AOMETA-chan
            TOPICS

   ● THIN LINE HUM   ● END ROX

   ● TBX TONE CONTROL

  ・・・ジャンクのエレキにシンラインのハムを載っけてみたら、おっと、使える・・・


  青メタちゃん。ワテの愛車と同じ、8M6ってな品番の塗料で着色しております。今書いてて思ったけど、
  黒塗りネックにクルマ塗料でボディ塗装って、B・ギルスみたいやんけ〜(カレのはZのレッドらしい)。
  ちなみに黒色ネックは元々です。

  今では子沢山となったヘッドレスギターもこのエレキをセコハンで手に入れた当時はまだ一つとなく、
  携帯用に1本は作りたかったので、本来コイツはソレ用のベースとするハズでした。ところが弾いて
  みるとけっこう音がいい。ネックにも色塗りたくってあるし、ま定価5万前後の入門用エレキだろうから
  (ちなみにメイカーはフェル)音に関してはハナから期待してないというか意識になかったんだけど、
  そのギャップもあってちっと驚いちまいました。どの価格帯にもアタリってのはあるとはいえ、この
  クラス、っていうかハシゴ一軒の呑み代くらいでこういうの手に入るとニヤけます。

  というワケでヘッドレスギター用のドナー回避、首チョンパの刑を危うくも免れ、一転メインギターの
  座に就くというシンデレラちゃん。ただ、メインにするならばツルシのミテクレじゃツマランということで、
  どのみちメス入れちゃうんですけど。で、ヘッドはストラトとミュージックマンの合いの子みたいな
  シェイプにし、アタマ小さくなった分、ボディもツノ少々切り落としバランス取りと。それにあんま尖り
  過ぎのホーン、個人的には好きじゃないし。ストラトとムスタングの間くらいのカンジでねと。

  それから下方の画像でお解りになるかと思いますが、本来このエレキ、裏ザグリのピックガード
  (以下PG)レスモデル。なのでこの白いPGはお手製っす。ストラトのPGは電装ASSYの台座の
  役割も兼ね、尚且つ強烈なデザイン・アクセントとともなっているワケだけど(天才やね)、だから
  オラのはPGのみの役目ってか、まあその機能面よりはルックス面を欲してとっ付けたようなモン
  です。だもんでPU吊り下げのスクリューが見当らないのは、ボディ直留めだからナリ。

  けどPGには、ポッド固定の為のワッシャー・ナット避けるホール設けたり、レバーSWの留め
  スクリューもPG下に埋設したので、よってPGは留めネジとVOL等のノブ外せば簡単に着脱
  出来るし、なのでPUの高低調整もそれで可能なのよん。

  トレモロは例によってENDROX加工、スタッドスクリューは4本で留めてみました。昔は粗悪な
  シンクロTrのコピーよくあって、戻り悪くイラっとするのも多かったけど、今国産パーツで出回って
  いるのモノなら、6本留めでも調整次第で2本スタッドのモノとゼンゼン変わらなく使えますな。
  ベックや冒頭に名を出したB・ギルスのような、あのビョンビョン音も問題なく出来るし。道具の
  せいにしてたコ出会ったなかにいたけど、要はイジリ方次第よ。

  って偉そうにいうワリには、トレモロ・スプリング2本斜め掛け2本ストレートのあまりに整合感ない
  ミテクレ。別段ソコに調整のキモが潜んでるってなことでもなく、さりとて理由がまったくないワケ
  でもないんだけど、ま大したことじゃありません。これによって使い勝手や調律の安定性が損なわ
  れることも特別なかったので、そのまんまってなカンジです。そういえば他のヤツらのも仕様一定
  じゃなくて、スプリング本数も2本から3、4、5本とすべて揃ってるし、その掛け方も様々。まあ
  掛け方はともかく本数は、スケールによる弦のテンションの差異とかザグリのスペース(バネの
  伸縮方向のね)によってとか、ギターのキャラを考えてとかで各々の仕様なんだけど、なんか
  日和見なワガ人間性がソコに表れているようでヤだなぁ。

  さて、最後にリアに載っけたシンラインのハム(正式名称ってあるんかいな?)。なにせデカイんで
  互換性効かず、あんまリプレイスで使っている人みたことないけど、ヨイよコレ。ワテ、リアには
  パワー欲しいんで、ついついハム載っけるもそれをヘビーに思うこともあるので、その折衷案と
  して出力を(音色の為でもあるけど)シリーズ、パラレル、タップの3点切り替えにするミニSW
  搭載、ってのは他の多くのマイ・エレキの多くにある通り。

  けど、コイツはやはり出がフェンダーってカンジの音で、ガタイがデカイ割に出力轟音じゃないし、
  音は太くなってるけどトレブリーさもあるし、シングルとハムのあいだってか(もちろんノイズは
  キャンセルよハムなんだし)、乱暴にいうとキモチ出力高めの(リプレイス用)ハムの、パラレル
  配線の音質・音圧、みたいなカンジ。なので音の落としドコロとしてオラに丁度よく、これなら
  操作性や配線煩雑にせずともイケるぜってトコなのです(オマケにトーンにはTBX載っけてる
  んで、それによって更なる高域強調も可なのよん。バラパーツしこしこ組んだ甲斐あったぜ)。

  てなワケでダンカンさんディマジオさん、色々なPU、ギブソン・ハムのサイズに仕立てて製品
  されてますが、ナ〜ニかお忘れぢゃあ〜りませんか?求要製品化!もちろんルックスは、この
  シルバーカバーに点対称6本ボールピースでねっ!(注:HP立ち上げる前に気付いたけど、
  ダンカンのカスタムショップならオーダー可で、モノも既にあるのね。でもソコまでしては・・・。
  レギュラーで出してっ)


TOP


    ※注釈をふたつばかし。シンラインのハムはパラレル結線されているワケではないので誤解のなきよう。なので前述の例えに
     納得いかん御仁もおられるかとは思いますが、まパラレルの方が高域強調されるってことで・・・。で、トレブリーってこと
     なんだけど、それは開発当初よりの狙いで、ギブソン等のものよかソコを強調した音作りをし、よりフェンダーらしいハムを
     目指したとのことらしいっす(出典ギタマガ/シンライン特集)。
   
     
     また、そのルックスから、ダンカンの同じく点対称型のボールピース(以下BP)やバーを持つシングルサイズPU、ダック
     バッカー等をシンライン・ハムと同構造だと語っていたブログみたけど、ソレって違うんでない?ま実際それらをオラ手に
     取ってないけど、4芯でもタップ配線で使えないトコみると、中身はプレベのPUと考え方を同じくするスプリット・コイルを
     単体に納めたようなモノであり、こなたシンラインのハムは、確かに表からじゃ6本しかBP露出してないけど、裏側から
     みれば表側とは対の部分にしっかり6本あり、よってトータル12本、で、その点ではノーマル構造のハムだかんねっ。
     ただしギブソン系と違い、BP自体に着磁する方法・構造においては、フェンダー・シングルPUの作りにやっぱ近いね!