活動分野

【男女共同参画社会の形成の促進】

 

 「成花式」を育む会
 

 「成花式」は高年期(65歳以上)の成人式型式典です。

 
2013/07/08現在

代表者

 会長 伊藤 孔三

所在地(住所)

 〒254−0065
 
平塚市南原1−6−20

電話

 0463−34−3820

FAX

 0463−34−3820

他の連絡先

 《非公開》

設立年月

 2007年(平成19年)7月

活動目的

  近年、著しく伸びた寿命を限りなく健康で過ごすには、新しい人生観による自立的な対応策が望まれる。提案の「成花式」は、65歳の高年期初頭に立つ市民の長年にわたる勤労に感謝し、また貴重な自由に夢を馳せみずから生き抜こうとする第二の人生を心から支援し、その壮途が成人の開花期にふさわしく実り多いことを願うものであり、これが市民による市民のための祈念式典制度へ発展することを最終目的とする。

活動内容

  平塚市政モニターの自主研究会で得た【「健康寿命のすすめ」と「成花式」について】の成果を、特に中年期から高年期の市民を対象に紹介し、健康寿命の増進に寄与する。
 既に、公民館活動や老人クラブ連合会、社会福祉協議会、ひらつか市民活動センター登録団体、新設福祉村の活動等で同様の行事が一部行われているが、それだけに全市民型の一元的式典の実現は、互助共栄の和を広く醸成する市民文化として期待される。
 この理念を「成花式を育む会」は、ひらつか市民活動センターにおける講演会を始めとし、関係団体等から協賛をえるため推進活動を行う。

活動実績

 1、平成18年3月17日【「健康寿命のすすめ」と「成花式」の提案について】をもって委嘱者である平塚市長へ文書で報告を行なう。
2、平成18年3月24日第15次市政モニター自主研究の成果「健康寿命のすすめ」の講演会で「成花式」についても発表(於:美術館ミュージアムホール)した。
3、以後も「成花式」の啓発活動を自主研究会会員が日常的に行って来た。

主な活動場所

 平塚市内

定例会等

 特に定めていない。

会員数 

 5人

主な会員層

 第15次市政モニター自主研究会会員

会員募集の
有無

 有り 「成花式を育む会」会則に賛同する市民

会費

 無し

団体からの
メッセージ

  「老後を地域社会でみんなと仲良く暮らすための互助精神の高揚祈念」が「成花式」です。
 「成花式」を育む会の使命は、高年期市民のつつがなき前途を祈り既に寄せられてい る無数のメッセージの最善利活用が第一目標である。
 第二目標は全国自治体初の「成花式」の挙行である。
 共に発展しましょう。

電子メール

 k-s2home@kc5.so-net.ne.jp

ホームページ

 


 

 【前ページへ  活動分野選択ページへ  ひらつか市民活動センタートップページへ】