<<8月11日・U>>

午前11時06分、宇奈月駅を出発。車内アナウンスが、なんと女優の室井滋さんでした。
トンネル内はヒヤッとしてすごく涼しい!半袖だと寒いくらい。
壁が無い普通車なので、トンネル内の騒音はかなりの物。
うるさくて耳を塞いでる末っ子くん。でも嬉しそう^^

山彦橋。以前はこちらの橋をトロッコ列車が通ってたらしい。
今は遊歩道になっています。
宇奈月ダム。2001年完成。
暴れ川・黒部川の治水の為に造られたダム。

新柳河原発電所。お城みたいでしょ。 サル専用のつり橋 仏岩。

峡谷にへばり付いて進んでいるよう。 30分ほどで黒薙駅に到着。

“駅”と言うからにはなにかある(売店とか、観光スポットとか)と思ったのに、
ものの見事に“なにもない”(笑)。

ホントに
ホームだけです。

ホームからは後曳橋を渡るトロッコ列車が見られます。

後曳橋→ 沿線で最も峡険な谷に掛かる高さ60m長さ64mの橋。
かつで入山者があまりの谷の深さに後ろに引き下がった事
から後曳橋と呼ばれるようになった。

この時は工事中で、あまり良い橋には見えなかったけど(笑)。

撮影ポイント→
黒薙駅

ここだけでは悲しいので、徒歩600m(15分ほど)先の黒薙温泉に行って見ることに。
車掌さんからは、『帰りは少し大目の時間を見て下さいね。あと時刻表も確認して。1時間に1本の時もありますから』
ハイハイ。では出発。線路を横断して、ホーム反対側の崖に作った階段を上ります。

←結構急な階段です。
コレを登るだけでヘトヘト。

ちょうど上り列車が
後曳橋を渡ってきました。

娘が見ている方向が橋の方向です。

階段からはこのように見えます→

山道をぐんぐん歩きます。所々、案内板があってその文章に励まされます(笑)。
崖にへばり付いて道が作られ、よくぞココの温泉を発見したな〜と感心しきり。

山の中はひんやりしていますが、歩いて歩いて汗だく。
最後の難関、長〜い階段を下って、
黒薙温泉に到着。

たまたま従業員の方が作業で使っていた
洞窟通路?の柵が開いていて、
(一般の人は立ち入り禁止)
ここからホント、エアコン以上の涼しい風が
ふわ〜〜っと吹き出ていました^^

気持ちイイ〜♪
自然でこの涼しさ?寒さ?を得られるなんて
すごい!すごすぎる!!
しばし動けず^^;

黒薙温泉には温泉宿が1軒
あるだけで、何もない秘境の温泉地。
日帰り入浴も可能(500円)で、
露天風呂は水着の着用も可です。

私たちは何も持って行かず、
行き当たりばったりで来たので
温泉はパス。

とりあえず、宿の前のベンチで
持って来たシロエビの押し寿司をパクつく


露天風呂はホントに熱くて、
入っていなくても周りのコンクリの地面が
熱くなっていました。
ここから宇奈月温泉まで源泉を引いてます。
宿の目の前の崖が大きく崩れてました。 白いシートが露天風呂。
落ち葉避けのシートかな?

せっかく来たんだから、もっとゆっくり・のんびり自然を満喫したかったんですが、帰りのトロッコ列車が20分後の12:19か、13:21。
13:21は全車リラックス車両だから追加料金が必要。って事は、12:19に間に合わなきゃ!
急ぎ戻ります^^; 最後に冷風洞窟で体を冷やし、いざ帰路へ!

車掌さんの『帰りは時間を大目に見て下さい』って言葉が身に沁みて分かりましたよ・・・・この階段、キツっ!!

ついさっき通った道を黙々と戻ります。
急げ!って言ったら末っ子くんが
ダッシュで見えなくなりました^^;

私は付いていけません。
行きと同じ景色ですが、なぜか違く感じます。

←ココの水を頭から被ってました>長男くん。

急いだおかげで、10分ほどで戻って来れました。
スゴイ!!

思いつきで来たので、長男くん・末っ子くん・旦那はビーチサンダル。
末っ子くんは靴擦れを起こしてしまいました。

みんな疲労感たっぷり^^;
ちょっと寄り道して宇奈月温泉街の足湯・いっぷくでしばし休憩。
いや〜〜〜ホント疲れが取れる〜。気持ちイイ〜〜〜♪

少しばかり足取りが軽くなった気がします^^

お昼をとうに過ぎでいたので、帰路の途中スーパーに寄って
今夜の食材とお昼ご飯を購入。
テントに戻ってお昼を食べ、旦那は昼寝。
私たちはプライベートビーチで流木探し(笑)。
サイトの近くでプライベートビーチのような場所を見つけました。
泳ぐことは出来ません。
キャンプ場の前の海じゃないですよ(笑)。コレはナイショ♪


旦那の昼寝の後、石田浜フィッシャリーナへ。
海に突き出ている釣り桟橋です。
結構、釣りに来ている人が多かったです。

桟橋からキャンプ場方面。結構近いです。

子供と旦那はここで釣り。
私は前日改装中?だった福の湯へ再度、偵察。
近いので徒歩で行き、そのままテントへ戻り、夕食の支度。


福の湯は結局、長期間の改装中のようで、営業していませんでした。さて今日の風呂をどうするか?
食事の支度をしながら考え〜考え〜・・・・ても仕方ないので、受付のおじさんに聞いてみることに。
やっぱり福の湯は改装中で、おじさんおススメは隣の魚津市のわくわくランド
近いし、安いし、お子さんも大喜びだよ〜と大絶賛^^

夕方、大喜びで帰ってきた子供たち。どうやら大漁だったらしく、豆アジが入れ食いのようにたくさん釣れてました。
とりあえずアジをクーラーボックスに入れてわくわくランドへ。
ホント、近くてここは灯台下暗しだったな〜・・・・・と、怪しい・・・。
なんと!この日は火曜日で、定休日(涙)。定休日まではおじさん、把握してなかったよね〜・・・・・。

仕方なく携帯で調べた前日の生地地区の銭湯、喜楽湯へ直行。銭湯の王道を行くザ・銭湯!って感じです。
海が近いので、塩の温泉です。かなりしょっぱい。なので皆さん、シャワー(水道)を利用していました。

とにかく今日はてんこ盛りの一日でした。歩いて食べて遊んで・・・・・言うことなし!!
お盆休みも入ったのかな?夜遅くまで賑わってたテントサイト。
BBQの若者が、隣の人に注意されてました。そうね、もう10時近いもの。
ライダーさんは夜の到着で、暗い中でのテント設営。ご苦労様です。
夜もぐっすり。口コミにあった早朝の鳥の鳴き声も、私たちのサイト方面では鳴いてないので、全く感じませんでした。







<<8月11日・T 8月13日>>





検索で辿り着いた方は
TOPへどうぞ