活動分野

【社会教育の推進】
【国際協力】

 

 一般財団法人 言語交流研究所 ヒッポファミリークラブ
 

 七カ国語を話す、日常があるLangageStationヒッポファミリークラブ

 
2017/06/28現在

代表者

 浅野 由紀子

所在地(住所)

 〒254−0821
 
平塚市黒部丘27−12

電話

 0463−32−1342

FAX

 0463−32−1342

他の連絡先

 内橋 則子  0463−22−5161

設立年月

 1996年11月

活動目的

 いろいろな国の言葉が自然に話せるようになる環境を私たち自身で創りながら多言語を学ぶことを日常の活動としていますが、多言語は決して特別な人だけに出来るものではなく、誰でもいくつもの言葉ができることを多くの人に知っていただき、言葉と人間を研究テーマに多言語の自然習得及び多国間交流の実践を通して、言語と人間の科学的探究を進め、国際間の理解と人類の共生に寄与することを目的とする。

活動内容

 ・多言語自然習得
 
・留学生、研修生等のホームスティ受入れボランティア
 
・小学生等における、国際交流
毎年、教育委員会の後援をいただく講演会、又、国際交流の際には小学校にもおじゃまし、子供達とのふれあいの場を設けたり、国府小では通訳ボランティアを行ないました。

活動実績

 2016年度活動実績

・平塚市教育委員会後援による講演会(7月、1月、2月、3月)

・海外青少年のホームステイ受け入れ(9月、12月、1月、3月)

・神奈川大学留学生ホームステイ受け入れ(5月)

・横浜国立大学留学生ホームステイ受け入れ(6月)

・青少年交流報告会

・赤ちゃん連れのママたちとの子育ておしゃべり会

・なでしこ小学校・大磯小学校にて国際理解授業

主な活動場所

金曜:ひらつか市民活動センター・平塚総合体育館

土曜:ひらつか市民活動センター・市民センター

定例会等

毎週金曜18:30〜20:30 土曜15:00〜17:00

会員数 

 55人

主な会員層

 赤ちゃんからシニア世代まで主に主婦が多い

会員募集の
有無

 有り 会員の要件はなし、どなたでも

会費

 一人7,000円/月 家族の場合、1家族1万円+人数×1,000円/月

団体からの
メッセージ

 ヒッポファミミリークラブは、国や文化・習慣の違いを超えて、どんなことばを話す人ともコミュニケーションできるようになりたいと家族や多世代の仲間たちと一緒に多言語でゲームをしたり、ことばのマネを楽しんでいます。

電子メール

 bianca.pocopoco3@gmail.com

ホームページ

 http://www.lexhippo.gr.jp


 

 【前ページへ  活動分野選択ページへ  ひらつか市民活動センタートップページへ】