車に戻って買ったお土産を置く。平日だけどお昼の時点で駐車場は全て満車。
やっぱり早朝参拝は間違いじゃなかった!

その足で交差点向かいの猿田彦神社へ。
方位除、地祭、土地開発、開業、災除、家 業繁栄などの神様。
そういえばウチの地鎮祭も猿田彦神社だった。お札があるよ^^;




早目の七五三をやってたご家族あり。

同じ敷地内に佐瑠女神社があって、ここは芸能の神様らしい。芸能界からも参拝に来る人多数とな。(画像ナシ)
猿田彦神社の裏側には御神田が。すでに稲刈りが終わった後でした。
そしてここからは車移動。駐車場に戻り、車で10分ほどの倭姫宮(やまとひめのみや)へ。
月読宮(つきよみのみや)の方が近いんですが、右側が入り口だったので帰りに寄ります。



隣接する神宮徴古館側に駐車場が数台分あるので、そこから入る方が近いかな。

+++倭姫宮+++
天照大神を祀るため数国を巡り、現在の内宮の地を見つけて定めた人




こちらの御新敷地あり。




このまま来た道を戻って月読宮(つきよみのみや)へ。正面は車数台、裏手にはかなり広い駐車場があります。


+++月讀宮+++
(つきよみのみや)




月読宮での参拝時、非常に嫌な気分になった・・・・。
ここのお宮さんが嫌なんじゃなくて、参拝に来ていた団体客。
異常な雰囲気だね、ありゃ。参拝に文句は言わんけど、人が居ない時間帯にして欲しいわ。

もう1ヶ所の小さいお宮でこの団体客が参拝渋滞を起こしてたので再度静かになった月読宮を参拝。
手前で待ってた人が居たけど、この事だったのね。きっとどこかでもこの団体客と鉢合わせしたんでしょう。ご苦労様です。

ここは天照大神の弟とお父さんとお母さんを祀るお宮さん。
左奥からこちらの順で並んでます。
一列で4宮撮りたかったけど、入りきれなかった^^;


母神様の伊佐奈弥宮(いざなみのみや)
伊弉冉尊(いざなみのみこと)を祭祀

父神様の伊佐奈岐宮(いざなぎのみや)
伊弉諾尊(いざなぎのみこと)を祭祀

天照大神(あまてらすおおみかみ)の弟神
月讀尊(つきよみのみこと)を祭祀



月讀尊の魂を祭神とする月讀荒御魂宮(つきよみのあらみたまのみや)

こんな静かでいい場所なのに。この場所が一番『気』を感じるって人が多いらしいけど(私は感じず?)あの一件で残念な気持ちに。
境内では遷宮の準備が始まってました。小型ユンボで白石を掘り返してます。




内宮末社の葭原神社が月讀宮敷地内にあります。先ほど参拝渋滞していた小さい神社。
田畑を守護する五穀豊穣の神を祀っています。
ホントこじんまりしてて、スルーしちゃうくらいでした^^;(画像ナシ)。


さてこの時13時17分。まだまだ時間があるんでドンドン行きます!
伊勢から志摩に抜ける県道32号を通り、天の岩戸を目指します。
私にとっては走りやすい山道をぐんぐん登り、ナビ上では志摩路トンネルを抜けるとすぐ右手に天の岩戸があるはず。

・・・・が、それらしき入り口は見当たらず。検索すると車を置いて15分ほど歩くらしい。
ナビや地図上でも県道からは離れてるからこの辺りに入り口があるはず・・・。だけど、無い。

うーん。
仕方がない、このまま道を下ろう。多分右手を見てれば案内が出てくるはず。
ナビではどんどん天の岩戸から離れて行って、もう今日は行けないな・・・・と思った矢先に『天の岩戸』の看板がっ!

げ!ここから1.2q!?



トンネル出口の近くにあるのは間違いないんだけど、岩戸までの入り口はトンネルから1q程下ったところにあって、
そこをさらに1.2q戻ると言うなんとも変なルート。
入り口からはダム湖の周りを通る道で所々道も狭く、途中橋を渡った先が法面の路肩が崩壊して補修中だった(汗)。
ブラインドカーブもあるので走行には要注意!





道の狭さ、しょぼさに反して駐車場はかなり広く、公衆トイレもありました。
標高が高いのか、かなり冷えてきました。






こんな山道を歩きます。




あと200m!!




入り口発見!




へ〜すご〜い!パワースポット!!




天の岩戸かわ湧き出た水が道路沿いの川を伝ってダム湖へ流れてます。




みそぎの滝




ここから湧き出しています。




全国名水100選に選ばれてる湧き水。水を汲みやすいように竹が敷いてありました。
うーん、こんな良い場所なのに人が居ないなんて素晴らしい。
車じゃないと来れない場所だからね。観光バスも不可だし(笑)。レンタカーで良かった^^

15分ほど歩くと風穴まで行けますが、まだ別の場所も行く予定だったので風穴はパス。
あーでも秘境感満載!良いわ〜、来て良かった!!


