2009年から毎年夏に富山でキャンプをしてたけど、6年間も通うと周辺地域を遊びつくして行くところが無くなってきた。
子供も大きくなり、長男・娘はもう一緒に出掛ける事も無くなって、13歳の次男だけとなる。
そうなると、子供の遊び中心だったキャンプも、宿を取って観光して博物館とか資料館とかちょっと
大人向けの旅もできるんじゃないかと思い立つ。

キャンプはタイミングよく行けたら秋に行って、夏は別なところに行こう!と提案したら乗ってきた>旦那&次男。
そして次男の『原爆ドームを見たい』の一言から、今夏の広島旅行が決定!

早速宿の検索を始める。今年の3月の事でした(早っ!)。

宿の条件が、@ 安い A 和室 の2点だけ(笑)。立地条件は車だからカバーできるし。
そう、広島まで車で行きます。八戸と比べれば近い近い!都内を通らないだけ気分も軽い(笑)。

3人で行くつもりが、『広島だったら私も行きたい』 と、娘が言い出す。
う〜ん、人数増えると宿代も増すんだけど。数日後再確認したら、やっぱ行かないと。
原爆ドームや厳島神社は行きたいけど、全行程親と行動を共にするのも嫌みたいです。
大人になって自分で行ってね。まぁもし直近で行きたくなっても和室だから人数の調整は出来るしね。

ガイド本を見て、検索した結果、安くて和室でたまたま立地条件も良いホテルを見つけ、速攻で予約。
旅行サイトではまだ予約開始時期では無かったので、ホテルに直接予約を入れました。
こうして広島2泊・出雲1泊、計3泊4日の旅が決定。





8月10日(日)

旅行日程を決めた時はこの日が台風上陸日なんて思いもよらないわけで。
今年の夏は各地で異常豪雨や台風が接近し、甚大な被害をもたらしていて、この台風11号も最大級の大きさ
なんて枕詞が付いちゃうほどの強力な台風。

この日は丸一日移動日になると思ってたので、早く行っても仕方ないと、家を午前4時半に出発。
5時に東名の最寄インターから乗り、一路西へ。

台風接近とあって日曜なのに車は少な目。新東名走行中。先は雲の中。





三重県に特別警報が出され、新名神は一部区間で通行止め。
仕方なく名神経由で西を目指す。

途中、高速道路と新幹線が並走する区間がっ!一瞬の出来事でカメラに収められたのがこの1枚。
新幹線もかなり徐行して走ってました。





この日たまたま帰省中のzutanさんとメールで励まし合いながら西へ進んでたけど、
彼女は京都、私たちは大津付近でこの日彼女が乗るはずだったフェリーが欠航決定。

広島まで一緒に行く?って提案したけど、何とか新幹線の自由席が取れたようで、博多まで行くとメールが。
良かった良かった。お盆中だったからどうだろ?って思ったけど。
それに一緒に行ってなくて良かったってこの後、実感する出来事が。

渋滞もなく、予定より早く大阪を通過。雨もどんどん強くなり視界も最悪。
この時のドライバーは私。恐怖すら感じる豪雨の中の高速走行。

が、しかし。宝塚ICより西は通行止め。ココで下ろされる。
ウチの車は夏前にナビがぶっ壊れ、まさか宝塚で下ろされるとは思ってなかったので、
下道の地図なんか持ってないし。取り敢えず、国道176号を西へ。この頃のドライバーは私。





全く当てもなく走ってたわけじゃないけど、国道176号を西へ行けば、通行止め区間を抜けて
中国道か山陽道のどちらかに辿り着けると思ったから。ただ、これも行けずじまいだった。

お昼頃の宝塚駅近くの交差点。
尋常じゃない大雨。前が見えない。この時、渋滞中。なんで渋滞してるか分からなかった。





ノロノロ進んで左側に見えた川(武庫川)が恐ろしい位の濁流。渋滞の原因はこの武庫川。
その先は大きい橋だから流される心配はないだろうと進む。
途中、すっごい勢いでレスキュー車がサイレン鳴らして対向車線を逆走。

その後、渡った川が右側に見えた時がこちら↓道路と水面がほぼ同じくらいなんですけど(涙)。




走馬灯のように(笑)、色々な事が頭をよぎる。まず道路が崩れるなら対向車線だからこっちは少しの猶予がある。
前に進む前に左側のバス停の待避所で止まろうか?(でも進んじゃったけど)、どんぶらこ〜と車ごと流れる画がふと浮かぶ(汗)。

平常時はこのくらいの水位らしい。





さっきは橋脚が見えてたのにもう水が被ってる(右側)。




交差点の先の右にカーブしている地点が川と一番接してる位置らしく、既に道路に泥水が被り始めていた。
でも車は繋がってる(汗)。直後、消防団?っぽいおじさんが血相を変えて両手を振り




