CANABUN
               《TOPICS》
        
         ストラトとLPJrの折衷、合いの子的なセンを狙って
         作ってみました〜。ウリはゴッツうっすいボディの
         コンター部分と、クリアグリーン&同じくグリーンの
         パールパウダー調合して塗ったキャンディ塗装。
      
         ボディの形状とその色も相まって、まさにカナブン
         でしょ(w)

 
  

     ・・・ま、既製ボディ&ネック流用の、お手軽モデルですが・・・   
  
  
     オッサンでもイチオ〜
知っている、カナブーンなる若人の
     バンドが居ることを(いや齢が幾つくらいかさえよく知らん
     のだけど、ともあれその存在だけは)。

     で、コレ作ってる最中にそれを知り、慌てて名前のスペルを
     チェンジ。完成する前でヨカッタ(w) もっとも、彼らの名は
     ケツがBOONなのでカブることもなかったのだけど、ともあれ
     コッチはアタマをCに。なので正式呼称キャナブンで〜す。

     と、そんな話を冒頭でカマす程、このギターは特に取り立てて
     書き記すこともナイ。上のトピックス欄に記載した様に、ボディ
     コンター部の薄さと、あとは塗装がウリっす。

     まぁコマイこと記せば、PUのコイル切り替えにミニトグルSWを
     ボディ深くに埋め込んで、ムスタングのスライドSW的に配置
     したんだけど、これが実に使い易い。オマケに小さくて殆ど
     目立たないのも、非常に有り難い。

     というのは、LPJr的な1PUの(2PUモノもあるけどね)潔く漢
     らしいギターのノリ狙ってるのに、コイル切り替えの姑息な
     SWなど憚られ(ヲタッキー臭が漂ってまう・・・)、とはいえ
     付けたいものは付けたく、よって忍んでコッソリってな具合。

     その他そんなLPJrの無骨で男っぽいトコを、ボディ形状、
     3対3ペグのトラッド・ヘッド&ミディアム・スケールの
     ギブソン尺ネックでオマージュ、コンター加工にトレモロ・
     ブリッジ、デチャッタブル・ジョイント等はストラトからの
     派生ってカンジで、そんな折衷カマして作った1本です。
     あ、そうそう仕上げに(ミュージックマンの)スティングレイ・
     ライクな(或いはタルボかw)丸いデザインに仕上げた
     ピックガードも載っけて、キュートに仕上げました〜。

     ボディ小さいし、これでもかってくらいコンターってるし、
     PUキャビティは1ハムなのにザックリ空けてあるんで、
     とどのつまりはゴッツ軽い。男っぽいギター路線を狙う
     つもりが、実は女のコにより適合するモデルかも?

     と、デザインや仕様はむしろフェミった感が否めなくも
     ないのは遺憾なれど、まぁLPJrに倣ったシンプルな
     機構と、色味やカタチ的にはソレナリ気に入ってま〜す。




  リア1PUのみ、よってその前側はのっぺらで殺風景になっちまうんで、
  カナブンを模したサウンド・ホールを与えてみました。ってもホロウ・
  ボディではないけれど、ピックガード下はガッツリとザグってチャンバー
  加工してあるんで、この様なホールもどきに見えるワケです。

  パンチング・メタルのアルミ板貼ってあるのは、カナブン・マークが
  バキッと壊れない為なのだけど、そのせいでよくスピーカー内臓?
  って訊かれますw(LVギターもそうだったな〜)。

  ちなみにこのカナブン模様、モロ虫っぽくはさせずにマーク然とした
  形状にしようと、当初は真円に加工したものの、ドラえもんの鈴
  みたいというか、あんまカッコよくなくカナブンにも見えないので、
  四苦八苦削り増してどうにかムリクリご覧のカタチに持っていった
  カンジです。だもんで実は気に入ってな〜い(ヘッドの方のカナブン・
  マークの方が良作)。出来れば作り直したいトコだが、もうメンドい(w)

  1コのみのPUは、そもそもがLPJrライクなセン狙いなんで、P90に
  何かしらの関連性があるヤツがいいと思い、ダンカンのP-railを
  奢ってみました。2つ目。結構好きなPUっす。ほんでポッドも1VOL
  のみの仕様で本家よか更に潔しっ(まぁミニSWは付けたけど…)。

