会社設立、横浜、神奈川、東京、【設立費用】

株式会社を横浜、神奈川、東京で設立しようとお考えの方

大川行政書士事務所 〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2-10-13横浜東口ビル1002 電話 : 045-450-1268
T O P 業務案内 事務所紹介 アクセス プロフィール 報酬額一覧表 リンク集 サイトマップ

株式会社設立 1.株式会社設立のために必要となる費用
2.株式会社設立の前にお決め頂くことの一覧表
3.株式会社設立までの流れ
4.定款作成日までにご用意して頂くもの
5.株式会社設立登記申請日までにご用意して頂くもの
6.株式会社設立後にしなければならない手続

株式会社設立のために必要となる費用



公証役場での定款認証手数料 50,000円
定款の謄本代(2通) 1,980円
登録免許税    (資本金の額が2,143万円までは)
150,000円
当事務所手数料(発起設立) 43,020円
合   計 245,000円

但し、当事務所が指定する税理士と顧問契約を2年以上交わされる方は、上記手数料は無料です。


 登録免許税は資本金の額の1,000分の7が原則です。しかし、その計算の結果150,000円未満となる場合には150,000円となります。
 上記のほかに、法務局に登録する代表者印を作って頂く必要があります。当事務所では、代表者印等の作成申込代行も行っております。次に示すのは、当事務所が申し込み代行した場合の価格の例です。注文してから届くまで数日を要します。下記の他に、価格は3割ほど高くなりますが、午前11時までに申し込めば、翌日中には完成品が当事務所へ届く印鑑のサービスもあります。必要に応じてご注文下さい。

代表者印のみ (18mm:国産本柘)金4,800円
代表者印(18mm:国産本柘) セット
会社角印(24mm:国産本柘)
金9,000円 
代表者印(18mm:国産本柘) セット
銀行印(16.5mm:国産本柘)
金9,000円 
代表者印(18mm:国産本柘) セット
銀行印(16.5mm:国産本柘)
会社角印(24mm:国産本柘)
金13,000円 

※ ただし、お近くの印鑑屋さん等の方が安い場合がありますので、設立をお急ぎでない方は慎重にお考え下さい。



離婚相談、男女間トラブル、不倫、慰謝料、養育費、離婚協議書、家庭内暴力、ストーカー、示談書、内容証明、公正証書、遺言書、相続、契約書、株式会社設立、中国系占星術の専門家-〔横浜駅徒歩4分〕大川行政書士事務所営業時間:午前10時~午後8時/土日祝日・早朝・深夜応相談 電話でのお問い合わせは無料

営業時間(通常) : 平日午前10時~午後8時
(ただし、土日休日・早朝・深夜でもご相談に応じます。)


ご来所いただければ、その場で結論が出る場合も多いのですが、お客様のご要望に応じて
神奈川県内、東京都内をはじめ全国どこへでも出張いたします。

業務対象地域
神奈川県 横浜市(青葉区、旭区、泉区、磯子区、神奈川区、金沢区、港南区、港北区、栄区、瀬谷区、都筑区、鶴見区、戸塚区、中区、西区、保土ヶ谷区、緑区、南区)、川崎市(麻生区、川崎区、幸区、高津区、多摩区、中原区、宮前区)、愛川町、厚木市、綾瀬市、伊勢原市、海老名市、大井町、大磯町、小田原市、開成町、鎌倉市、清川村、相模原市、座間市、寒川町、逗子市、茅ヶ崎市、中井町、二宮町、秦野市、箱根町、葉山町、平塚市、藤沢市、藤野町、松田町、真鶴町、三浦市、南足柄市、山北町、大和市、湯河原町、横須賀市
東京都 昭島市、あきる野市、足立区、荒川区、板橋区、稲城市、江戸川区、青梅市、大田区、葛飾区、北区、清瀬市、国立市、江東区、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、立川市、多摩市、中央区、調布市、千代田区、豊島区、中野区、西東京市、練馬区、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、文京区、町田市、三鷹市、港区、武蔵野市、武蔵村山市、目黒区、西多摩郡、奥多摩町、日の出町、檜原村、瑞穂町
その他全国どこへでも
横浜・川崎等神奈川での会社設立ー大川行政書士事務所