<序>

夏の失敗を教訓に、今回は何度も出発日と時間を確認し、計画通りに出発出来るよう準備万端。
2年前の初・秋キャンプの快適さ、立山黒部アルペンルートの室堂の素晴しい景色に感動して毎年来よう!と皆で誓ったけど、
昨年は三陸沿岸北上の旅を敢行したので秋キャンプ&室堂は2年振り。
そう、今回も室堂行きを最大のイベントとした秋キャンプ。最高の晴天で室堂を望むことが出来るでしょうか?!




10月7日

今回、初めて出発前日まで仕事をしてました。いつもは前日と帰宅翌日は休むのにねえ〜。
休んでばかりだと給料が目減りするから、準備を早目早目にして仕事休みも最小限の1日に止めました!
朝4時出発。日曜発だったので特に時間を気にせず(夏は6時までに河口湖インター通過とか^^;)、のんびり走行・・・

のはずが、トイレ休憩も全くせず、渋滞もしてないもんだからかなり早く長野県入り。
・・・ただ、諏訪インターから伊北インターの間が通行止めの表示。なぬ?!通行止め??事故か?
結局、事故は片付いたようで、通行止めも解除になり順調に長野道に入れました。

そして今回は小布施PAからも行ける、道の駅小布施で休憩。
時間は朝8時。駐車場脇では地元の農家の方が採れたての野菜や果物を持ち寄って直売所がオープンしていました。



ブドウがうまそ〜♪ちょっと散策もしたいので買い物はあと。階段を上って道路をまたぎ、大きい公園のほうへ行って見ました。
道路を越え、左手に見えてきたのが道の駅の建物。駐車場はキャンピングカーばっか停まってた^^;



道の駅オアシスおぶせ。しかしまだオープン前。そうだ・・・道の駅は土日祝日、シーズン関係ナシにオープンが9時だった・・・
ちなみに閉まるのも早いから要注意



開くまで待つか出発するか悩みどころ。だってあと1時間^^; とりあえず、公園へ向かう。
大きな池にでっかい鯉が大量に泳いでて、近づくと 『エサくれ!エサくれ!!』 と向かってくる(怖っ!)



次男はとにかくエサがあげたいらしく、その辺の雑草なんかをあげてる(汗) 食べないでしょー!!
池の向こう側にアスレチックを発見。雨上がりで濡れてたんで私と娘はパス。旦那と次男で遊ぶの図。



車に戻って持って来た枝豆食べたり、朝食の残りのランチパックを食べてたらあっという間に9時のオープン前。
画像はないんですが、レストランの信州サーモン丼定食500円がすごく魅力的で食券買って食べちゃいました^^
すんごいうまっ!!小丼だけど信州そばも付いてるし、500円は安い〜。次回も寄りましょう!
サーモン丼食べてる間に直売所が凄い事になってて、会計待ちの列が〜〜並んでる〜〜〜。

この直売所で私は林檎ジャムを購入。賞味期限が10月末だったので800円→500円に値下げになってました〜♪
ウチでは1週間もしないで無くなるから問題ナシ!


お腹も膨れたところで富山へGO! 上信越道→北陸道→黒部ICで下車。・・・がしかし!富山入りする頃、雨が降り出す・・・
キャンプ場へ向かう海の駅生地に着く頃土砂降り!!!天気予報では午後から晴れそうだったので受付だけして時間潰し&買出し。
やっぱり14時過ぎには晴れてきて、設営開始。今回はリアカーもあるし(笑)、テントサイトは秋にしてはかなりの数(10張り程度)。



秋の候補地・夏の固定地共に先客が居て撃沈。夏の固定地の道を挟んで反対側の広い平場が今回の宿営地に決定。
設営中になんどか雨がぱらぱら来たけど無事に設営完了〜。



動くのもおっくうなので、自家製薪で焚火をしてまったり。焼きマシュマロ中です(笑)。
雨が止んで向こう側の能登半島。氷見あたりが見えるのかなぁ〜。光の帯がキレイでした。





このあと40分後には松林の間から強烈な夕日が。




夏とは違ったオレンジ色の夕日を見ることが出来ました。
秋キャンプは騒がしい輩も居ないから静に夜は更けていきましたとさ。










8月14日 10月8日







検索で辿り着いた方は
TOPへどうぞ