NAKED‐SPECIAL
虚飾を排した、正にネイキッド・スペシャル♪  
              《TOPICS》 


   ●
 御友人様在するBarband、Nakedkings(ネイキッドキングス、
       裸の王様団ねw)、その名にこれぞ相応しいってカンジの、
       シンプル・イズ・ザ・ベストなギター(ボディ)をオーダーして
       頂きました〜。
      

   ● ご覧の様にフロント/シングル一発&1VOLのみ、の漢の
       仕様w そして某チャラいギタリストの様にダミーのfホールで
       なく、モノホンのサウンド・ホールをボディの対に2つ、そう、
       ホロウ・ボディ構造だす〜。
      
   ●  そのホロウ構造は本家(?)シンライン・テレの様にセンター
       (部分)残しも、その御本家が彫った孔を裏ブタ構造で閉じる
       のに対し(フェンダーって昔はそういう、結構ザックリとした
       思考してたのよね〜、今は懐かしむばかり…)、コチラは
       正調表ブタ、リッチなローズウッドの一枚天板被せてま〜す。
       
      塗装はトップ木地を活かし無着色、バックは白のツブシぢゃ
       ないよ実はうっすら木目が透けてるホワイト・ブロンドなり。
       さり気ない仕上げがオトナの薫り、アダルティ〜。塗料は
       久方振りにラッカー使用。音云々はさて置いて、やっぱ
       柔らかな透明度というか優しい発色はいいやね〜。




   
・・・仕様考究&工作開始もお待たせし、ようやくの日の目・・・   


   懇意にして頂いている御友人様に、今までもチョイチョイと何本かギター
   改造のお手伝いなどさせて貰っていたのだけど、その集大成(?)という
   べきか、ギター丸々、ではないもののオリジナルのボディ形状を具現化
   して欲しいというお達しを、かなり以前より頂戴しておりました。

   概括的にはフェンダーのシンラインの様なホロウ構造を持ったストラト・
   ボディ、というのが決定事項だったものの、そのディテールに関しては
   当然ギターに対し一家言ある御友人様、勿論そのアイデアも豊富で
   あり、当初はシンラインのピックガードを模しつつストラト・ボディに
   あてがったデザインを思案、その草案図面なども頂いて、それも
   問題なくカッチョよい造形だったのだけど…。

   んが、当時ワシャは他のギターをイジってたり本人様も材の選定に
   まで至ってはおらず、そうこうしているうちに刻は過ぎ、あろうことか
   その間にフェンジャパから上記仕様に似たようなエレキがラインナップ
   されてしまい・・・。

   そうなってしまうと、そんな手垢のついてしまったようなデザインの
   ボディをオコすの気が薄れるの当然至極、よってディテール練り直し、
   その間様々なアイデア図やレアなシンライン派生エレキの画像等も
   送って貰い(今では本家USAモノにも結構ホロウ・ボディものが
   製品化されてるし)、そのどれもが味わい深かったものの、しかし
   御本人様的には決定打にはなり得なかったらしく、考究を重ねた
   末に、本ページにあるような電装を極力シンプルにし、虚飾を排した
   玄人御用達、みたいな仕様に決定され、メデタシメデタシと。

   と記すと、fホールあるじゃん装飾じゃん、などと無粋なツッコミを
   お入れになる御仁も居られるやも知れないが、まぁサウンド・
   ホールとしての役割を担っているんだから虚飾装飾ではなく機能
   としての造形だし、何よりバイオリン等から連綿と続く弦楽器に
   必須のアイコンとすれば当然不可欠なディテールと申せましょ〜
   (とはいえ大半のエレキはソリッドボディ故、他の生弦楽器と
   違って本来サウンドホールは不必要だけど、これにはね〜)。

   ちなみにfホール、上記のバイオリンやグレッチ・ギブソンとそれを
   備えるホロウ・ボディや箱モノギターは数多ありますが、一様に
   同形状ではなく、各ブランドや生産時期によってもビミョーに或いは
   大きく異なってたりってのはマニアやヲタク様には言わずもがなって
   トコでしょうが、特にフェンダーのヤツは傍目にもそれが一目瞭然、
   特徴的な形状のfホールでんな。

   その造形を忠実に再現する為、御友人様よりPDFファイルのシンライン
   図面をお送り頂き(オノレで探せってのなw)、それを元手にひとつは
   裏焼きで(というか反転コピーw)、ボディの両脇対にトレペで写し書きし
   (ここら辺はチョーアナログw)、フェンダー正調のfホールを加工致し
   ましたと、そんなカンジです。

