活動分野

【保健、医療又は福祉の増進】
【人権の擁護又は平和の推進】   

 

平塚パトロール

 平塚市内の野宿(ホームレス)の方の支援・訪問活動を行う市民有志の団体です。

2016/06/27現在

代表者

 佐藤 貴子

所在地(住所)

〒254−0073 平塚市西八幡1−10−5−202 パピヨンアイ

電話

0463−21−7600

FAX

 

他の連絡先

 由良 哲生 045−662−5638

設立年

 2001年(平成13年)4月

活動目的

平塚市内の野宿者、いわゆるホームレスの方々に対する支援、訪問活動(パトロール)を自発的に行っている団体です。野宿者に対する差別、偏見を除去し、彼らが人格的尊厳を回復できることを目指しています。

活動内容

野宿の方をその寝場所へ訪ね、出会った野宿者に声をかけています。医療や生活の面で具体的な問題を抱えている方には必要な支援をします。
また、野宿者問題は社会全体の問題であるとの意識から、行政や公的機関などに必要な働きかけをしています。

活動実績

月2回、定例のパトロール(訪問活動)を実施しています。

第1木曜日 午後8:30〜 見附台公園入口付近に集合し、総合公園、平塚駅周辺等へ

第4日曜日 午後0:30〜 ひらつか湘南海岸公園プール駐車場入口付近に集合し、防砂林へ

このほか、平塚市との意見交換、生活困窮者の相談に対応するなど、必要な活動を随時行っています。

主な活動場所

 平塚市内全域

定例会等

 月2度の訪問活動(第1木曜日夜、第4日曜日昼)

会員数 

 10人

主な会員層

 老若男女、広範にわたる

会員募集の
有無

 有り 趣旨に賛同していただける方ならどなたでも結構です。

会費

 無し

団体からの
メッセージ

野宿者=怖い、近寄りがたいといイメージが世間では持たれがちです。

でも、話してみたら案外ふつうのおじさんだった、きっとそんな感想を抱かれると思います。そして、野宿者に対する社会の偏見がいかに薄っぺらで頑迷なものであるかに徐々に気づかされるのではないかと思います。

昨今ではユースボランティアの中高生も野宿の現場に一緒に足を運んでくれる機会もあり、若い方たちの目に映った野宿者の姿を通して、私たちも伝える側として気づかされることもあります。

詳しくはホームページをご覧ください。

電子メール

hiratsukapatrol@infoseek.jp

ホームページ

http://hiratsukapt.blog83.fc2.com/


 

 【前ページへ  活動分野選択ページへ  ひらつか市民活動センタートップページへ】