タフトブラシ

今回はタフトブラシという部分磨き用の歯ブラシのお話です。

一般的な歯ブラシでは、うまく磨けない部分(例えば、奥歯の噛む面の溝や重なっている歯、親知らずなどで歯ブラシの届きにくい場所など)にピンポイントにブラシの先を当て、汚れを取っていきます。お子さんの場合では、生え始めたばかりの6歳臼歯(乳歯のE:第2乳臼歯のさらに後ろに生えてくる永久歯)や12歳臼歯などの清掃にも適しています。

具体的な清掃方法については、実際にお口の中を確認しながらお話していきます。

何かわからないことがございましたら、お気軽にご質問ください。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

                           簑島歯科医院

 

2018年01月31日