活動分野

【子どもの健全育成】
【職業能力の開発又は雇用機会の拡充の支援】

 

 NPO法人 ぜんしん

 元当事者という視点で不登校・ひきこもり改善支援を行っています

 
2017/07/04現在

代表者

 柳川 涼司

所在地(住所)

 〒254−0026

平塚市中堂2−22

電話

 0463−23−1177

FAX

 

他の連絡先

 

設立年月

2011年(平成23年)10月

活動目的

 不登校・ひきこもりに陥っている人とその親御様を支援する施設は、相模川から西側の地区にかけて不足しています。また、支援施設を独自に調査した結果、元当事者が相談に応じてくれる施設はありませんか?という保護者の意見が数多くありました。そこで、元不登校・ひきこもり経験者である当会代表が、当事者を支援する為の居場所を平塚市に設ける必要があると考え、団体を設立しました。

活動内容

・不登校、高校中退、ひきこもりを経験した後、大学進学・卒業、商社勤務を果たすなどしたユニークな経験を持つ、当会代表らが相談担当となり当事者が集う為の「居場所」を設けます

・就労支援相談会、パソコン講座の開催と訪問支援も行っています

・ゲームで日本一になり、ゲーム・パソコン依存を克服した相談担当者が、独自の「ゲーム上達的思考法」と「社会復帰ステップアップ・プログラム」を活用して、お子様の自立(復学・進学・就労)を支援しています

・元当事者親子だけが知り得る経験を活かし、親御様の相談も受けております

活動実績

・月に1回、「居場所」(平成27年:127名、平成28年:151名参加)

・月に1回、「就労支援相談会とパソコン講座」(平成27年:156名、平成28年:162名が参加)

・随時受付の「訪問支援(個別相談)」(平成27年:236件、平成28年:191件)

・内閣府「社会起業プランコンテスト」で最優秀賞を得た活動(平成23年末)

・サポステ・パソコン講座講師(厚労省・神奈川県委託事業)、産業カウンセラー他が在籍

主な活動場所

 ひらつか市民活動センターほか

定例会等

 就労相談&PC講座:第2金曜10:00〜、居場所:第4土曜 13:00

会員数 

 46人

主な会員層

 元当事者、福祉経験者、当事者支援に理解のある方々ほか

会員募集の
有無

 有り 不登校・ひきこもりの子を持つご家族やご支援頂ける方

会費

正会員5,000円/年(初年度のみ入会金5,000円を頂きます)賛助会員1,000円〜/年(その他 「居場所」では、お茶菓子代の500円を頂きます)

団体からの
メッセージ

 ゲームやパソコンなどに熱中し過ぎて、不登校・ひきこもりに陥っているお子様をお持ちの親御様が多いと感じております。こり性のお子様の支援先を目指していますが、そうでない方の支援もさせて頂いております。

問題解決へと導くきっかけづくりをサポートさせて頂ければ幸いです。

25年度から就労支援の相談会とプチパソコン講座、ご家庭等への訪問支援を始めましたので、ご利用ください

電子メール

 ryoz@lifestyle-cps.sakura.ne.jp

ホームページ

 http://ameblo.jp/zenshin-maekatsu


 

 【前ページへ  活動分野選択ページへ  ひらつか市民活動センタートップページへ】