   とはいえコチラは量産品でなく一品モノ、増してや人様に献上するモン
   なんで、それはそれは丁寧な仕事を施しましたよ〜。フェンダーの
   カタログでもモノホンでもでもいいですが、それらのfホール付ギターと
   比べておくんなはれ〜。その造形、ワシャの手によるものの方が、
   形状やエッジ処理も断然繊細で華奢とも言えてしまう位に細やか
   でっしゃろ〜。

   何だか自慢モードに突入しつつあるので襟を正し直し、スペック説明に
   ハナシを進めましょうかねw その大元のボディは、ギター用材販売で
   高名なアイチ木工にて御友人様がプチオーダー(というかレスオーダー)
   で注文されたブツ。ホロウ加工前提であるので、ボディバック含む
   トレモロユニット搭載の為のザグリとボディエッジのR加工、の2点を
   オミットし成型して貰ったそうです。

   なんじゃい殆ど加工済み状態からおっ始めただけなのけ〜、と侮蔑
   される御仁の御意見ごもっともw、でもまぁまぁ、この状態からだって
   (後記に詳しいですが)けっこ〜やることおまっせっ。それに今日び
   フェンダーのカスタムショップものだって、ボディ・ネックともに殆ど
   機械切削で粗成型された状態から手を掛けるんだから(とのハナシ)、
   土俵の上がり方は同じぢゃいっ、ってナンのことだが・・・w

   ちなみに材はバスウッド、加工し易くて助かりました。で、トップ材は
   冒頭にも記してあるようにローズウッドの一枚板(ブックマッチの
   2プライ成形だったかな? もう忘れたw)、これもアイチ木工で
   ゲットされたモノだったかな?これも忘れた・・・。もぉジジイになると
   何でもかんでも忘れてしまうのぉ・・・(哀)。

   それらの材でボディを形作り、そこにフェンダーメキシコのネックを
   あてがい、電装はテレ用のレースセンサーをフロントに一発&
   ポッドもVOLの一発のみという、かなり使い手は限定してしまい
   そうなものの、そのイデタチはフェンダーのカタログに載っていても
   違和感ないような、極めて正調な仕上がりになった、のではないかと。

   さてさて、そのようにして仕上がり、いよいよお楽しみの音出し、
   サウンド・チェックしての感想ですが、ワシャが他に作ったホロウ
   タイプのエレキはボディのセンター部分までを中空にした仕様の
   ものが多く、それらに対すれば構造上の差異により生鳴り感は
   弱いものの、(同様にセンター部分にブロックを配した構造の)
   335系セミアコ並には十分な生音のアウトプットは得られて
   ま〜す(本家シンラインは未だ弾いたことないんで、それとの
   比較が出来ないのが残念だす。あっ、同構造のストラト系なら
   何本かあるな〜。しかし既に音の記憶は忘却の彼方・・・涙)。

   ま、生音の鳴りは前口上みたいなモンで、やはりエレキがアンプリ
   ファイアしてからが本分、いつものようにブギーとバッドキャットの
   2つで試し弾き(他にもピービークラシックや今は無きグヤとかの
   国産チューブが数個あるのだけど、昨今横着で・・・)。

   クリーンもふくよかな音で出るしクランチもいいカンジにノる、
   ルックス的には爆歪似合わないけど空洞センター部分残し
   なんで結構なトコなで歪ませてもハウりに強く、また音も
   潰れない。あとよく記すようにオノレの手持ちのギターでは、
   何故かバッドキャットが殆どいい鳴りしないのが多々なんだ
   けど(哀)、これは人様への献上物よってにその呪縛に掛かる
   ことなく、音が残念な感も皆無。・・・と、総てに置いて及第点
   合格点な音のハズなのだが、なんだかしっくり来ない・・・。

   そう感じてしまう、その腑の落ちない理由を探りつつ弾き続けるに、
   もひとつガッツに欠ける音・・・、いやよくよくチェックすれば聴感
   上はそんなことはなく、「何なんだ〜っ」とイラついたのち冷静に
   なれば、思うに音ではなく触感としての弾き応えが弱く、その
   印象に釣られて音も一段弱く感じてしまうような・・・、って、
   そんな経験皆様ありません?

