活動分野

【保健、医療又は福祉の増進】

 

 NPO市民健康ラボラトリー

 私たちは他力本願ではなく自分が知識を得て治す主体になることで回復をめざしています

 
2017/07/06現在

代表者

 小田 博子

所在地(住所)

 〒254−0811

平塚市八重咲町24−6−201

電話

 0463−57−2935

FAX

 

他の連絡先

 

設立年月

 2013年(平成25年)2月

活動目的

 私たちは線維筋痛症、化学物質、電磁波過敏症など、新しい病気の患者たちの団体です。近年、これらの新しい病気が増え、患者数は200万、100万いるとも言われていますが、今の医学教育ではこれらの病気の詳しい知識を教えず、回復が難しい現状にあります。患者同志が助け合い、海外の知識も吸収しながら、病気の回復をめざします。

活動内容

 海外の医学書の翻訳を入手し、会員同志で共有する。HP・ブログ等で回復に役立つ情報を発信し、会報を発行する。回復に役立つ知識を持つ専門家を呼んで講演会を行う。回復した患者の経験を皆で共有する。

活動実績

 HP・ブログ等の作成。会報の発行。会員からの相談に応じる。講演会やセルフケアの講習会の開催。資料、文献の収集と貸し出し。

主な活動場所

 平塚

定例会等

 不定期に理事会開催

会員数 

60人

主な会員層

 本人または家族が患者の方50人、それ以外の方10人

会員募集の
有無

 有り 線維筋痛症、化学物質、電磁波過敏症などの患者及び病気を予防したい方

会費

 2,000円/年  入会金1,000円  情報提供を受けない人は無料

団体からの
メッセージ

 難しい病気で治ることを諦めている人も多いですが、私たちは諦める必要はないと考えています。私たちは従来の方法だけでなくもっと広い視野を持ち回復を目指しています。慢性病の場合、患者さんを助けるのは患者さん自身しかありません。もし薬で治らなくても自分で知識を得てさまざまな方法の中から自分で回復の道を探っていくことで自分自身を助けられます。

電子メール

 yfd51039@nifty.com

ホームページ

 http://shiminkenkolabo.web.fc2.com/index.html


 

 【前ページへ  活動分野選択ページへ  ひらつか市民活動センタートップページへ】