活動分野

【環境の保全】
【まちづくりの推進】

 

 NPO法人 かながわ天ぷら油回収センター
 

 

 
2016/07/05現在

代表者

 市川 憲治

所在地(住所)

 〒254−0001
 
平塚市大島411

電話

 0463−54−0048

FAX

 0463−54−0071

他の連絡先

 《非公開》

設立年月

 2006年(平成18年)1月

活動目的

 使用済み天ぷら油の再利用を通じて「地域の環境改善」、「住民の環境意識の向上」、「コミュニティ再認識」に寄与することを目的とする。

活動内容

 市内の酒類及び食品卸、市川商事(株)が食用油の納入先から使用済み食用油の処理について相談を受けたことが活動のきっかけです。
06年2月、顧客からの油回収を始め、同11月NPO設立、現在は市川商事の顧客以外からも積極的に油の回収を行っています。
100Lの食用油からバイオディーゼル(BDF)と呼ばれる軽油代替燃料約90Lを精製し、市川商事の配送車燃料として再利用しています。
07年現在、BDFが様々なディーゼルトラックに与える影響を確認するための実証試験中です。

活動実績

CO2削減効果に見る取り組み実績(平成18年2月〜平成28年6月)

(1)BDF使用量:123,000L → CO2削減効果 324t-CO2

(2)回収、精製による CO2排出量  CO2排出効果 59t-CO2

主な活動場所

 油回収:藤沢市〜箱根・湯河原まで17市町村にある飲食店等
 
バイオディーゼル精製は 平塚市大島411 市川商事(株)敷地内

定例会等

 特に定めていません。

会員数 

 12人

主な会員層

 市内在住で、定年退職後のライフワークとして参加されています。

会員募集の
有無

 無し

会費

 無し

団体からの
メッセージ

 「天ぷら油で車が動く。。。」新聞やニュースで話題に上がることが増えたバイオディーゼル。品質が安定しない、そのために自動車メーカーの保証が受けられないという課題もありますが、多くの方が興味を持ち続けてくれることで、課題はやがて解決されると思います。市内で精製から再利用まで行っています。応援いただける方、ご興味おありの方、お気軽にご連絡ください。

電子メール

 kabutino@hotmail.com

ホームページ

 


 

 【前ページへ  活動分野選択ページへ  ひらつか市民活動センタートップページへ】