【婚姻費用の分担】-大川行政書士事務所〔横浜駅徒歩4分〕

- 婚姻費用分担・協議離婚の相談、財産分与・慰謝料・養育費のご相談 -

大川行政書士事務所 〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2-10-13横浜東口ビル1002 電話 : 045-450-1268
T O P 業務案内 事務所紹介 アクセス プロフィール 報酬額一覧表 リンク集 サイトマップ



婚姻費用の分担



 法律上の婚姻関係が続いている限り、夫婦は、互いに協力し扶助しなければなりません(民法752条)。また、互いの生活費や子の養育・生活費等の婚姻から生ずる費用については、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、互いに分担しなければならないことになっています(民法760条)。仮に、夫婦の一方が勝手に家を出て行き、生活費を家に入れないようなことがあった場合でも、夫婦である限りこの婚姻費用の分担義務は常に負っているため、生活費を入れない配偶者に対して婚姻費用分担の請求を行うことができます。
 ただし、別居に至った主な原因が婚姻費用を請求する側にある場合、現に監護している未成熟子の養育費相当分を除き、請求された側の分担義務は減免されるというのが過去の多くの判例です。
 この婚姻費用について、相手方が素直に支払ってくれれば良いのですが、支払に応じないような場合には、家庭裁判所を通じて調停を申し立て、調停でも話し合いがまとまらなかった場合には審判の申立をして、審判を得ることになります。

 離婚した場合、子の親権監護権者には母親がなることが多いのですが、離婚してしまうと、元配偶者に対する扶養義務はなくなり、子に対する養育費の支払義務があるだけになってしまうため、通常は離婚しない方が経済的には有利であることが多いです。したがって、離婚するかどうかについては、経済的な面をも十分に考慮した上で決断なさった方が良いと思われます。

 ちなみに、現在では、東京と大阪の裁判所の裁判官を中心として組織された東京・大阪養育費等研究会がまとめた標準算定方式に基づいて婚姻費用分担額が算定されることが多く、調停などにおいても、この算定式やそれを元にした簡易な算定表をもとに調停を進める例が多いようです。以下に算定方法と計算例をまとめてみましたので、参考になさって下さい。

 ただし、この算定方法は、あくまでも家庭裁判所で調停や審判を行った場合の基準になるというだけであって、必ずしもこの方式で出て来た金額にしなければならないというわけではありません。その点は、くれぐれもお間違いのないようになさって下さい。


婚姻費用の算定方法
義務者の年収
(X)
給与所得者=税込年収×0.34~0.42
自営業者=年間課税所得×0.47~0.52
権利者の年収
(Y)
同       上
子の生活定数
(C)
(55×n + 90×m)/人
n : 15歳未満の子の数
m : 15歳以上の子の数
親の生活定数 100/人
親子の生活費
(S)
(X+Y)×(100+C)/(100+100+C)
義務者の婚姻費用分額(月額) (S-Y±A)/12
A:特別に考慮すべき金額



婚姻費用計算例

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.


婚姻費用分担額一覧表・子なし

婚姻費用分担額一覧表・子1人(15歳未満)

婚姻費用分担額一覧表・子1人(15歳以上)

婚姻費用分担額一覧表・子2人(2人とも15歳未満)

婚姻費用分担額一覧表・子2人(1人は15歳未満、1人は15歳以上)

婚姻費用分担額一覧表・子2人(2人とも15歳以上)

婚姻費用分担額一覧表・子3人(3人とも15歳未満)

婚姻費用分担額一覧表・子3人(2人は15歳未満、1人は15歳以上)

婚姻費用分担額一覧表・子3人(1人は15歳未満、2人は15歳以上)

婚姻費用分担額一覧表・子3人(3人とも15歳以上)




当事務所では、ご相談者の実情に合わせ、何が必要か、何が最善と考えられるかをご提案し、よりよい問題解決のためのお手伝いを致しております。上記の内容は、離婚を考える際の参考になさって下さい。



携帯
サイト
EZweb i i502i i503i iFOMA
2001他
i504i iFOMA
2051他
i505i
i506i
iFOMA
900,901i
ボーダ
フォン
Mobile
Web
Mobile
Web固
1/4
VGA
Work
Pad


離婚相談、男女間トラブル、不倫、慰謝料、養育費、離婚協議書、家庭内暴力、ストーカー、示談書、内容証明、公正証書、遺言書、相続、契約書、株式会社設立、中国系占星術の専門家-〔横浜駅徒歩4分〕大川行政書士事務所営業時間:午前10時~午後8時/土日祝日・早朝・深夜応相談 電話でのお問い合わせは無料

営業時間(通常) : 平日午前10時~午後8時
(ただし、土日休日・早朝・深夜でもご相談に応じます。)


ご来所いただければ、その場で結論が出る場合も多いのですが、お客様のご要望に応じて
神奈川県内、東京都内をはじめ全国どこへでも出張いたします。

業務対象地域
神奈川県 横浜市(青葉区、旭区、泉区、磯子区、神奈川区、金沢区、港南区、港北区、栄区、瀬谷区、都筑区、鶴見区、戸塚区、中区、西区、保土ヶ谷区、緑区、南区)、川崎市(麻生区、川崎区、幸区、高津区、多摩区、中原区、宮前区)、愛川町、厚木市、綾瀬市、伊勢原市、海老名市、大井町、大磯町、小田原市、開成町、鎌倉市、清川村、相模原市、座間市、寒川町、逗子市、茅ヶ崎市、中井町、二宮町、秦野市、箱根町、葉山町、平塚市、藤沢市、藤野町、松田町、真鶴町、三浦市、南足柄市、山北町、大和市、湯河原町、横須賀市
東京都 昭島市、あきる野市、足立区、荒川区、板橋区、稲城市、江戸川区、青梅市、大田区、葛飾区、北区、清瀬市、国立市、江東区、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、立川市、多摩市、中央区、調布市、千代田区、豊島区、中野区、西東京市、練馬区、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、文京区、町田市、三鷹市、港区、武蔵野市、武蔵村山市、目黒区、西多摩郡、奥多摩町、日の出町、檜原村、瑞穂町
その他全国どこへでも
Copyright(C)2008 離婚相談-横浜