活動分野

【社会教育の推進】
【経済活動の活性化】

 

 サロン de WINE

 緊張感のあとの解放感!!ビールの他にいつもそこには、ワイン(WINE)が!?

 
2017/06/09現在

代表者

 海老澤 栄一

所在地(住所)

 〒259−1216
 
平塚市入野284−1 株式会社タシロ

電話

 0463−31−7118

FAX

 0463−35−0170

他の連絡先

 田城 裕司  0463−31−7118

設立年月

 1989年(平成1年)4月

活動目的

 自己変革や革新の意識的、継続的活動をとおして、地域経営とかかわりのある多様な利害関係者が何らかの貢献ができるような場づくりを支援、推進することを目的とする。自己改革・革新学習は、月1回の読書会及び年2回の合宿で育まれる。その学習成果は、年1回計画、実施しているシンポジウムで結実する。受信・発信ともに全員参画型を指向しており、変質した自己学習が組織・社会学習を増分的に実現する。産公学からなる協働の学習課程が社会貢献を可能にする。

活動内容

 “学ぶこと”中心の受信型と“学んだ成果の公開”を意図した発信型からなる。受信型では学習中心。年間2冊平均の経営学関連専門文献を輪読。レジュメは参加者全員が準備し、発表および司会は交代で担当。また合宿では、大学生による特別講義と討論、総括がメニュー。一方“発信型”は年1回の市民向けシンポジウム。小・中・高・大・院生共同論文優秀グループ発表会、統一論題の下での基調・特別講演会、勉強会の仲間を含むパネルディスカッションの三部構成。一種の学会研究発表大会方式を採用。発信しながら受信する二重機能をもつ。

活動実績

 @定例の勉強会:平塚の公共施設を利用して、月に1回、平日18:30〜21:00の時間帯で実施。会場費は参加者から集めた会費を充当。参加者は平均15名前後。

Aシンポジウム:年に1回、土曜日終日実施。参加者は80〜100名前後。

B共同懸賞論文優秀グループ発表会:シンポジウムと連動させて実施。平塚を中心に湘南地域対象に公募。今年は大学・大学院生対象に公募し、院生グループを表彰。

主な活動場所

 平塚商工会議所内会議室、JA平塚共済ビル内会議室、その他

定例会等

 毎月第二火曜日、シンポジウムは11月の土曜日(先方の都合で、流動的)

会員数 

 25人

主な会員層

 大学教授・准教授、地元中堅企業経営者・管理者、公共団体職員、院生・学部生

会員募集の
有無

 有り 自分“磨き”と同時に、所属組織や地域への貢献を厭わないヒト

会費

 10,000円/年

団体からの
メッセージ

 仲間の文章力や発言力をとおして、自分を見直す機会が得られます。また年に1回、随筆集を発行し、進化する自分を客観視することができます。周囲と連動することによって自分を観察するための“鏡”が自然にできあがります。企業人のみならず、大学の教授や学生も参加しています。勉強会の後の“飲み会”も毎回あります。さらに横浜の読書会の仲間とも交流があります。メニュー盛り沢山です。

電子メール

 kk-t@tasiro.co.jp

ホームページ

 


 

 【前ページへ  活動分野選択ページへ  ひらつか市民活動センタートップページへ】