベルが高いです。
 


現在進行中の大会(身近な大会のみ)

 全日本選手権本戦
 (11月12日終了)
結果
男子シングルス優勝 本村剛一  男子ダブルス優勝 岩淵 聡・高田 充
女子シングルス優勝 井上青香    女子ダブルス優勝 井上青香・摩衣子
混合ダブルス優勝 金子・佐伯

 平塚テニス選手権(テニス協会のHP参照)
 後半のダブルスに突入しました。