活動分野

【社会教育の推進】
【まちづくりの推進】

 

ひらつか文化財ガイドボランティア協会

市内の文化資源を一緒に学びながら新しいガイドコース作りとガイド活動を実施

 
2017/06/16現在

代表者

薬丸 薫

所在地(住所)

〒254−0087
平塚市豊田本郷1690−6 

電話

 0463−31−8106

FAX

 0463−31−8106

他の連絡先

 高根 真弓 0463−21−1284

設立年月

 平成16年(2004年)10月

活動目的

生涯教育の一環として、平塚市の歴史や文化財の学習を重ね、市民・学生を対象にガイド活動を通して文化遺産の保護と活用をはかり、さらに新たな文化資源を掘り起こし、文化面で特徴あるまちづくりに貢献する。

活動内容

平塚市内全域の主な文化資源を結ぶ協会独自のガイドニュースを開設(29年度現在・全26コース)。年間のガイド計画に基づいて幅広い層の多くの市民の参加を求め、コースに含まれる文化資源を解説しながらガイドする。

活動実績

ガイドに必要な情報や知識を学ぶ研修会の開催、ガイドコースの現地調査、ガイドの実地練習等。ガイド活動が市民の中に定着してきている。

主な活動場所

 市内全域の文化資源所在地、博物館、市民活動センター

定例会等

 三役会、役員会、研修会、企画委員会、各地区班会議(いずれも随時)

会員数 

15人

主な会員層

 60〜70歳代が中心。男女は3:1、会社員、主婦、教員、その他。

会員募集の
有無

 有り 目的に賛同される方で、入会金、年会費を納入した者

会費

 有り 2,000円/年 入会金1,000円

団体からの
メッセージ

市内の主な文化資源(ガイドポイント)を結ぶガイドルートを設定、将来的には全市をカバーするガイドルート網を完成、それに基づくガイド活動の展開を目指す。
実現のためには関係団体との提携、会員の増加が不可欠。

電子メール

kaoru890@mg.scn-net.ne.jp

ホームページ

 


 

 【前ページへ  活動分野選択ページへ  ひらつか市民活動センタートップページへ】