活動分野

【社会教育の推進】

 

公益財団法人 野村生涯教育センター 神奈川支部

平塚地区

 教育ボランティア活動

 
2015/06/25現在

代表者

 原田 静枝

所在地(住所)

 〒254−0902
 
平塚市徳延359

電話

 0463−31−8661

FAX

 0463−31−8661

他の連絡先

 出縄 康子 0463−32−3191

設立年月

 1979年(昭和54年)4月

活動目的

 (公財)野村生涯教育センターは野村佳子が創設した民間の教育ボランティア活動の組織です。1960年代初頭高度経済成長期の日本が直面した青少年の不幸の問題を動機に教育の抜本的問い直しをはじめ東洋の自然観に基づいて「野村生涯教育論」を構築し、教育の目的を「人間性復活」として自己教育を主軸とした相互教育を通して社会ぐるみ国際社会ぐるみの活動を展開しています。

活動内容

・運営会議、担当者会議、教育相談

活動実績

・生涯教育懇談会(教育関係者、行政、議員、一般)

・教育相談(一般対象)

・読書会

主な活動場所

 ひらつか市民活動センター、かながわ県民センター他

定例会等

 月1〜2回

会員数 

 50人

主な会員層

 0才〜90才

会員募集の
有無

 有り あらゆる職種、階層、年齢、イデオロギーを問わず

会費

 月会費1,000円

団体からの
メッセージ

 本部は東京にありますが、全国各地に支部、連絡所を設け、0歳から90歳を超える方々を対象にそれぞれの年代に応じた学習や活動を行っている。
 
例として、幼児教育部では0歳から小学校入学前までの子供を対象とし、お母さんと子供が一緒に学ぶのが原則。親子、夫婦、嫁姑の問題、定年後の生き方などを通して、どう生きていったらよいか学習しています。

電子メール

 

ホームページ

 http://www.nomuracenter.or.jp/


 

 【前ページへ  活動分野選択ページへ  ひらつか市民活動センタートップページへ】