・・・・そー言えばお昼ご飯食べてない。気付くの遅っ!
ただ、今夜は宿で豪華夕食なので、あまりがっついちゃうと夕食に響く。軽く食べられればいいかな。
でもコンビニじゃ味気ない。ルート上に道の駅があるのを発見!寄ってみる。

『道の駅 伊勢志摩』




台風の余波か高台にあるからなのかものすごーーーーーーーく風が強い!!
駐車場わきにあったテントが崩壊してた。
平日の午後、閑古鳥状態の道の駅。松坂牛コロッケを頂きました^^。目標達成♪


パールロードを通って、次の目的地、相差(おおさつ)の神明神社、石神さんへレッツラゴー(古)!
このパールロード、ちょー走りやすい!交通量も少ないし、絶景ポイント多数!ここは的矢湾大橋の展望台。風強っ!!





的矢湾一望〜♪








手を広げてるのがA美。私は白いシャツ。おばフォー2名(笑)。









絶景がいっぱいあって、所々駐車場もあって、その都度停まるもんだからなかなか先に進めない(汗)。
ここは面白展望台(笑)。なぜ面白!? ここでホントに飛べそうなくらいの強風が!手を広げたら飛べる!!




何度も停まりすぎて先に進めないのでいい加減停車は止めて石神さんへ急ぐ。
やっぱりここもすっごい地元車しか通らない細い道を通って駐車場へ。
ここからは歩いて行きます。徒歩5〜10分くらい。





途中、古い日本家屋の『海女の家 五左屋(ござや)』というお土産物やさん兼カフェがありました。
時間が無いのでちょこっとだけ見て石神さんへ。

今まで巡ってきた神社はお願い事は禁物で、『おかげさんで』と参拝できたことに感謝するお参りでした。
しかーし!この石神さんは女性の願いなら1つだけ叶えてくれる神社です!
女性なら1つだけお願い事をしていいんです(笑)!

さて、参りましょう!





ここにはお願い事を書く紙と鉛筆が置いてあって、そこにカキカキ書き込みます。
そしてその紙を願い箱(向かって左の大きめの箱)に入れます。そしてお賽銭(右の箱)を入れてお参り。


こうやって写真を撮るためのカメラ置場もありました(笑)。



もちろん、お守りも買いました!小さい真珠付きのドーマン、セーマンという海女さん達の魔よけのお守り。
願いが叶いますようにっ!

このあと駐車場に戻り、上の画像の海女とサザエの看板で写真を撮ろうとしてたら、
郵便局のおじさんがシャッターを押してくれました。その写真はココには載せません^^;
10月の連休は6時過ぎても凄い人で、おじさんは何度もシャッターを押してあげたと。
こんな狭い道路に車がたくさん来て渋滞を起こしてたらしい。
車じゃないとね、来にくいよね〜。でも生活してる人は大変だね。

17:30の宿着を目指し、一路二見へ!本日のお宿は浜千代館さんです。
ナビ頼みで近くまで来たけど、案内を終了しても場所が分からず。あれれ?
細い道が海に向かってるけど、これって行き止まりだよね??

近くでタバコを吸ってたおじさんに浜千代館さんはどこか尋ねる。
するとそのおじさんも浜千代館の場所が分からず、宿に電話して迎えを待ってるところらしい。
じゃあこのおじさんに付いて行けば分かるか。ラッキー♪

すぐに迎えの車が来て、ほんの30秒ほどの宿に到着。車は宿の方が移動させてくれました。


入り口はこじんまりしてるけど、趣ある素敵な宿です。ロビーには薪ストーブもあり。



宿が古いのでエレベーターはありません。それでも中はキレイです。荷物は仲居さんが運んでくれました。
私たちは『金波(キンパ)』というお部屋。




目の前に海が迫ってる〜!この時でもまだ波が高かったのに、昨日から今朝はもっと波が高かったらしい。
仲居さんにこの日通ったルートや天の岩戸、石神さんも行ってきました〜と話したら驚いてました。
それほど天の岩戸は秘境≠轤オい(笑)。




夕食は部屋食。お膳を運んでくれます。普段旅館なんか泊まらないし、ましてや部屋食なんて素晴らしい!
↓写真を撮ったのが早かったのか、まだ全てのお料理が揃ってません^^;

ウニと貝?の蒸し焼きも来ました!


アワビを焼いて〜♪ お刺身も盛りだくさん♪


食後のデザート♪




朝5時から盛りだくさんの一日。すんごく充実してました。
翌朝も夫婦岩の朝日を拝みに行く予定。
21時半くらいだったかな?そのまま布団に倒れ込み、落ちました(笑)。










10/16@ 10/17@







検索で辿り着いた方は
TOPへどうぞ