小児歯科

お子さんのお口の中は、無歯期(歯が生える前の時期)から始まり、乳歯列期~混合歯列期(乳歯と永久歯の両方がある時期)~永久歯列期と大きな変化を伴うため、その時々のタイミングにおける適切な治療方法は異なります。また、お口の中には歯(硬組織:硬い部分)の他に、歯肉や小帯(上唇小帯、舌小帯)といった軟組織(柔らかい部分)があり、虫歯や歯肉炎などの疾患以外にも、上唇小帯の付着の問題で、前歯が閉じない場合(正中離開といいます)や、舌小帯の付着の問題で、発音に影響が出る場合などがあり、適切な時期に処置をすることで、改善されることもあります。 

例えば、虫歯によって乳歯を失った場合、そのままにしておくと、そのあとに生えてくる永久歯が生えるスペースがなくなり、歯が重なったりうまく生えてこないこともあります。そうなる前に、スペースを保存するために保隙装置という装置を使用して、スペースを保つことができます。(保隙処置といいます) また、虫歯を放置して歯の根の先に膿がたまってしまった場合は、根の治療も必要となります。乳歯の場合、生え換わるから様子をみようと思われがちですが、乳歯の下には大切な永久歯(大人の歯)があります。乳歯の根の先に膿をためてしまうと、大人の歯に影響がでる場合があります。 

小児歯科の担う役割としては、乳歯列から将来『理想的な永久歯列』になることができるように、サポートしていくことと考えております。そのためには、歯が生えたときから虫歯予防をスタートし、歯磨きの状態や間食の摂り方、日常生活でのお口の中や周囲での癖なども考慮したカウンセリングや指導も必要です。

どんなに小さなことでも気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

        日本小児歯科学会認定 小児歯科専門医 簑島 直美

保護者のかたへ

いままでに歯科にかかったことのないお子さんもいらっしゃると思います。初めて行く場所は不安なことも多いと思いますが、お子さんおひとりおひとりに合った、方法で、お口の様子を診せていただき、その後の歯科治療や、検診へつながるようアプローチしていきます。治療が必要と判断されたとき、患者さんの年齢や状態を考慮して治療への導入前に、トレーニングを行っていくこともあります。(*トレーニング:お口の中を診せてもらう練習、歯磨きの練習など、年齢などに応じて対応していきます。)

大きな問題が出てからの受診では、治療が困難になったり、患者さまのご負担が増えたりする可能性がありますので、早期発見・早期処置を目指していくことが大変重要であると思われます。

お一人お一人に合った治療計画をご提案してまいります。

どうぞよろしくお願い致します。

 

【 小児歯科専門医 】

専門医の資格は、5年以上小児歯科学会に所属し、学会が認めた大学の附属病院などの医療機関において、5年以上にわたり相当の臨床経験を有し、小児歯科臨床に関する報告を発表し、試験に合格した者に与えられます。試験では、筆記試験と小児歯科に関する症例の提示と諮問診査が厳正に行われます。資格取得後も、専門医としての高い臨床レベルを維持するために、更新は5年ごとに行われ、学術大会への出席や発表、および学術誌における報告を行うことが義務となっています。