  
  画像ほぼ中央にあるのが、スライドSWの如くに見える、しかしその
  実ミニ・トグルSW。落とし込んで埋めるように設置してあるんで、
  そのアタマがチョコンとしか出てないワケです。

  この画像でこそアップで撮ってあるんでソレナリSW認識出来るけど、
  このページ冒頭のギター全体像のショットをご覧なまし。注視しな
  きゃ殆ど気付かない大きさでしょ。そんな極小だと、操作性の方が
  悪くなっちゃうんじゃない?と訝る御仁、さぁお立会い。

  ムスタングやジャガー/ジャズマスに使われるスライドSW、イジった
  ことある人は解るだろけど、その操作は平行移動なんで、結構意識
  注いで一定方向に動かし操作するカンジ。こなたトグルSWは扇型
  移動的な動き、しかもミニSWでタッチも軽いんで、よってSW操作を
  多少乱雑に行おうがしっかりSWはパチパチと動いてくれるのですよ。
  ピックではじいても、小指でも、手の平でも、何でもOK。これしか
  先っちょが出ていなくても、抜群の操作性よっ。とはいえ逆に演奏中、
  誤操作させてしまうこともまずナシ。そこら辺のアンバイ考えて、
  SWの高さや配置場所考慮しましたがなっ。

  
  そんなゴキゲンな操作性の落とし込みミニSWなのだけど、実は
  結構な段階までドコに付けるか決め切れず、アイデアは3つ4つ
  あったものの、どれも虻蜂取らずに思え、遂には塗装を先に行う
  始末…。結局、そのうちのアイデアの1つのコレに定め、ようやく
  作業に、というショットでおます。だもんで木の肌がSW回りだけ
  肌蹴てるワケっす。

  SW固定にステイを設けたのは、ソレナリ激しい力が加わっても
  耐性を保つ為と、ナットでの(SWの)高さ調整を容易にする為。
  そのお陰でピックガードからカオ出すSW先端部分の長さの
  設定はラクショーでした。

  ちなみにこのミニSWは2回路3接点、6PのON‐ON‐ON。
  つまりは2接点の単純なタップSWでなく、Aコイル⇔シリーズ
  ⇔Bコイルの3パターンでもなく、パラレル⇔シングル⇔シリーズ
  切り替えをチョイスしたということが、ワイヤリング・ヲタの方なら
  たちどころに解るでしょう(?) その音のカンジはって? 上の
  画像にはPU写ってないし、よって別項に譲ります(w)


  トレモロは、この元ボディ(のギター)に搭載されていたユニット
  ではなく、他のジャンク・ギターからブン取ってきたモノ。だもんで
  スタッド・ボルトやそのアンカーは新たに設置。そういう地味な
  調整作業重ねないと、ニコイチ/サンコイチ・ギターなんてそうそう
  真っ当なシロモノにはならん…。

  特にコイツは、ネックポケットをかなり後ろにズラして再構築して
  あるんで、オクターブ合わせの為の前後方向の調整も込みで
  再設定したカンジ。

  また上画像の、アーム横の黒い丸ポチにはイモネジが納まって
  おり、アーム回転のトルク調整を行う為に加工したものです。
  よくある機構だけど、おのが自ら付けちゃうトコがヲタクでしょ(w)


  ペグは、左画像のトレモロが載ってたジャンク・ギターから同じく
  ブン取ってきたモノ。マグナム・ロック。だもんで他のワシャの
  ギターなら大抵、弦のボールエンドがペグ側にあるんだけど
  (んでトレモロの方に加工施しそちらに固着させる)、これは
  ロック・ペグの恩恵に預かってるんで、ご覧のようにヒゲもじゃら〜。

  ヘッド形状は、ワシャがペグ3対3モノを作るときのお約束な、
  先割れスプーンというか悪魔の杖の柄的なシルエットを今回も。
  あんま3対3ヘッドのギターはコサエないんだけど、それでも
  このヘッド加工したの、4本目かな。

  トラスロッド・カバーも、いつもと同じく将棋の駒(?)型っす。
  で、カナブンなんで、ゴハンのスイカ(シール)貼っときました〜。

  
  上項の記載で、ネックポケットをズラして再設定したと記した
  んで、その証左となる画像をば。新たに設置したスクリュー孔
  加工の、その間にある埋め木痕が、元の(後ろ側の)スクリュー
  位置。こう見ると全体の半分近くズラしてることが解りまっしゃろ。

  加えて、元々はフェンダー式のジョイント・プレート用いていた
  ボディだったものの、ソレはポイしてご覧のようにまんまる〜な
  ポケット裏側部に成形。これならハイフレの演奏性もゴキゲン
  でんがな!


