離婚相談・離婚の種類/大川行政書士事務所〔横浜駅徒歩4分〕

離婚をお考えの方、年金分割は財産分与の一種と考えられていますー大川行政書士事務所〔横浜駅徒歩4分〕

大川行政書士事務所 〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2-10-13横浜東口ビル1002 電話 : 045-450-1268
T O P 業務案内 事務所紹介 アクセス プロフィール 報酬額一覧表 リンク集 サイトマップ

離婚 離婚の種類
離婚に際し取り決めるべきこと
離婚時の年金分割制度
気付かれていない家庭内暴力
離婚協議書の種類(私署証書・公正証書)

離婚時の年金分割制度



1. 離婚等をした場合における特例

2. 被扶養配偶者である期間についての特例





 離婚時の年金分割制度は、離婚時の財産分与(夫婦が共同で築き上げた財産の清算および離婚後の扶養的性質を持つもの)の一種と考えられます。この制度には、次の2つの種類があります。

  1.離婚等をした場合における特例 (厚生年金保険法第3章の2:平成19年4月1日から施行)
  2.被扶養配偶者である期間についての特例 (厚生年金保険法第3章の3:平成20年4月1日から施行)



1.離婚等をした場合における特例

 (厚生年金保険法第3章の2:平成19年4月1日から施行)

 平成19年4月1日以降に離婚(内縁の解消を含む)が成立したご夫婦(内縁を含む)で、ご夫婦の少なくともどちらか一方が厚生年金か共済年金に加入していた場合、婚姻期間中に納付された年金保険料による標準報酬総額を、合意により最大で50%まで元配偶者に譲り渡すことができるというものです。

 要件は次の通りです。

1.平成19年4月1日以降に離婚が成立したこと
2.婚姻期間中に、ご夫婦の少なくともどちらかが厚生年金か共済年金に加入していたこと
(内縁関係を解消した場合には、譲られる側が国民年金法7条1項3号の被保険者であった期間に限られます。)
3.標準報酬の按分割合について合意があること
4.社会保険庁に対する標準報酬の改定請求が、離婚成立から2年以内になされたこと
 上記の「離婚」とは、内縁の解消を含みます。
 上記の「夫婦」とは、内縁を含みます。
 上記の「合意」が成立しない場合、家庭裁判所に申し立てて按分割合を定めてもらうことができます。
 「合意」成立の証拠として、離婚給付契約等公正証書の謄本か、公証人によって認証された私署証書(いわゆる離婚協議書)が必要になります。
(公正証書に関しては、→こちらを

 社会保険事務所に提出する書類は次の通りです。ただし、各社会保険事務所で必要書類が異なる場合があるので、提出先の社会保険事務所でご確認下さい。

事実婚期間のない離婚の場合 当事者双方の戸籍謄本
事実婚期間がある離婚(内縁解消)の場合 当事者双方の住民票
その他、住民票の異動が分かる書類
按分割合を定めた書類 公正証書の謄本、または、公証人の認証を受けた私書証書
按分割合を定めた調停調書の謄本または抄本
按分割合を定めた確定審判の謄本または抄本
按分割合を定めた和解調書の謄本または抄本
按分割合を定めた確定判決の謄本または抄本


 また、標準報酬の改定請求が認められたとしても、次の要件を満たさないと改定された標準報酬による年金を受け取ることが出来ませんのでご注意下さい。

1.年金保険料を25年以上納付していること
2.年金受給年齢になっていること



2.被扶養配偶者である期間についての特例

 (厚生年金保険法第3章の3:平成20年4月1日から施行)

 平成20年4月1日以降に離婚(内縁の解消を含む)が成立したご夫婦(内縁を含む)で、ご夫婦の一方が厚生年金か共済年金に加入し、他方が国民年金法第7条1項3号の被保険者であった場合、国民年金法第7条1項3号の被保険者であった者は、社会保険庁長官に対して請求することにより、厚生年金か共済年金に加入していた配偶者が平成20年4月1日以降に納付した保険料に基づくの標準報酬の2分の1を譲り受けることができるというものです。この場合、相手方の合意は不要です。

 要件は次の通りです。

1. 平成20年4月1日以降に離婚が成立したこと
2. 平成20年4月1日以降、ご夫婦の一方が厚生年金か共済年金に加入しており、他方は国民年金に加入していたこと
3. 国民年金の被保険者から社会保険庁に標準報酬の改定請求がなされること
 上記の「離婚」とは、内縁の解消を含みます。
 上記の「夫婦」とは、内縁を含みます。

 また、年金を受け取るためには次の要件を満たす必要があることは「1.離婚等をした場合における特例」と同じです。

1.年金保険料を25年以上納付していること
2.年金受給年齢になっていること






離婚相談、男女間トラブル、不倫、慰謝料、養育費、離婚協議書、家庭内暴力、ストーカー、示談書、内容証明、公正証書、遺言書、相続、契約書、株式会社設立、中国系占星術の専門家-〔横浜駅徒歩4分〕大川行政書士事務所営業時間:午前10時~午後8時/土日祝日・早朝・深夜応相談 電話でのお問い合わせは無料

営業時間(通常) : 平日午前10時~午後8時
(ただし、土日休日・早朝・深夜でもご相談に応じます。)


ご来所いただければ、その場で結論が出る場合も多いのですが、お客様のご要望に応じて
神奈川県内、東京都内をはじめ全国どこへでも出張いたします。

業務対象地域
神奈川県 横浜市(青葉区、旭区、泉区、磯子区、神奈川区、金沢区、港南区、港北区、栄区、瀬谷区、都筑区、鶴見区、戸塚区、中区、西区、保土ヶ谷区、緑区、南区)、川崎市(麻生区、川崎区、幸区、高津区、多摩区、中原区、宮前区)、愛川町、厚木市、綾瀬市、伊勢原市、海老名市、大井町、大磯町、小田原市、開成町、鎌倉市、清川村、相模原市、座間市、寒川町、逗子市、茅ヶ崎市、中井町、二宮町、秦野市、箱根町、葉山町、平塚市、藤沢市、藤野町、松田町、真鶴町、三浦市、南足柄市、山北町、大和市、湯河原町、横須賀市
東京都 昭島市、あきる野市、足立区、荒川区、板橋区、稲城市、江戸川区、青梅市、大田区、葛飾区、北区、清瀬市、国立市、江東区、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、立川市、多摩市、中央区、調布市、千代田区、豊島区、中野区、西東京市、練馬区、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、文京区、町田市、三鷹市、港区、武蔵野市、武蔵村山市、目黒区、西多摩郡、奥多摩町、日の出町、檜原村、瑞穂町
その他全国どこへでも
携帯
サイト
EZweb i i502i i503i iFOMA
2001他
i504i iFOMA
2051他
i505i
i506i
iFOMA
900,901i
ボーダ
フォン
Mobile
Web
Mobile
Web固
1/4
VGA
Work
Pad
T O P 業務案内 事務所紹介 アクセス プロフィール 報酬額一覧表 リンク集 サイトマップ

Copyright(C)2008 離婚相談-横浜