カンボジアの現代アンネ 

皆様はじめまして、こんにちは。
私は、カンボジア出身の久郷ポンナレットと申します。
もちろん久郷は、日本人である夫の名字です。
まずはじめに、私の簡単なプロフィールをご紹介させていただきます。

久郷 ポンナレット
1964年 カンボジア・プノンペンに生まれる。

1975年 ポル・ポトによる暴政開始。
 両親、きょうだい4人を失い、自らも苛酷な強制労働に従事させられ、
 死の瀬戸際で一命を取りとめる。

1979年 ポル・ポト政権崩壊。混乱の中、タイに脱出。

1980年 留学中の姉セタリンを頼って来日。
 その後苦学して小学校・中学校を卒業。

1988年 日本人男性と結婚。
 日本国籍取得。

2004年3月 湘南高校通信制を卒業。                                   

現在、平塚市に在住し、在日カンボジア人子女の教育援助や講演などを行っています。
これからは、少しずつではありますがさまざまなテーマを取り上げていきたい、と思っております。

たとえば、私が書いた『虹色の空』や『19歳の小学生』の内容をご紹介したり
「戦争体験」・「大虐殺を生き延びて・・・」「難民」「差別・偏見」「国際結婚」などを
率直な気持ちで、皆さんに語りかけていきたいと思います。


著書紹介:
2001年4月30日 春秋社「色のない空」(絶版)

2008年4月 「虹色の空」(カンボジア語版) The "Rainbow Sky" of the Khmer language

2009年4月 "RAINBOW SKY SURFACE" (English)

2009年5月30日 春秋社「虹色の空」<カンボジア虐殺>を越えて1975-2009

2015年11月19日 メディアイランド「19歳の小学生」(児童書)





(写真)2004年12月吉日 久郷ポンナレット、自宅にて