  かたやネックの方の加工とはいえば、ヘッド形状の加工以外、
  あんま手を掛けるトコがないのだけど、それではツマンない
  ので、そうだっ、ツマンないといえばどいつもこいつもおんなじ
  ようなドット・ポジには辟易だったんで、ソコを少々イジリの
  対象とし、アクリルの丸棒をドットのど真ん中に埋め込んで
  みました。

  う〜ん、なかなかにカッコいい…。まるでLED的に光っている
  感さえ醸し出し…。他のギターにもやりたくなっちゃうの〜。
  ちなみにボディ色にコーデで、緑のアクリルっす(w)


  既製品ボディ&ネック改造のお手軽作なれど、以前より
  試してみたかったスーパー・コンター加工が今木工の
  目玉っす。エルボーコンターとバックコンターを可能な
  限りすり寄らせ(といっても節度は保たんと耐久性が…)、
  薄板が湾曲しているかのような、というか、帯がはため
  いているかの造形目指し成形しました〜。

  もちろんそれは身体へのよりよいフィット感を目指した
  (というテイでのカッコつけデザインw)ってのが主たる
  ものの、もうイッコ、音響面でも思うトコあってトライして
  みたカンジ。果たして、それが効果を発揮したのかは
  定かではないけど、こんなコンパクトでしかもザグリ多く
  ド軽量、とどめにバスウッド材のボディときたら、音ヌケ
  倒してスカスカになってまう…、みたいな杞憂が回避
  出来、極めてフツーに鳴ってくれました。そんな音出し
  寸評は最後に〜。


  他の画像でもそうだけど、上画像のボディ・エッジの輝き、なんか
   奥からヌラっとくるような光沢で、フツーのメタリックとはちょっと
   違うなぁ感じたら、貴殿貴女はスバラシイ。

  これは、いわゆるキャンディ・カラー(ペイント)で、フツーのメタが
  その塗料内に金属感を出す物質が混入されているのに対し、
  キャンディはその下地をシルバー(やその他の金属色やホワイト)
  等でまずは下地色を塗り、その上から透過性のある、俗に言う
  クリヤーレッドやらオレンジ(プラモでウインカーやバックランプに
  塗るヤツw)ってな商品名の塗料を、下地色が透けるように塗装
  するテクなのでおます。なので、ただのメタとは二味以上にも違う、
  深みのある輝きと色味になるのでごわす。

  更にはワシャは、冒頭記したようにクリアーグリーンのなかに
  緑のパールパウダーも混入し噴いたので、その輝きったら
  更に妖しいカンジに仕上がっているのざます〜。



  そんなこってカッチョいい色味に仕上げる為には、手間も
  惜しまんぜよ〜ってことで、トップコートしたら隠れちまう、
  銀色塗装も地味にしっかり噴きましたがね。

  ちなみに昨今ノッてて世間の評価も高いマツダのクルマの、
  そのメインというか、テーマ・カラー的なあの赤メタ(って
  言うと強く否定されそ〜。確かプレミアム・スーパーレッド
  パールとかいう名だった筈。いや、なんか多いかもw)、
  あれもパールとは付くものの、実質ほぼほぼキャンディ
  みたいな塗装に思うのだけど。フツーのパール塗装よか
  コート数(塗り重ね数)が多いとのことで、下地色をかなり
  透過させる塗装になってるみたい。確かにウリ文句の
  通りに光の当たり方で、大分輝き方違って見えるし。

  イチバン思うのが、カープのメット。多分同じ色で塗られて
  いると踏んでるんだけど、ナイターのカクテル・ライト浴びると
  キレイだもんね〜(ベイがニアな塗装で青キャンディにした
  のには笑った。いや悪く言ってるんじゃなくて、微笑ましいw)。
  
  けど、キレイな花にはトゲがある、というか美しいものを得る
  にはそれなりの代償を払わなきゃいけないこと多々で、塗装
  オプション代も高いけど、事故ったときの補修も塗装工泣かせ
  なんじゃないかと思います。そう邪推する理由は右項に〜。