   で、ここでいう触感が弱い、ってのはアバウトな意味での弾いてて
   弾き応えがないとかではなく単純且つ明確な事柄、それは弦の
   テンションが弱く感じられる、いや実際問題弱いのよっていう、
   数値でも拾えるような絶対的要素で、否感覚的な部分。

   これには完成後、010〜046の弦を張ったものの、弾き応えと
   しては009〜042セット弦の如くの感覚で、ワシャ的には009
   からの弦セットの弾き応えはか細く感じられてしまうので好まない
   のだけど正にそんなカンジ、その感触が気持ちよく弾けない理由、
   もひとつガッツある音に耳には届かない理由ちゅ〜ことに結論づく・・・。

   しかしはて? なんでなんだろ〜。ネックはストラト用で当然ロング・
   スケール、ブリッジはトレモロ不搭載でしかもOマチック&ストップ
   テールピースのコンビよか断然弦テンション掛かる裏通し、ほぼ
   90度でターンしてネックに向かっていくハードテイル仕様、にも
   関わらずコレ如何? その他因子あるとすればネックの仕込み角?
   それだって極若干、チョー微量のみ付けたものの(工作の段階でね、
   完成後シム挟むなんて逃げはしてナシ)、画像では全くそんな
   感ない程フツーにフラットに見えるでしょ。ちゅーことはもう、全く
   以って原因が解らんのよ・・・(涙)。

   まだまだギターに対しての精進が足りんなとへコむとともに、それを
   修正出来ぬままそのオーダー主たる御友人様に渡すのは、実に
   忸怩たる思い万感(勿論その時はその釈明・言い訳をヤマ盛り
   添えて・・・)、しかしそれをダメ出されることなく喜んで受け取って
   貰えたので安堵はしたんだけど、やはり作り手とすると一抹の
   後ろめたさ、がねぇ・・・。

   とはいえ手渡した当夜のライブに使用して貰い、ご当人はじめバンドの
   面子様にも音の評判は宜しく、また自分で弾いてない状態でその音を
   拝聴する限り、物足りなさ感が耳に引っ掛かるカンジも特になく、これ
   ならコレでよかった、んですかね〜w 

   まぁあとは、ギター本体をイジるワケではないんで抜本的治療ではない
   けれど、極シンプルな対処法、もし御当人様も弾き心地が弱く感じられて
   しまうなら、011からの弦セットを試し張りするのは如何でしょうか?と
   いう口添えも勿論、すべからずw

   とはいえ後日談で、「お義父さんのレコーディングにこれ使ったよ!」
   というコメント貰ったので、ともあれ出来としてはどうにか及第点だった
   のかな〜、と、胸を撫で下ろすこと出来ました(ってか、お義父様も
   音楽やる方だったんだってな初耳の方が、その台詞内でのインパクト
   強かったっスw)。

  
 
   トップの木目木目なブラウンと、ボディサイド&バックのホワイトが、
   くっきりはっくりのコントラスト、いい味出しておまっしゃろ〜♪(って、
   選色はワシャぢゃなく、オーダー主様なのだけど〜w)。

   また、もしかしたら記して初めて気付かれるかも知れないがこのギター、
   バインティング、いわゆるセル巻仕様だす。そのボディサイド&バックが
   先にも触れたようホワイト(正確にはブロンドなんだけど)な為、アイボリー
   カラーのセルとかなり近似色、よってそれが施されてるの気付き難いと。

   ヤラしぃ思考のワシャだったらば、まず間違いなくセルが目立つように
   サイド&バックを濃色塗りたくってるトコだけどw、真のオトナやオシャレ
   さんは、このようなコーディネイトをチョイスするのだねぇ〜。

      
   ポット位置独特〜。ガイジン、特にブルースマンは他人じゃありえん
   演奏姿勢&形態のお方をチョイチョイ見かけるが(その点ジャパン人は
   オギョーギよくて逆にツマランね。故バタやんが愛おしいw)、そんな
   連中の、誰かのオーダーモデル、の感もあるわね〜。

   ってもそれもその筈、このオーダー主様はブルースをこよなく愛し、
   プレイもピック要らずの手弾き(だからこのVOLこの位置でも問題
   ないってか逆に操作し易いみたい)、そしてン十年前アメリカ留学
   されて当時の悪い空気(だけかw)吸って来た帰国子女様だもの、
   こげなギターに仕上がるの、さも当然、ってトコ?
   

