活動分野

【保健、医療又は福祉の増進】

 

平塚市手をつなぐ育成会
 

 知的障がいを持った人が地域であたり前に生活できることを目指して活動しています

 
2017/06/20現在

代表者

 見留 千枝子

所在地(住所)

〒254−0045 

平塚市見附町25−17 コーポユニ

電話

 0463−33−5977

FAX

 0463−33−5977

他の連絡先

鳥丸 よし  0463−34−8465

設立年月

 1957年(昭和32年)4月

活動目的

 知的障がいを持つ人(児童を含む)が、あたり前に生活できる地域社会の実現を目的とする。

活動内容

これまでの活動としては
 1 教育の充実を目指して特別指導学級、養護学校の設置運動をしました。
 2 学校卒業後の福祉的就労の場、地域作業所を作りました。
そして今、さらなる充実を目指して、次のような活動に取り組んでいます。
 1 茶話会・研修・講習会の開催 2 防災対策
 3 本人活動「くすのき会」の支援 4 家族支援事業
 5 レクリエーション・交流活動 6 活動費確保のための販売活動
 7 相互相談活動 8 平塚市への要望

活動実績

市・社協・上部団体及び関係機関への会議・行事・研修会等参加、かわら版3回発行、要望書提出、プール売店運営、本人活動支援、手作り品制作、福祉ショップ出店、バス旅行、親睦会、拠点開放、相談、物品販売

主な活動場所

 拠点、福祉会館、くすのき会は中央公民館が中心です

定例会等

 役員会1〜2回、企画ごとの打ち合わせ随時(追加) くすのき会定例会は隔月第1日曜日

会員数 

 67人

主な会員層

 知的障がい児・者とその家族及び支援者

会員募集の
有無

 有り 趣旨に賛同し、共に活動したい人

会費

 400円/月

団体からの
メッセージ

 育成会は知的障がい者の親の会として1957に平塚でも発足した、全国組織の団体です。よりよい療育、生活を目指して活動を続けています。知的障がいは一見してわかりにくいために周囲の理解を得ることや早期の療育対応が大きな課題です。その人の本質に目を向け、耳を傾ける社会であればハンディキャップ(社会的障がい)は軽減されます。幼児、学童期の子育て、学校卒業後のことで悩んでいる方は1人で悩まず、育成会で推薦する平塚市障がい福祉相談員がいますのでご連絡ください。ご一緒に活動や勉強をしましょう。

電子メール

 

ホームページ

 http://www.h-tewotunagu.org


 

 【前ページへ  活動分野選択ページへ  ひらつか市民活動センタートップページへ】