  ほんでもってシルバー噴き終わったら、いよいよド緊張の
  本丸塗装、(色味付きの)クリア塗装。ま、その後、無色
  透明のホントのクリアを最終仕上げのトップコートとして
  塗るワケだけど、そっちは塗装中ゴミ付着しないかだとか
  タレず均一に噴けるだかとかいう心配がメインで、よしんば
  それを多少ヘタここうがリカバリーなど容易いのだけど、
  しかし色味付きクリアでは、そうはいかぬ…。

  全神経を注ぎ均一に噴かぬと、それはたちどころに結果と
  して現れ、「コッチ濃くね?ソッチ薄くね?」という悲惨さが
  待ち受けちょるのだ。だもんでタレなど言語道断っ。ツーっと
  塗料がタマになって流れちまったら、流れ星の残像の如くに
  一すじのラインが…。

  耐水ペーパーで剥ぎ、再度塗り直そうと思っても、ソコだけ
  噴いちゃあソコだけどんどん色味濃くなっていく地獄絵図。
  とどのつまりは最初っからやり直しの恐ろしいペイントなのだっ。
  だからベタ塗りのなかでは、もっとも難易度の高い塗装法と
  して知られてて、ワシャがビビるのも無理からぬっしょ。

  上画像は、そんな恐怖を乗り越え、無事塗りミスもなく
  仕上げたトコ。が…、そんな安堵感に包まれることはなく、
  「なんか、もうチョイ濃い色の方がカッコよくね…?」。
  再び戦場の最前線へと舞い戻るのであった…(w)


  とまぁ、一回クリア・グリーンを噴いたものの、色味薄くて気に
  入らず、再度の重ね塗りと相成ったワケだけど、ここで注意
  しなくてはならないのは、あんま塗り過ぎると今度は下地色の
  シルバーを完全に覆ってしまい、結果ただのツブシの緑色
  仕上げになってまうこと。

  だもんで一回目はアンパイな、淡い色合い止まりになって
  しまった部分もあり、よって二度目は覚悟を決めて噴きました
  がな。チキン・レースのように、まだイケる、もうチョイ行け、
  まだ止まるトコじゃないと、ビビるココロと戦いつつ、任意の
  色味にまで持っていったカンジです(w)

  そしたらば暗がりで見ると、「アレ、やっちまったんじゃね?
  塗り潰しちまった…(汗)」みたいな恐怖を感じるもライト
  当てたらご覧の通り、ちゃんと下地のシルバーがうっすら
  透け、得も言われぬ輝きのキャンディ・ペイントに仕上がって
  たんで、ここでようやく安堵し溜飲下がりました〜。

  ちなみに上画像はトップコートのクリアも塗り終え磨きも
  掛けた最終形。ちなみにボディに乗っているのは贈答用
  作製のエロ・女体ストラト型ライター(ホルダー)。贈り物
  なんで磨きに磨き倒したら、キャンディ塗装以上に輝い
  ちまってますが(w)、それはともあれ緑色に黄色は
  映えると思いませんか?そんな色味の相性も鑑みて、
  金属パーツは(黄)金色をチョイスしたワケで〜す。


  パーツも組み込み終わり無事完成した後、お約束でまぁ
  写真バシャバシャ撮りますわなぁ。今回は更に興が
  乗り、表に(外に)まで出て撮影しちまった(w) という
  のも、太陽光線下でワシャのキャンディ塗装はどないな
  輝きを放つんかいのぅ〜、って興味からです。

  そんな一枚が上画像で、ボディ裏ってのがナンだけど
  (まぁ裏側もご紹介しておかなければ)、室内ではライト
  当てた撮影でも、割としっかり濃い目にミドリミドリして
  いるけど、太陽光下では色彩が薄めになってエメラルド
  色っぽい色味に映りまんな〜。う〜ん、これはこれで
  悪くない(w) こうやって光の当て加減で見え方が
  変わるのがキャンディ・ペイントの嬉し楽しいトコですな。
  
  う〜ん…、太陽光下では見事に下地のシルバーが透け
  出るカンジで、これぞ正に正真正銘のキャンディ・ペイント
  (大いなるジマンw)。手間掛け神経削り塗った甲斐が
  あったってモンです。

  その他、折角ボディ裏の画像なんで、バックコンターの
  エグレ具合を見ておくんなまし。トレモロspキャビティの
  すぐ傍にまで及んでまっしゃろ。そんで、元ボディが
  ピックガード・レスの電装キャビティ・裏ザグリ、PUの
  ザグリも大きく取り、その上ボディはコンパクトで見事に
  体積少量…。その出音を不安に思うのも無理からぬっしょ!


