おかざき鈴の里 開設までの 歩み


   平塚市町内福祉村推進事業の一環として、岡崎地区に町内福祉村の
設立に際して、地区社協、岡自連、民児協、ボランティア団体等
の理解とニーズに対応すべく、地域の助け合い,支えあいの
拠点として「おかざき鈴の里」が行政をはじめとして、
関係者のご協力により誕生いたしました。
その経過についてお知らせします。

年    月

内         容

平成14年5月
    〜12月

町内福祉村の学習会と全自治会に対して、
問題提起と「支えあう地づくり」の必要性の
共通認識

平成15年3月
     〜5月

設立準備委員会の設置、(地区の各種団体、
ボランティアで組織し委員会) 17団体、51名
で構成

平成15年5月

ワイワイワークショップの開催 (地域の課題
抽出、ボランティア募集)

平成15年6月
     〜9月

ワーキンググループによる 課題の抽出、
整理。募集したボランティアを高齢者、
障害者G、子育てG、拠点活動、施設G,
住環境G,
人間関係G,と5グループに分けて
討論検討

平成15年9月
     〜10月

支援グループ、ふれあい交流グループ、総務
グループ、の三つに再編成して 夫々の
マニュアル作成

平成15年10月

ボランティアの公募と説明会

拠点名称を公募により 「鈴の里」に決定

平成15年11月

設立準備委員会 (事業のあり方、活動内容、
進め方を審議)

平成15年12月

設立総会開催  (設立準備委員、公募ボラン
ティア全員出席)

平成16年1月

おかざき鈴の里拠点開設準備、(備品購入、
各種設備、開所セレモニー等、)

平成16年2月

開所式式典 (市長はじめ多数のご来賓と
地域住民の参加で挙行。 
活動開始


「おかざき鈴の里」TOPへ