教会基本方針  @ 私たちの教会は、主イエス・キリストに対する信仰を、聖書の証言と信仰告白とによって明らかにする。

A 私たちの教会は、御言葉によって常に改革される教会である。そして私たちは神中心の信仰を礼拝と生活のうちに顕す。

B 私たちの教会は、主イエス・キリストにより委託された宣教の業を特に説教と聖礼典の正しい執行を通して行う。

C 私たちの教会は、以上の目的のために、長老主義の伝統に立って、その教会形成の課題をになう。

D 私たちの教会は、東海連合長老会に在って全体教会に連なる。


[御言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい。とがめ、戒め、励ましなさい。忍耐強く、十分に教えるのです。(テモテへの手紙U 4:2)]


私たちの教会は、新会堂を1999年2月に完成して新たな歩みを始めています。
日曜の礼拝には多くの礼拝出席者がおり、赤ちゃんからお年よりまで多くの方々が集まり、神様を賛美し御言葉を聞き、交わりを持っています。

新会堂を与えられて、私たちは次のような幻を持っています。
どうかこの幻を共有されて、当教会に集まって下さればと願っています。


1.  心からの賛美と祈りに溢れた礼拝を守り、新礼拝堂を神を愛する人々でいっぱいにしたいと願っています。
  礼拝は私たち信仰者の出発点です。礼拝を生活の中心に置き、
集う人が心からの賛美と祈りを神に捧げる霊的礼拝を、神は求めておられます。
まずそのような信仰者として、礼拝を喜び、重んじる姿勢を私たちは貫いていきましょう。

 2. 私たちの多くの隣人に、キリストの福音を宣べ伝えたい。
  伝道は、教会の大切な使命です。伝道の目的は、隣人を礼拝に誘う事です。
数ヶ月に一度は礼拝案内やちらしやパンフレットを手分けして配布したり、
伝道礼拝や伝道音楽会を日曜の午後に行い、家庭集会を開催しています。
特に家庭集会は、良き伝道の場所です。聖書を学び、暖かい交わりの中に加わることが出来ます。

 3. 聖書の学び、信仰の訓練を通して、各々が真に成長します。
 

教会は聖書の学校です。そのために礼拝前には子供のための日曜学校を、
礼拝後には信徒成人学校のいくつかのプログラムがあります。
例えば聖書通読の指導、重要聖句の学び、信仰基礎講座などのプログラムがあります。
 

 4. 傷つき、悩み、苦しんでいる人々が、愛と励ましを見出す事が出来ます。
 

教会は助けを必要とする人々を、暖かく受け入れる所です。
それはキリストの御名のために人々の傷を癒し、神の愛を示す事になるからです。