  最終工程ともいえる塗装の話を記した後に、再び木工
  工程の画像貼るなぞ気が触れているかのようだけど(w)、
  まぁ余興で。

  今回はボディをとにかく削り倒すということで、ボディの
  サイド・エッジのRもかなり大きめの、緩やかな造形を
  目指しました(そんな風にどこもかしこも削りまくった
  結果、ワシャ作製のホロウボディ・ギターの面々より
  軽い位。多分2.5〜2.7kg辺り)。

  ただ、そんな大きなRを削るトリマー・ビットなんて持って
  ないんで、ボディに鉛筆で等高線的なラインを描き、
  それに従い削り進め任意のRにまで持っていくという、
  チョー地味で手間な、アナログ工程採りました(w)

  あとネック・ポケット。このボディの元々には、ロング尺
  ネックが付いてたものの、ミディアム尺ネックを移植する
  為、ご覧のように本来フロントPUが付いていた位置に
  までポケットが後ずさりしてま〜す。埋め木の跡で
  それが解りまっしゃろ。ポッドやスライドSW孔とかも
  埋めたりして、既製品利用でも結構手間掛かるのよ〜。

 
  そんな地味な加工作業を終え、ボディ成形終了したらば
  いよいよ最終、塗装へと移るワケですが、イキナリ色塗る
  アホおらず、下地を整えるのがお約束。との粉で目止め、
  シーラー噴き、今回はその後に銀色・クリアグリーン・
  クリアと、まぁなんと効率悪くメンドイ工作ざんしょ。

  上画像は、そんなシーラー噴き後のショットなんだけど、
  ワシャは多くの場合本塗装には2液ウレタン噴くんで、
  よってシーラーもウレタンを使うことが多いものの、場合に
  よっちゃラッカーでいくこともありま〜す。今回もラッカー
  系のサンディング・シーラー使用。

  理由は、安く済むし2液混合しなくてもいいんでラク、とか
  そういう手抜き的な部分もあるけど(w)、なんか木肌チョク
  には、ラッカーの方がヨサゲに思うことも多々あり、ケースで
  使い分けてます(シーラーのダブル・コートとかもタマにやる)。

  但し系の違う塗料の重ね塗りは悲劇の元で、相性悪けりゃ
  悲惨な末路が待っており、だもんでコレ鵜呑みにしてマネ
  しないように。する場合は自己責任で。ワシャも過去さんざ
  胃が捩じ切れるような辛酸舐めまくりました(w)


  更に遡り、これが元々のボディのお姿。とはいえ既にその
  外周は現完成形に近い造形にまで削っちゃってありますが。
  
  ただ、まだこの段階ではポケット位置が素のままなんで、
  こう見ると長〜いギターにも見えるし、首の据わりも赤ちゃん
  みたく心許なく悪そうですな(w)

  そうそう、この画像を見て思い出しましたが、そうそうコレは
  フェルナンデス製のボディだったんだっけ。大昔流行った
  (今もあるのかな?)フィルム貼りナンチャッテ杢目仕様の
  ボディを使ったのか〜。ちなみに自分で買ったか(それなら
  1本3000円以上は出しませんw)、貰いモンか(姨捨山
  みたいに集まってくるw)、そちらは全く思い出せません(w)

  けど、こう見ると前の持ち主さんは、カッコいいトコにカッコ
  いいステッカー貼ってありまんな(w)


  こちらはネック。使用したのは奥の方ね。ヘッドにナニやら
  被さっているけど、それは木をカツオ節的スライスというか、
  それじゃ薄過ぎの表現だな、もとい大根の桂剥きくらいに
  スライスしてある突き板、化粧板で、それを貼り付け、この後
  ヘッド形状に合わせ整形していくのであります。ちなみに
  いい塩梅の茶色になってるけどそれは元色ではなく、オイル・
  スティンで着色加工したものです。

  ちなみにネックの出自は、モッキン(ってよりはヒデ・モデル
  すか)・コピーもののヤツなんだけど、フェル製でなくもっと
  名もないメーカーのもの。ブランド名も覚えてません(w)
  また24フレ仕様だったんで、ワシャの誕生日に合わせて
  23フレにする、なんて芸コマもやってま〜す(3本目〜w)。

