活動分野

【人権の擁護又は平和の推進】
【男女共同参画社会の形成の促進】

 

 女性史に学ぶ会

 女性史を通して、個を大切に自分らしく生きることを男女一緒に学び、交流しましょう。

 
2016/07/04現在

代表者

 星賀 典子

所在地(住所)

 《非公開》

電話

 0463−71−6471

FAX

 0463−71−6471

他の連絡先

 藤元 美智子  0463−34−3507

設立年月

 2016年(平成28年)2月

活動目的

 市民が安全・安心に、個を大切に自分らしく生きることのできる社会の実現に向け、自己尊重意識や基本的人権・男女平等・平和意識を持ち、深め強めることにより、自らや社会が持つ不当な制約や差別に気づき、それらを無くしていくための根源の力を培うこと。

活動内容

女が人として生きられなかった時代から現在までの、基本的人権獲得や自己実現のために奮闘した人物や人柄について学ぶ講演会・学習会を開く。男女が共に学び、意見交換する中で、お互いを理解し、また、自分自身や身近な人を見つめ直す機会としていく。自分たちの住む神奈川県や近隣市、平塚市の女性史を取り上げ、身近な地域に関心を向け、見直していく力を養う。

活動実績

2016年5月21日、第1回講演会「今伝えたい、非戦の思いを」開催。講師は江刺昭子氏(ノンフィクション作家。神奈川の女性史編さんや県内の女性史研究グループの指導育成に尽力。2010年第59回神奈川文化賞受賞)。明治以降、太平洋戦争前までの、戦争と女たちの関わりを学び、平和についてあらためて考えました。

主な活動場所

 ひらつか市民活動センター

定例会等

第3金曜日午後6時半から

会員数 

 5人

主な会員層

 特になし

会員募集の
有無

 有り 会の目的に賛同していただける方

会費

 1,200円/年

団体からの
メッセージ

男女問わず、日々の暮らしの中でふと居心地悪さや息苦しさを感じることがあると思います。もしかしたらそれは、自分でも気づかぬうちにかけていた縛りや、社会の因習、制約などからくるものかもしれません。人として自分らしく生きるために奮闘した女たちをたどりながら、ご自身を振り返り、見つめ直す機会にしていただけたらと願っています。

電子メール

 nonnorike@yellow.plala.or.jp

ホームページ

 


 

 【前ページへ  活動分野選択ページへ  ひらつか市民活動センタートップページへ】