活動分野

【まちづくりの推進】

【災害救援】

 

 暮らしと耐震協議会(NPO法人)
 

 協議会の取組がNHK「クローズアップ現代」で放送されました。

 
2013/08/06現在

代表者

 木谷 正道

所在地(住所)

 〒254−0815
 
平塚市桃浜町11−33−207

電話

 090−9856−5146

FAX

 0463−92−4331

他の連絡先

 大石 明広 0463−35−7512

設立年月

 2005年2月

活動目的

 迫りくる地震から命と家と地域を守るため耐震補強工事を進める活動を目的とする。
 
広範な市民を対象に耐震診断士、建築士、工務店、研究者、防災関係者、市民活動団体などが協力して防災・耐震補強と家具の固定を推進するとともに、障害者、高齢者、子ども、環境保全、まちづくりなどさまざまな分野の取組みと連携し、支援して地域力を高めることにより、切迫する大地震をはじめとする脅威から市民の生命と暮らしを守り、豊かに育むことを目的とする。

活動内容

 地震被害軽減の切札である家具固定と住宅の耐震補強を進めている。

 家具固定については、災害から未来を守る会と連携し、自治会やマンション管理組合の協力のもとに実施している。今年は横浜国大・細田暁研究室と連携し、モデル事業を展開したい。耐震補強は、耐震診断、補強計画、補強工事、評価点検まで、一貫した対応を行っている。

 昭和56年5月31日以前に着工された住宅は耐震性がない可能性があるので、耐震診断を受けることをお勧めします(平塚市の助成により、5千円の負担で可能)。

 このほか、福祉(小碁盤事業)、文化(音楽や囲碁)、全国のまちづくり活動支援、被災地支援事業などを行っている

活動実績

2005年2月に任意団体を設立、2007年5月に法人化し、家具固定と耐震補強に全力を挙げてきた。全国で最も信頼を受ける防災・耐震NPOの一つである。

 第一回日本耐震グランプリ・内閣総理大臣賞受賞(2007年11月)

 神奈川県ボランタリー活動奨励賞受賞(2008年3月)

 理事長の木谷正道は、首都防災ウィーク実行委員会事務局長、NPO法人東京いのちのポータルサイト副理事長、日本棋院墨田支部長、心の唄バンドリーダーなどを務め、NPOや市民活動ネットワークの結び目になっている

主な活動場所

 平塚市、市外関東

定例会等

 月例会議 第4月曜日 18:30〜20:00

会員数 

 25人

主な会員層

 建築士、耐震診断士、大学教授、一般市民

会員募集の
有無

 有り 信頼のできる工事を行う工務店の人、市民

会費

 正会員(個人12,000円、団体60,000円) 賛助会員(個人1,200円 団体12,000円)

団体からの
メッセージ

 平塚市の耐震補強の必要な木造住宅は20,000棟あり
 
出来るだけ早く補強工事を進めてください!

電子メール

 staff@hira-taishin.jp

ホームページ

 http://www.hira-taishin.jp


 

 【前ページへ  活動分野選択ページへ  ひらつか市民活動センタートップページへ】