  隣りに写るネックも、Saltyブランド(w)のヘッド形状には
  加工したものの、今回コンペに敗れ落選〜。

出音の印象〜(主にPUに対しての諸々) 総合的な出音の印象〜

  前述し、また画像でもその特徴的な外観からお解りのように、
  搭載したのはダンカンのP‐railでワシャ的には2つ目。って
  ことはまぁキライじゃないPUってことですな。

  これも前記したように、LPJrのエッセンスをまぶしてコサえた
  ギターなもんで、PUにもP90に関連性のあるものをチョイス、
  ということから選んだんだけど、実は音的にはそんなにモロ
  P90的でもないのです。

  イッパツ目に付けたのは、ストラト・シェイプで龍の刺青ホロウ・
  ボディ、ケイブ・ドラゴンちゃんなんだけど、ソッチに搭載しての
  印象はP90を表すワードとは真逆の、結構ドンシャリなサウンドで、
  特にシリーズ配線、いわゆる(素の)ハム配線でそれが顕著。
  P90の外観を模したであろうブリッジ側のコイル単体での、
  シングル出音では、まぁご本家を連想させる骨っぽいカンジは
  出るも、しかしオリジナルよりトレブルが大分強い印象。

  そう記すと、「なんだ〜、いいカンジにはイマイチ模倣出来て
  ないPUなのかぁ…」ってな、ネガティブな印象に捉えられそう
  だけど(ご本家みたくマホ・ボディ&ネックのギターに載せた
  場合はまた違ったアウトプットや印象になるのかも知れない、
  って注釈付きでヨロシク)、しかしワシャ的には、そんな諸々が
  逆に自分には丁度いいアンバイの出音に思え、よってキライ
  じゃないのです。

  そのP90的なコイルの方のシングル音は、フェンダー(シングル)
  PUとの折衷的なセンと思えば大いにアリだし、シリーズでの
  ドンシャリは歪ませたときに(ミーハーだけど)やはり気持ちよく、
  更にはパラレル配線ではそのドンシャリ感を抑えた、シングル音
  との中間音で、その3つがバッチリ実戦的に『使える音』てな
  私感なんで、気に入っとるワケなんですな。

  更にはダメ押しで、その3つの音量差が少ないことも非常に
  美点に感じ、いわゆるフツーのハムをタップしたときは中々
  そうはいかずにシングル音弱くなる、ってのが常だけど、
  その点でもP‐railは完成度高いPUかなと。まぁあんだけ
  エラソーに大きな面積取ってるコイルだし(けどその分
  タッパは低いんで、その点でもP90的な仕様になっとる
  のですな)、ソレナリ大きな音で鳴ってもらわんと(w)

  従い、コレを搭載するなら3接点SWも必須と個人的には
  大いに思い、今回も(ルックス的には付けたくなくも、機能
  としては絶対的に欲しいので)よってコッソリと落とし込みの
  ミニSW付けたワケで〜す。
  
  あと蛇足ですが、P90型コイルの大きな図体のワリを食って、
  非常に不憫な面積しか与えていないバーPUコイルの方は
  (話ではそちら単体での音はフェンダー・シングル的、ってな
  触れ込みあるも)、主観的にはどうもその余りな小ささから、
  あくまでハムキャンセルの為のコイルって感が強くして
  しまい、音量・音質的にあんまいいとも思えないんで、
  ソッチは未だ2コとも出音試してませ〜ん(w) 

  更にオマケ記載。マニアな御仁は画像見てお気付きに
  なられているかも知れないけど、そのP‐railの搭載位置、
  パッと見、その仕様を表せばリアハム・1PUってことに
  なるだろけど、実は一般的なリア搭載位置よりも結構
  前寄りに載せてます。

  ストラト的に推測すると、PU半個分もいかない、ホンの
  チョイじゃない?みたいなトコだけど、記したようにコレ
  にはミディアム・スケールのネックをコンバートしたんで、
  視覚以上に、実質的には前のめりになっとるのです。