   ってなワケでそのオシャレなホワイト・ブロンドのバック画像。この色も
   フェンダーの、由緒正しきイニシエなカラーのひとつでありますな。
   よって頑張って仕上げました〜。

   もっとも、材がバスウッドな為それほどハッキリとした木目ではない為、
   透け透け感が弱く見えちゃうのが残念なトコ(アッシュとかならそこら辺
   エグいくらいブロンド加減をプッシュしてくれるけどw)。

   あとはトップコートにクリアを当然、吹いてるから、艶というか光の反射で
   それが解り辛くなってるってこともアリ。下記にある、製作過程でのクリア
   吹いてない状態の画像では、もうチョイとブロンド加減が見てとれると
   思いや〜す。

  
   そんなこってギター引き渡し後の画像も一枚〜。ipod撮影の為、写り
   少々粗いのはゴカンベンを。まぁ逆に寄る年波がハッキリ写り込まなく、
   武士の情け(?)なショットということでw

   左隣りの白地バックの本文中には、製作しての忸怩たる部分が残った
   こともツラツラ記してはいるけど、この画像においては楽しく演奏されて
   いるように映って見え、それを鑑みればちっとは安堵出来ますな〜。

   もっとも、タイコ氏の方がより楽しそうにプレイしているように見えるのは
   気のせいかw

   

    
      先にもチラッと触れたけど、ボディバック/ホワイト(ブロンド)、セル巻/アイボリーの近似色なんで、その境界線が引き画像
      だと解り難くも、こげなようなアップ画像だとソレナリはっきり解るでしょ。なかなかキレイに巻けてっぺ〜。


     左上画像、スタンドの灯りが映り込むも、いつものように『鏡面の如く〜』と自画自賛するまでには至ってナシ・・・。これには理由があって
     ご存知ラッカーはウレタンの化学反応硬化と違い溶剤揮発で固まるだけっちゅ〜、極めて単純な塗料材、故に完全乾燥にゃ時間掛かるし、
     プラス更には経年変化で木材の目も浮き出てくるし(薄塗りなら尚更。まぁそれがラッカーならではの味とも言えるけど)。けどよ〜、
     こげにそれが早く表れるとは思わんだ。狙って木地感を出したんならいいけど、シーラー塗ってペーパー掛けて、クリアー何度も吹いて
     その間の何回かにもペーパー掛けて極薄塗装を心掛けるもあくまで塗面は平滑に、ってそう念入りに作業した後にこういう変化が起こると
     作業人としては気持ちビミョーなものがあります・・・。塗装後結構時間空けてから研磨作業に入ったんだけどな〜、まぁ目の粗い木材
     だし致し方ナシなのかの〜。

     っても右上画像では、そんな凸凹した塗面に見えないと思うし実際十分平滑に仕上がっているんだけど、光を当てると正に白日の下に
     照らされてしまうの〜w ちゅ〜ような多少の不満はあるもワシャの彫り出したfホール、先にも触れたけどプロダクションモデルよか
     じぇんじぇん繊細なディテールで仕上げられてるでしょっ。


     
      一方、裏側はといえば見事キレイに鏡面仕上げでしょっ(オモテも研磨当初はこうだったんだがブツブツ・・・、とまだ恨み節w)。いつもの
      ようにキレイにスタンドの丸灯りが映り込んでるの〜♪ そうそう、他に記すとこないんでここに書くけど、スカンク・ストライプの入った
      ネックは本文中にも触れたようにフェンダー・メキシコ製。フェンジャパの、青白優等生的な仕上げと違い(あくまでワシャのイメージ)、
      こちらの方がザックリとしてより御本家モノに近い感ありますな。別に仕上げが粗いってことじゃなく、なんか大陸製、ってカンジw
      
      
      ボディの表面のエッジはトップ材に巻いたバインティング付ってこともあり、殆どスクエアでRはナシっていうか90度だけど、対して
      裏面はソコソコしっかりとしたRを持たせました。テレキャスとストラトの間位のカンジかの〜。特に気に入っているのはネックの
      ジョイントプレート前面のもっくりとしたR部分。ハイフレも弾き易そうでしょ(1弦側のプレート脇も同様のRでくるっと囲んで仕上げ
      たかったけど、プレート位置の都合上不可でした〜)。

      あとネックポケットんトコにある褐色のブツは、トップ材と同じローズウッドで、それをカマして接着してあるの。ほれ、このボディは
      本来ソリッド用にザグリが施されたものなんで、そこに天板貼り付けると当然、ネックがその分ボディに潜っちゃうんですな。
      だもんでそれを底上げしてやる為の施工ってワケで〜す。ワシャの他のギターにも昔からよく使ってたワザ。違うメーカーの
      ネックとボディくっ付けて成立させる為に培ったワザで〜すw
      