『ダメダメ!!通行止めだ!!』



あーいよいよヤバイんだっ!交差点の先まで行った車は一斉にUターン。

ウチは丁度交差点手前だったので、左に折れて行くも見えたのが山道。曲がった車はどんどん先に進むけど、ナビもないし、
この大雨でがけ崩れを恐れてここでUターン。来た道を戻る。

この県道51号も中国道や山陽道にアクセスできた道だったけど(帰宅後地図をチェック)、
通行止めの区間が下りた時より長くなってたので、結局この先に行っても高速には乗れなかった。結果オーライ。

川が近くてホント、怖かった。大きい橋を越えて川の見えない場所のコンビにで停まる。
生きた心地しなかった。『武庫川(むこがわ) 氾濫』でググると画像が出てきますんで興味のある方はどうぞ。
そんなこんなでこの日は広島には辿り着かないんじゃないかと思った旅の幕開け。

実は氾濫恐怖体験中に旦那がスマホ(旦那だけスマホ持ち)の地図アプリをダウンロードしてたけど、
自車の位置は表示されててもどう見るかどう使うか分からなくて(旦那は地図の見れない男)、
運転してる私に聞くなーーーと、イラッとしたのでここでドライバー交代。

私がスマホでナビをして旦那は言われたとおりに走る。
旦那の頭にはどっち方向が西かインプットされてないので、次 神戸、次 明石、って言っても???だったと思う。

取り敢えず、西宮駅の方へ向かい、海沿いを神戸方向へ。
直ぐ真上を高速道路が通ってたけど、電光掲示板には通行止め区間がびっちり。

インター名が分からないので、高速に乗った途端、下ろされても困るし、
地図でインター名を調べている間、次の乗り口では通行止め区間が変わってるしで中々高速に乗れず、
結局ずっと下道で2時間ほど走る。次男は退屈過ぎてこんな格好でゲーム中。





雨も止んできて、台風どこ行った?位に晴れて来て、ようやく第二神明道路の須磨インターで高速に乗る。
加古川バイパス→播但連絡有料道路→山陽自動車道に乗る。この時15時過ぎ。


山陽道に乗ったのを見届けて、速攻で寝る(笑)。途中 岡山のどっかのPAで止まってきび団子の試食を食べまくり、
ウトウトしてたら広島高速一号線に入って広島の町が見えて来た。よーーーーーやく着いた〜〜〜〜。




広島でのお宿はこちら→広島市文化交流館

平和記念公園に近く、和室もあって口コミも良好。
もっと安い宿はいっぱいあったけど、長距離運転後の疲れた体じゃ
静かでゆっくり休める宿が良かったので、ココに決めました。

ココはホールも併設されていて、
ちょうど吹奏楽の大会の真っ最中で、泊まってる間は
多くの学生がでっかい楽器を抱えてホールに入って行きました。

チェックイン後、のんびりしてから街へ繰り出す。
滞在中の夕食は広島風お好み焼きと決めていた!!


ホテルから北に歩いて5分ほどの交差点。噴水の直ぐ前が平和記念資料館本館。





そして平和記念公園。




午後7時を回っていたので正面に人が写り込まずに撮れました。
訪れた殆どの人が手を合わせていました。厳粛な場所です。


資料館は閉館時間だったの、この日は入らず 原爆ドームの近くを通って食事へ。



橋の近くで女子高生が英語?の音読をしていました。
広島市中心部はいくつもの川が流れていて、平和記念公園周辺中洲のようになっていました。
昔から川が身近にあって、原爆が投下された後、川にはたくさんの遺体が浮いていたと記述がありました。

今は川面まで下りれる階段があって、そこで皆さん夕涼みをしていました。

日曜日だから混みますよ、とフロントの方が言ってた通り、原爆ドーム近くのお好み焼屋さんは行列が出来ていました。
ブラブラ歩いて本通方面まで行こうかと思ったけど、人も多くて疲れちゃって
ホテルにあったるるぶFREEに載ってた『ちんちくりん大手町店』へ。待ちも1組だけだったので、すぐ座敷に通されました。
るるぶFREEにドリンク無料券が付いてたのも決めた理由の一つ(笑)。

広島風お好み焼きは焼けた状態で持って来て来るので、オーダーしてから時間が掛かります。
オーダーの仕方も、他県民にとっては知らない事ばかり。麺の種類を聞かれてびっくり^^;
ココのお店では3種類の面から選べます(生麺・中華そば・うどん)。
空腹限界が近づいたところでようやくお好み焼きが来ました〜^^





うんま〜〜〜〜〜〜♪

3人とも別のお好み焼を頼んだけど、何を頼んだか忘れちゃった^^;
無言でガツガツ食べる神奈川県民・・・・。座敷の個室で良かった・・・・。

食べたら即退散。これは我が家ルール。のんびりしません。
入口にはかなりの待ちが出来てました。タイミングが良かったのかも。

帰りは川沿いの道をブラブラ歩いてホテルまで。
振り向くと原爆ドームが怪しく見えました。





長い一日でした。
明日は朝から宮島に向かいます。








10/17A 8/11・@







検索で辿り着いた方は
TOPへどうぞ