IBANEZ DESTROYERU


  イバニーズ・デストロイヤーU。トップ剥離し色塗り替えたコト以外はオリジナルのままなれど、
  なかなかヨロシゲに仕上がっとるので、敢えてツルシのコーナーでなくコッチに持って来ました
  (コマいコトいえば、ポッドノブとアーム・バーは欠品だったので別パーツ取っ付けた)。

  例に違わずコレも中古なんだけど、ナニを思ったのかトップを中途半端にペーパー掛けして
  あった状態のモノを手に入れたの。当然売値は破格さね。コレ元色黒だったんだけど、ワテ
  黒自体は好きなものの、ギターやクルマとかのボディ色だとちょっと二の足ってカンジ。PU
  とかって黒多いし、クルマもグリルやエア・インテークとか黒塗りしてる場合多いじゃん。その
  場合ボディが同色だとメリハリあんま効かなくなるっていう、そういう意味合いにおいてね。

  なのでトップキズだらけでもウェルカムってトコ。木地まで出してシースルーカラーに塗ったろ、
  と思い剥いだらビックリ、およよ当時のカタログにゃトップ材フレイムメイプルって謳ってあった
  ぞ。杢目見当たらず木目しかありまへん。ついでに風格あるブラス・エスカッションも、裏から
  見ればただのプラ、まあモノホンのブラス粉混ぜて吹き付けしてあるようで、よってその錆びれ
  加減はまんま真鍮のカンジだけど、嗚呼、オイラの好きな当時のイバ様が・・・。でもまあ、
  しっかりとした造りの高さに免じて不問に致しマス。

  さて、そのトップはスティンで木目透かしてブルーに染めて、シーラー&クリアー塗ったんだけど、
  そのトップ色とゴールドパーツ、トップ以外のボディ&ネックはオールブラック、その三色のコン
  トラストが個人的にはサイコーにグーなカンジ。冒頭のクルマ繋がりでハナシすると、ワシ免許
  取る前から、車体ブルーでゴールドのホイール(まんま金だとヤラしいからリムは銀で)付けた
  クルマ欲しかったんだけど、未だソレ果たせず。そのうちリジェのF1がその配色に、まあF1だし
  いいかと思ってたらインプ(レッサ)のイメージカラーになってしもうた、ってハナシは蛇足よね。

  さて、そんなこんなで仕上がったコイツ、音はバスウッドのボディ材らしい、そんな深みとか粘り
  はないけどスカっと抜けよく、またPUもミテクレいかにものハイパワーなバータイプが付いて
  いるから、その音を素直にアウト・プットするカンジの、ギターのルックスにしっかり似合った
  ハード・ロックな音出ます(ってもアメちゃん系だね)。ただ、アチコチ尖ってて周りの演者の
  流血も心配だし、コレ持つ気恥ずかしさもあるし、人前での演奏にはなかなかに躊躇します。
  またおウチで弾くのも、フライングVよかゼンゼン据わりがいいとはいえ、こげなエレキを腰
  掛け弾くというのもどうなんざんでしょ?ってカンジで、あんま手に取ることはありまっせん。

  とはいえ、変形エレキのなかでもエクスプローラー型ってけっこう好きで、機会があれば抑えで
  一本欲しいなって思ってたから、ゲットして満足はしとります。けどホントはいっちゃん欲しかった
  のは、レスポールSTDのディテールというかスペックをそのままエクスプローラーにしたヤツ。
  そう、ヘイマーのR・ニールセン・モデルね。

  だけどワシ、花も恥じらうコーコーセーだった80年代半ば頃、その存在知らんくて、とーぜん
  ギブソンから出てると思っとったのよ。そう感違いさせる程上手いコトやったモデルだと思うし、
  当時のトーカイのカタログにゃ、ギブソンのコピーモデルと仲よく並んでそのヘイマー型のコピー
  が同じページに載ってるんだもの。なんたる紛らわしさよ。ワシャそれで本家にもあるんだって
  思い込んだし、実はナニよりそのトーカイのヤツが欲しかったんだけどね。

  だから逆にそういう刷り込みがあるから、今でもギブソンのオリジナルEXって馴染めないんよ。
  単板でトップ材貼ってなくて当然セル巻きもなく、ポジションもディッシュのインレイ見当たらず
  単純なドット、極め付けはボディ形状にマッチしてるとはいいかねるPGのごついルックス・・・
  (チョー個人的によ)。ただデザイン自体はさすが本元、シルエットのバランスもよく、なにより
  ヘッドはボディ形状にうまく合わせたシェイプになっててお見事、ってカンジなんだけどね。

  そんなこって、このデストロイヤーも他人のふんどしでスモー取る、典型的コピーモデルでは
  あるんだけど、EXのデザインを古典とするならば、そこからソレなりオリジナリティ足して充分
  固有感出てるモデルだと思います。構造自体もオラが欲しかったヘイマー或いはトーカイの
  ヤツにより近いし(もっともロックトレモロ載っとるが)、また本家のシェイプに対してソコココに
  加えられたカットが、ちょっと中世ヨーロッパ風でもありコジャレてるし。もっとも音は前述した
  ようにスカッとコーラのようにアメリカン、弾けばけっこうカタルシスあるよ!

  
  (オマケ:ホントはこの世代より前の、STPテイルピースが付いたヤツ欲しかったぜ!)




TOPICS
● SEE−THROUGH 
BLUE


TOP