活動分野

【子どもの健全育成】

 

 NPO法人 そだちサポートセンター
 

 不登校状態にある子どもたちの学校生活再開を目ざす支援活動

 
2017/06/09現在

代表者

 所長 山下 みち子

所在地(住所)

 〒254−0044
 
平塚市錦町5−17

電話

 0463−25−6662

FAX

 0463−25−6662

他の連絡先

 山下 みち子 0463−25−6662

設立年月

 1998年(平成10年)4月

活動目的

 不登校児童、生徒および引きこもり状態にある子どもに対する相談活動・回復支援活動等を行い、子どもの健全育成に寄与することを目的としています。

活動内容

不登校状態にある子どもたちの学校生活再開への支援活動

不登校状態を継続したまま学齢期を過ぎてしまった青少年への支援活動

(具体的活動内容)

1.相談活動(通常相談、不登校勉強会)

2.通常活動(カウンセリング、学習支援、集団適応支援、講座活動等)

3.広報出版活動 活動報告“そだちレポート”の発行 

4.研修、講演会活動

5.家庭訪問活動

活動実績

・上記活動の1、2を中心に通年活動(月〜金 10時〜17時)

・生徒指導推進事業(文部科学省)研究実施団体(H24,25年)

・青少年相談補助事業(県立青少年センター)(H26,27,28,29年)

主な活動場所

 所在地

定例会等

 定款による会議の他イベント等への参加

会員数 

 80人

主な会員層

 会員の要件は特になし

会員募集の
有無

 有り 私たちの会の趣旨に賛同いただける方ならどなたでも

会費

会員の年会費5,000〜10,000円 (賛助会員 正会員)

団体からの
メッセージ

 わたしたちの活動は一貫して『学校生活の再開をめざす』です。かけがえのない小・中学校・高校時代を簡単に放棄してほしくないから。楽しくて有意義な時間として過ごしてほしいから。だから、不登校の子が少しでも早く本来の元気と自信を取り戻して、学校生活を再開してくれるように、一生懸命に応援します。具体的には、カウンセリングを軸に学習支援や集団適応活動を進めていきます。

 平成29年4月1日で”そだちサポートセンター”は満19歳になりました。この間、多くの子どもたちが学校や社会へと巣立って行きました。

電子メール

 sodachi@green.ocn.ne.jp

ホームページ

 http://www.geocities.jp/sodachi_ssc


 

 【前ページへ  活動分野選択ページへ  ひらつか市民活動センタートップページへ】