STRANGE STONE   Electric sitar

                TOPICS
  ● VARIABLE SITAR SYSTEM   ● PHASE SW 
  ● TREMOLO LOCK    ● STONE FINISH

  ストレンジ・ストーン。昔飼ってたネコのお墓作ってやったとき、
  この石っぽくみえる塗料使ったコトあって、いつかギターにも
  使ったろかいと思ってました。ピックガードにも大理石っぽい
  模様のシート貼り付けてるよってに、オール石材製の如くの
  ミテクレでエライ重そうに感じるかも知れませんが、中身木材
  なんで大丈夫っス。それどころかこんなアンバイなんで、軽石
  ギターなどと呼ぶ、失敬な輩も・・・。

  ボディは、察しヨイ方ならアリア製?と出るかも知れませんが、
  ご明答。そして元のネックはノンブランドのコンコルドヘッド形。
  これらを怪しいビザール型エレキのシェイプにしようと頑張って
  みました。ヘッドなんて、元がコンコルド形って言われれば、
  ああ成程と思うでしょ。ボディもヘッドに合わせてホーンの先に
  丸ダンゴ付けて、独特のシェイプにしてみました(なんかボディ
  ビルダーのキメポーズみたい)。

  ピックガード(以下PG)はストラト系のモノを使用したんだけど、
  そのワリにゃ上手くアリアのボディとマッチしてるっしょ(本来の
  このアリアのPGは現ジャック位置の黒丸まであった)。また
  PGのトンガリもホーンに合わせて丸らせたりして芸コマ、その
  カットした残りはトラスロッド・カバーに使うなんざ、アンコウ
  捨てるとこナシみたいなノリね(制作途中の画像めっけたので、
  右に追加。おかげでこのページ作り直し。メンド〜)。

  画像追加ついでに記せば、わざわざポッドの位置まで変更
  なんかして、B型とは思えぬ神経の細やかさ(操作性という
  よりかは、ミタメのバランス取りね)。そしてどうせポッテリと
  した塗料盛るんだし、ラッカーとかみたく塗装後のヒケ気に
  しなくていいんで、ジャック部分にゃダイレクトに金属プレート
  配し、うん強化キョーカと。なんかそれ以外にも怪しい部分が
  たくさんあるって?そりゃ後回しじゃい。

  う〜ん、画像1枚はさんだだけで、ぶ、文章が・・・。段ふたつ
  戻ってもらって、ナゼにそげなビザール・エレキっぽい外観に
  仕上げたかといえば、このエレキのいっとーキモの部分である
  シタール機構を搭載させようと思ったからナリ。なんか優等生
  っぽいミテクレのギターからミョ〜ンとか音が出て来られても
  ねぇ、ドリフか新喜劇みたいにコケちゃいまんがな。

  で、ナニ故その機能を備えようと思ったかといえば、そりゃ単純
  明白、エレキ・シタール欲かったものの、ヤツら高いじゃん(また
  ソレかいっ。逆のイミで金々だなオラ)。あと、部品取りにジャンク
  ギター買い漁るも、激安のはバンドブームだった80年代に売れ
  たロックトレモロ搭載のヤツら、ロック式があんまし好きでない
  ワテはコレが貯まる一方だったので、チョイここらでハケさせる
  為の、そのエクスキューズ故のシタールでもあ〜る。

  ってオマはん、エレキ・シタールにトレモロなんて聞いたことナイ
  ぞって?ふっ、アチキがフツーにモノ作るとお思いでっか?更
  には二重三重のワナというか仕掛けもあるんだけど、まぁまぁ
  それは慌てずにゆっくりとお付き合いの程ヨロピクっ。

  そのシタール機構のハナシに移る前に、残りのトピックス書い
  とくと、トレモロ(以下Tr)不可動にするロック機構付けて(Trの
  6弦側の上にある黒ノブを内に寄せればロック)、アウト・オブ・
  フェイズにするミニSW(あのか細い音ならシタール音に似合う
  と思ってね)、自作のいわゆるマイクロ・ティルト、あとは毎度の
  ホームセンターで見つけた怪しい鉄棒をクイッと曲げて、パーム・
  アームみたいに仕上げたアームバー、それからどうせロックTr
  じゃけ、ペグは最低クラスに付いてる安っちーヤツでよかろっ。

  ・・・にしても、よくやる手口で4対2のペグ配列にするのはいい
  として(安物ペグの軸部分を本来とは逆に台座へ組み直す方法
  ね)、モトの3弦のペグ穴ふさぐのに木ネジ使うとは、なんという
  横着、ココでB型の地が・・・。いやいや、これはリッチーもやって
  た、ヘッドにストラップ・ピンとか付けて質量増やし、サスティン
  上げる為のモノよ(もちウソ。だいたいそんなこと気にするくらい
  なら、こんなちっこいヘッドにしまっかっての)。また右画像では
  前述したPGの切れ端で作成のT・ロッドカバーもよくお解かり
  頂けるかと。こげなトコまで石模様にしてまんな。コマいねっ。

  ま、そんなカンジで細部の設定も済み、いよいよキモのシタール
  構造なんだけんど、まず、セコいワテはシタール音だけじゃなく、
  普通のギターの音も出せるようにしたかったのデス。なので上の
  水色囲みにゃヴァリアブル・シタール・システムとかカッコつけて
  書いてあるけど、つまりはそういうコト。そしてこの可変式にした
  ことが、なかなかに面白い効果を生み出してくれることに後々
  なるのだよ。フッ(う〜ん、実にいいトコで次ページだな)

  ・・・って、画像と文面追加のせいで、ソレ
  再び成立させるの大変だったナリよっ!

NEXT