やっぱり東北、夜中 旦那が『寒い、寒い』と言って寝袋をごそごそ出し始めた(寝る時は毛布だけだった)。
寒がりの私はまったく寒くない。末っ子くんも普通に爆睡。なんで?
あ〜私と末っ子くんは温泉にしっかり浸かってたんだ。末っ子くんに至っては夕方、足湯にも入ったし。温泉パワー凄し!
(旦那は大混雑の湯船には入らず。)

周りの車もエンジンを掛けて寝てる。このエンジン音、ちょっとうるさいなぁ〜。真夏以外は寝袋や毛布は必須だよ。
朝は窓が結露してたし。駐車場はほぼ満車。芝生部分には1人用のテントが数個設営されてた。

ハイエースクラスのワンボックスの後ろに扇風機とペットボトル飲料満載してたり、家電一式積んでたり、被災地支援の車ばかり。
みな夜通し走ってココで仮眠してるんだな〜。

コンビニで朝食を買い、のんびりしたのち石巻VCへ。日曜だからか道は空いていました。
旦那を降ろし、私たちは石巻港が見渡せる日和山へ。

震災から3ヶ月経った昨日、なにか法要?があったようで、お線香とか花束とか手向けられていました。いつもかな??
最初、曇ってましたが徐々に晴れてきました。瓦礫の撤去はかなり進んでいると思います。

また、とにかくハエが多くて多くてびっくり。それもかなりデカイ!
日和山公園の石碑や地面にもた〜くさんのハエがびっちり止まってました。やっぱり津波のせい?これじゃあ真夏の衛生面が心配。




















以前の中瀬の画像をお借りしました。2009年頃




2011年6月




4月に来た時に、プールに車が浸かってた湊小学校。現在撤去され、プールはきれいになってました。







石の森萬画館。角度は違いますが瓦礫が殆ど無くなってます。

Before After

萬画館の前のお宅。





中瀬のハリストス正教会。右方向から津波が来たようで、左側に傾いていました。かなり危険です。




ベージュ壁のレストランは300m先から流れて来たようです。
この下に、重機1台とトラック2台が潰されてます。不安定な状態でやっと建ってる状態。
赤屋根の建物は中瀬には無かった建物?引き波で流されてぶつかったのかな?そんな感じでした。





2011年4月23日 内海橋のたもと。瓦礫でいっぱい。 Before




2011年6月12日 撮影角度は違うけど After 通りずらかった橋が意外とスムーズに通れました。
でも欄干はガタガタなんでちと怖い^^;




でもまだ船が乗り上げてたりしてます。






河原のようにいきなり水面。大潮で沈むよね?
こんなところに自由の女神。右側が破損。


2011年4月 Befoer




2011年6月 After

上の写真の時は雨が降っていたから水位が高かったと思ったら、この日のほうが水位がさらに高い。
前日の大雨と翌13日から大潮で余計に水位が高いかも。・・・水位が高い・・・じゃなくて地盤が沈下したんだっけ。





このあと渡波を抜け、国道398号を通り、女川に向かいます。
画像数が多くなったので続きは次回。






6/11 6/12女川・雄勝




検索から訪れた方はこちらからTOPへ。