★ 小中学生、登下校の見守りパトロール

   児童が犯罪に巻き込まれる事件が後を絶ちません。この活動は“将来を担う子供達を

  地域で見守ろう”と言う住民の呼びかけでスタートしました。小中学生の登下校時に通学路

  をパトロールし、犯罪や交通事故から守ると共に挨拶を交わして交流を深める事を目的とし

  ます。  朝・昼と出会いの挨拶を交わすようになってから、子供達との信頼関係も深まりま

  した。最近は“オレンジ色の帽子にベスト、緑の腕章”をしたパトロール班を見ると、子供達

から元気に声を掛けて来ます、逆に元気をもらうこともしばしばです。

   見守りルックオレンジ色の帽子とベスト緑の 防犯 腕章ボランティア登録証の携行

  ※ 見守りボランティアに登録されると、登録証、帽子、ベスト、腕章が支給されます。



主な活動
 ★ 見守りパトロール
      グループパトロール :8つのパトロール班で主な通学路をカバーし、登下校
               それぞれ週2回のパトロールを行っています。
        個人パトロール : 登下校時間に合わせて、散歩や犬の散歩をする、家の
               前に立つ、など個人が自由に行うパトロールです。
     夏休みパトロール :夏休み中は、地域の主な公園・コンビニ前を中心とした
               4つのコースをパトロールします。
          
  ★ 通学路の安全対策

   1.通学路の安全点検

    平成16年8月に地域の諸団体が協力して通学路安全委員会が組織されました。
   日々のパトロールを通して、道路の表示・標識・信号や道路の危険ケ所などの
   点検を行います。「通学路安全委員会」では、諸団体から報告された問題点の
   安全対策を協議し、必要に応じて行政への改善要望書を提出します。

  2.不審者情報ネットワーク
   平和な田園地帯と思っていた岡崎でも、空き巣や不審者の出没が多いことを
    知りました。小中学生が“声を掛けられた”“露出狂が出没した”等、事件
   に至らない不審者の被害に遭っていました。そこで事件や不審者情報を入手
   した時は、下図のネットワークで互いにFaxを流し、保護者への速やかに伝え
   て情報を共有し、皆で警戒する事にしました。

 ★ 通学路のゴミ拾い

  これは小学生を対象としたイベントです。保護者同伴で参加して頂き、それぞれ
  自分の通学路を学校までゴミ拾いします。下図は参加を呼び掛けるチラシの
  キャッチコピーです。


「主な活動取り組み」TOPへ