  なんでって?ミタメ的にピックガードのイチバン膨らんで
  いるトコに持ってくるのがデザイン的に収まりいい、ってな
  ヤラしい理由と(w)、1PUでもツブシが利く音色に持って
  いこう、更には個人的にストラトのリアはトレブルがキツイ
  感あるんで、シングル・コイルでの出音もしたいコイツは、
  少し搭載位置を前に持っていき、高域を抑えようってな
  算段からで〜す。

  
   前段で何度か記したこのキャナブンちゃんのボディ、
   おさらいすれば、そもそもがコンパクトなサイズで
   あるのに、コンター加工を裏表ガッツリと施し、ボディ・
   エッジのRもストラト以上につけ、1PUなのにPU
   キャビティ空けまくり(俗にチャンバー加工とか言う
   ヤツですな)、おまけに元ギターはピックガード・レス
   仕様なんで裏ザグリの電装キャビティがハナから付いて
   おり、だもんでもうその残りの木材部っていうか質量は
   凄まじく少量、ホロウ・ボディをも凌駕する程に…。

   しかもオマケに、材も軽量さがウリのバスウッド、お陰で
   肩こりとは無縁のエレキにはなったものの(w)、そんな
   構成では全くといっていいほど、その音には期待など
   持てないと万人が思うでしょう。バスウッドは音ヌケよく
   鳴るものの木材からくる深みみたいなものには乏しく、
   悪くいえば軽薄な鳴り(良くいえばストレートにPU固有の
   音をアウトプットするってな通評)、そんな材のボディを
   更にスカスカにしてまうなんて…。希望的観測という言葉が
   あるけど、この場合絶望的観測しかありませんな(w)

   モチ、事前からその覚悟は重々あって、その上で多少の
   ラッキーに恵まれ、どうにか『アリ』と思える音の範囲に
   収まってくれればまぁ御の字、みたいに思ってました。
   で、果たしてその出音はというと、杞憂していた悪癖は
   驚くくらいになく、極めてフツーの音。フツーというのは
   凡百なということでも、逆にフツーにイイ音しまっせという
   ジマンでもなく、質量少なくしかもバスウッド材という、全く
   期待を持てないマテリアルのボディからはその音を結び
   付けがたいほど、フツーに鳴ったという意味です。

   その昔は軽いエレキ、ボディ小さいエレキは低音域が
   不足しがちだと定説のように言われまかり通っていた
   気がするけど、ワシャそれに否定的で、オニのように
   重くても、音がデッドで更には低音域も出ておらず、硬い
   音質の高音域がただ強いだけ、みたいなエレキを今まで
   結構触れたけど、それを推察するならきっと、弦振動が
   吸収されちゃうというか鳴り切れないんで、結果そういう
   音になっちゃうんじゃないかな〜、みたいな。

   逆に、今日びすっかりポピュラー化したホロウ・ボディや、
   ド軽量・超薄々ボディのパーカーなんかは、弦振動を
   なるだけボディにヴァイブさせよう、鳴らし切ろうってのが
   狙い目にあり、ワシャ的にもソッチの方がアリなんじゃんと
   思うので、ハナから自作ボディをコサえる場合、ほぼほぼ
   ホロウなワケっす(その他、サウンド・ホールのデザイン&
   工作するのが醍醐味で好きなのと、逆にキライなのは重い
   モノだし。育ちいいんで、箸より重いものはw)。

   ま、勿論、前述した重いギターへの批評は全てに当たる
   ワケじゃないし、過去に触ってそう思ったギターも、アンプ
   その他のセットアップ如何で印象変わったり、また自分の
   好みやセットアップが、ホロウや軽量エレキ向きの傾向に
   あるのかも知れないし、ってな但し書きはしておきま〜す。

   結局、音色の好みは十人十色、よってこれ以上キャナブン
   ちゃんの音の善し悪しの記載は割愛しますが、ともあれ
   フツーに鳴ったと。敢えてひとつ記すなら、コッチに載せた
   P‐railの印象、ドラゴンちゃんよりミドルが出てて、それは
   左記した、一般的なリアの搭載位置より前に出して載せた、
   その効能が大きく作用してくれたのかもっ。

   そんなこって、そういう意味ではドラゴンちゃん搭載の
   P‐railよか、よりP90的というかLPJr的に鳴ってくれ、
   名は体を表す、ならぬ、音は体を表す、というバッチリな
   結果に。ちなみにドラゴンちゃんの音はよりシャープで
   ストラト的なんで、ワシャ天才じゃん(w) 


  

      TOP