<<8月13日>>

今回の旅の目的の1つでもある、『氷見に氷見丼を食べに行く!』を実行しましたっ。
北陸道〜一般道で氷見市入り。道の駅氷見を目指します。
どこで食べるか決めてなかったので、まずは道の駅に行って情報収集しようと。

道の駅氷見は氷見フィッシャーマンズワーフ海鮮館(水産物等直販施設)を備えてて
お盆のこの時期、駐車場には他県ナンバーが多数で大混雑。
新鮮な魚介類がた〜くさん売ってました。
道の駅内のレストランでも海産物が頂けますが、混んでるし街中に繰り出すことに。
ちょうどスタンプラリーが開催されていて、娘と次男でスタンプを探しながら歩きました。

この日もとにかく暑くて暑くて、日陰を探しながら歩きました^^;
このレポを書いてる日の朝はこの秋一番の冷え込み。
このギャップはいったいなんなんだ?!



氷見市はは藤子不二夫A氏の出身地で、
街中にはまんがロードなるものがあって
藤子不二夫A氏の漫画キャラ像がいたるところにあります。

ちなみに同じ富山県の高岡市は藤子不二夫F氏の出身地。
ドラえもんのキャラがいたるところにあるとか。







ハットリくんだけでなく、氷見の海産物のキャラ像もあります。
いくつかの像には上にセンサーがあって、人が近づくと像が喋ります(笑)。


ハットリくんのからくり時計もありました。
土日祝日は30分ごとにカラクリが見られます。

煙代わりの霧が涼しかった〜♪

お目当ての氷見丼は割烹万葉さんで。
道の駅にあったグルメマップを参考に、スタンプラリーのルート上にあったので決定。

ホントにホントのほんとーに暑かったんで、
お店の薄暗くのんびりした雰囲気がホッとしました。
道の駅はあんなに混んでいたのに、街中や店内はガラガラ。
やっぱりこの暑さの中、歩くのは自殺行為か?!

旦那:特上 私:上

このランク分けは当然(笑)??
でも〜ホント〜に美味しかった〜〜^^

1つ1つの切り身が厚くてデカイ!!
食べ応え充分です!
子供:並(笑)。

そして無事スタンプラリーもクリア〜♪
賞品は怪物くんかハットリくんのカンバッジです。直径2.5cm程の小さなバッジ。
娘はハットリくんを次男は怪物くんをゲット。

子供にとってはつまらない街中散策もスタンプラリーがあれば楽しめますね。
非売品の賞品なら尚更燃える(笑)。

市場の大きな建物にはハットリくんの大きなイラストが。
下にいる人と比べてくださ〜い。どれだけ大きいか分かるよね。
町をあげて藤子不二夫A氏を押しています(笑)。


何の気なしに読んだら爆笑した>リンス館。

氷見からの帰り、富山市内のショップに寄りたかったけど思ったより国道から距離があること、歩き回って疲れ切ってたし
その後の予定で埋没林博物館に旦那と次男を連れて行ったり、その間コインランドリーで洗濯もしたかったりでショップ行き諦めました。


またそのうちゆっくり一人で来よう(みんな釣りしてる時とか(笑))。


黒部最後の夜。キレイな夕日を沈むまで眺めていました。







8/12 8/14







検索で辿り着いた方は
TOPへどうぞ