前回引っ張りましたが、急階段を上った先の写真がありません(汗)。
おっかしいな〜撮ってなかったのかな〜??

実はこの先、本格的なリアル登山道が始まります。距離にすると大したことないけど(約370m)、やっぱキツイ^^;
私たちが訪れた数日前も70代の方が疲れて自力で降りれなくなって大騒ぎになったとか。
体力に自信の無い方はこの先行かないのが無難。

今回の第一陣は全員、パノラマ展望台を目指す。
余計な荷物(お昼ご飯とか余分に持って来た水とか)は上部展望台に置いといて、いざ出発。
こんな細い木道を歩いて行く。右側はもちろん、崖(汗)。




一列になって黙々と歩く。トレッキングポール持ってきたけど邪魔だから仕舞う。
こんな狭い登山道は両手が空いてる方が歩きやすい。いざという時もあるだろうし(汗)。




この上り坂はキツかった!





鉄塔直下のパノラマ展望台に到着!




はっきり言って、何もない です(汗)。

あるのはコレだけ↓




そんな広くない場所で、日陰もなく真夏のお盆時期はキツいっす^^;
せっかく登ってきたからしばらく居たいけど、平場もない、座るところもない、日陰もないで、早々戻る人も。
私たちは鉄塔の足元、若干の日陰がぽつぽつあるトコ(だからと言って全身日陰に入らない(汗))。で座って休む。

眺めはサイコー!遠くに万年雪なんかも見えちゃう。






元々こうした登山に対応していない場所だったので、生えてた木を伐採して空間を広げてる。
その生えてた木は豪雪に耐えてたのか全て横向きに生えてます。




ひとしきり休んだら戻りましょう。
帰りは来た道と同じとは思えないほど急坂に感じて降りるのも恐る恐る。





眼下に欅平からの橋が見える。後でここにも行きます。




上部展望台でしばらく待ったのち、元の場所へ移動。




帰りは第二陣とすれ違う。第二陣のヘルメットは青でした。
ここでもしばらく待機。トロッコの機関車を見学してました。




狭い構内を走るトロッコ
その狭さ故、運転席は進行方向を向かず、横向きに座るという。




今回のこのツアー、北陸新幹線開業に合わせて、富山に人を呼び込むため企画されたとか。
なのでやっぱり所々『段取り悪くね?』って思う事もあったり(笑)。ガイドのおじさんも今回のツアーの意見が欲しいとの事で、
『良い事だけでなく、悪い事、こうした方が良いという事もお伝え下さい』とおっしゃってました。
うん、皆 町を挙げて頑張ってるよね。

そしてトロッコは欅平駅に戻ってここで解散。
宇奈月駅に戻るトロッコ列車までは時間があるから名剣温泉まで散策。
前回2011年夏に訪れた時は猿飛峡まで行ったから、今回は逆方向へ。
でもこれが大正解だった・・・。

上から見た赤い橋、奥鐘橋を渡ります。





橋から見上げると送電線が上の方まで伸びて、その横には水力発電のパイプが。
このパイプの上が先ほど登った登山道付近。





ずっと緩やかな上り坂。いいねぇ〜人が途切れた瞬間。




距離にして700m。約15分ほどで到着。この先、祖母谷温泉までは30分以上歩くので断念。




陰の下のコンクリートから温泉が湧き出てる・・・・。
足湯ならぬ『手湯!』って言って指を入れようとしたけど、熱くて無理。
どうやらこの下に通ってる、パイプから高熱の温泉が漏れてるよう。






名剣温泉は有料なので入らず(笑)、風景写真を撮ってると上流方向に何やら物体が・・・・。
なんだ??





ズーーーーーーーム ッ!!






でかい!雪の橋!!!





もっとよく見える場所まで行く!
ポタポタ雪解け水が滴り落ちてる〜。写真には写らないけど、雨のように降ってますっ。






橋の上部は土や流木がいっぱい。コレだけ見たら雪って分からないよね。





こちらスノーブリッジと呼ばれていて、冬の間の豪雪や雪崩でここに大きい雪の塊が出来て、
その下に川が流れてトンネルのようになってた。
今年の夏、このスノーブリッジがいつ崩れるかってチャレンジ企画が模様されていて、
その事をブログ記事にしてUPしたその前日、崩れた!⇒
 Snow Bridge

2015年8月21日崩壊!







スノーブリッジが崩れる瞬間を定点カメラで撮ってて欲しかった(笑)。

前年は雪が多く、こんな感じだったらしいよ。もう橋って言うより壁(笑)。




その後、欅平駅まで戻り、トロッコ列車に80分揺られ宇奈月駅へ。
次男の自由研究の題材を探しに黒部川電気記念館へ。




記念館の前にはアメリカ製の初代トロッコ機関車が鎮座しております。




まだ帰りには早いので、今まで行った事のない場所へ。
ここはトロッコ列車(新山彦橋)からも見える旧山彦橋。
宇奈月ダムの建設により、トロッコ列車の軌道の一部が水没するため、軌道を高い位置に移してできたのが新山彦橋。
旧山彦橋は黒部ダム建設のために作られた当時のトコッロ列車の軌道橋。
今はやまびこ遊歩道になってます。





ちょうど欅平行きのトロッコ列車がやってきた。



橋の中心部には川を覗けるシースルーの床があります(汗)。


橋を渡り終わると元々の軌道トンネルに入ります。





途中、新山彦橋が望めます。




宇奈月ダムまで来ました。お盆直前ですがこの辺りは殆どと言うかまったく人が歩いてません。



情報資料館「大夢来館(だむこんかん)」が側にありますが、ここも無人(汗)。
資料や展示、体験なんかもあるようですが殆ど『故障中』。う〜ん・・・存在の意味あるのか??

散々歩いて疲れ切って駐車場に戻る。
この日、この後の写真はナシ。相当疲れたんだな(笑)。

夜はいつも買い物&コインランドリーでお世話になるショッピングセンターの一角にある回転寿司屋さん。
富山だから美味しいだろう!と思ってここにする。
どんぴしゃ!ネタがでかい!シャリがウマ――――イ!!
ココの回転寿司屋さんはネタに合わせた寿司用にコメを吟味して提供してるようで、マジ美味い!
はぁ〜幸せ♪









黒部峡谷パノラマ展望ツアー@ キャンプ3・4日目







検索で辿り着いた方は
TOPへどうぞ。