〔この旅を計画したきっかけ〕
   

  
かれこれ10数年前、高校2年生の時、
夏休みの1ヶ月間を利用して短期語学研修(ホームステイ)なるものに参加をしました。
英語が得意!とか、将来は英語を活かせる職に、とは全く別に
ただ単に“外国に行ってみた〜い!”という安直な考えから始まりました。

案の定、英語は全く通じず(・・ていうか、しゃべれない?!)、
こんな安易な考えで渡米した自分に少しだけ後悔しましたが、
全国から集まった30人のツアーメイトたちに恵まれ、かつ、素晴らしいホストファミリーに出会えて、
その後悔も吹っ飛ぶほど楽しい思い出となりました。

帰国後もホストと手紙やグリーティングカードのやり取りを続け、
19歳の時には3ヶ月のアメリカ生活を満喫しました。

ホストシスターの結婚式、自分の新婚旅行と何度か会いに行っているうちに
子供が産まれ、また一人増え、アメリカ旅行の試しに勢いで決めたオーストラリア旅行、
翌年の旦那の会社の海外社員旅行、旅行続きの散財で、
行きたい気持ちとはうらはらに、行ける状況ではなくなってしまいました。

1999年に必ず行くね!という約束も果たせず、3人目を妊娠してしまい、チャンスを逃す事に。

2000年のクリスマス。
恒例のホストからのクリスマスカードには「いつ来れる?」の言葉が。
3人の子供の母親になった時、「親」という責任をものすご〜く感じ、
子供にとって長時間のフライト、安全、時差、食事、言葉・・・・。
いろいろな問題が責任となって自分に重くのしかかり、“行きたい”気持ちを押し静める事に。
ホストには「少し考えたい」と、今の気持ちを伝えましたが、気分は“行かない”に大いに傾いていました。

年が明け、2001年、冬。
来年は長男が小学校か〜と、考えた時、ふと、
学校があるから平日出掛けられるのも今年が最後か〜・・な〜んて考えたら、
ありゃ、子供のパスポートが切れるのは・・・2002年12月・・・。
来年は学校で、休めなくなるから〜って事は今年が最後?!
今年行かなきゃダメじゃん!!
「親」の責任はどこへやら・・・。即、旦那に相談、「行くとしたら〜9月か〜」う〜いい感触♪
3人目も9月なら10ヶ月になってるし、2番目が9ヶ月の時にオーストラリアにも行ってるから大丈夫でしょう!
よ〜し決定! 今年が最後?!アメリカ旅行行ってやる〜!

かくして、家族5人のアメリカテーマパーク三昧&ホストファミリー再開の旅の計画は大きく動き出しました。

この後、まさか歴史を動かす大事件に遭遇してしまうとは夢にも思わなかったよね。

文字ばっかだから、覚悟してね〜。画像も付くし、重いよ〜。





はじめに 準備&手配 9月4日 9月5日 9月6日 9月7日 9月8日 9月9日 9月10日
9月11日 9月12日 9月13日 9月14日 9月15日 9月16.17日 旅行のあと