〜〜製作後記〜〜
   
      コレがアイチ木工製のボディ。レスオプションでトレモロザグリとR加工をオミット。んで、これを惜しげもなく彫りまくっていくワケで〜すw

 
      切削作業は電ドリ(ボール盤ね)、トリマー、手動でノミをも使い総動員で人海戦術(って、やるのはオノレ独りのみだけどw)。そうこうしてる
      うち、削り節は恐ろしい速度で膨大に貯まっていき、あっという間に工作室は雪が積もったかのように埃まみれで御座い・・・(涙)。


      ってなワケでどうにか穴空け終わり、センター残しのホロウ加工完了。けっこうキレイに彫れてるでしょ♪ 大量の削り節は捨てずに
      キープ(画像のもの以外にもう2袋。凄まじいでしょw)、ほんでBBQ用の火種とするのだ。労力掛けた削り節だからか怨念こもっている
      からなのか凄まじく着火性よく、コレあれば着火材いらずっていうか、これこそ正にその名に相応しいブツなのだw


      ボディバックのホロウ加工を終え、お次は天板に手を付ける。糸鋸盤で粗削りして、だいぶ途中をハショってw(画像がな〜い)、ボディ
      バックに接着、整形し、更にはセル巻の為の溝彫りも〜ってなカンジで右上画像にまで至るw そうそう、上2枚の画像じゃそうでもない
      ように感じられるけど、その天板のローズウッド、実際には素の状態だと下左画像のような紫が混じったかのような色調で、流石に紫檀と
      いう名だけのことはある・・・、などと感心するよか、このまま素の色クリアー仕上げでいいのかなぁ〜?、ちっとスティンで色足して、もっと
      明るいカンジに修正してやった方がいいのかなぁ〜?、と、結構このときは悩んじゃったズラよ。


      左上画像は(スタンドの)光当たって陰影付いていることもあり、セル巻用の溝加工がよく見て取れるでしょ。しかし明かりの下でも
      この暗い色調、ワシャの気持ちもダークになるのが解るっぺw 右上画像は再度のボディバック材の加工。コントロールパネルの
      穴開けたりストリングブッシュ埋め込んだり、シンプルなギターながらも色々やることはあるのだっ。


    セル巻作業中の画像もナシっ。あんな忙しない最中に撮影など出来んっ。ちゅーことで巻終わり画像でゴカンベンを。左上ね。一部マスキングが
    貼ってあるのはその部分の接着がちょいアマかったので、もっかい接着剤投入と。右上は『とのこ』を塗りたくってるトコですな〜。

      
      トップ材のローズウッド、その色調を杞憂していたものの、クリアー、っていうか(か左上の画像だとまだシーラー塗装段階ですな、
      それを吹けばご覧の通り、その心配も雲散霧消、鮮やかな色調に〜(まぁ事前に切れッ端にクリアー着色して、どう変化するか
      下調べしてはあったんだけどねw)。

      右上も、いよいよのブロンド着色。クリアーにホワイトを混ぜ、クリアーホワイト(?)とでもいうべき塗料調合で吹くか単にソリッドの
      白吹いて、ガン捌きのみで透過加減を調整するか迷ったが、ここはオトコらしく後者を選択。この画像だとホラうっすら、いくら
      木目の穏やかなバスウッドだって、その木地がうっすら透けて見えっぺっ。


      ちなみにそのブロンド着色するときには、当然トップにホワイトが掛からぬようマスキングは必須。だからっていって、こげな
      スーパーの広告使わなくてもという御意見、ご尤もw 

      右上は、どこまで白を吹くか、既製品のブロンド具合をカタログでチェックしつつ塗り重ね。って、この画像で見る限りオノレの
      塗装もカタログのブロンドSTそのどちらも殆どソリッド・ホワイトのボディにしか見えませんなw


      てなワケでクリアー、ワシャはウレタンでも相当回は吹き重ねるのに、ラッカーならば尚更。なかなか手間の掛かる作業の末、どうにか
      ご覧のようなピカピカのボディちゃんに。あとは研磨と(多分この画像は研磨前)電装と組み立てを残すのみぢゃ〜い!

    
      そんなこってどうにか完成に漕ぎ着けやした〜。この製作後記の画像はすべてipod撮影でのものだから、チョイ画質落ちるけど、従い
      上の2枚もそれで撮った完成画像を載せてみました〜。前半の画像とは多少赴きことなるでしょ〜。

 
TOP