イヌの外耳炎について   佐々木顕正


外耳炎は、外耳道に炎症が発生すること。
外耳炎の原因としては、細菌、真菌(カビの一種)、酵母様菌(マラセチア)、耳ダニ、耳垢(みみあか)。何かの破片、種子、小さな虫。発症する過程として耳の中の絡んだ毛により、耳垢が溜まり、細菌、真菌、酵母様菌の温床になり、炎症が発生する。耳道内の分泌(耳垢腺から出る粘液。外耳道の乾燥防止、潤滑作用、感染防御作用がある)がうまく行えない為に、他の体の感染(細菌、真菌、酵母様菌)が波及したことで炎症が起きる。耳ダニの潜伏により炎症が起きる。(皮膚垢を栄養源として耳の中に潜伏する)また、細菌や、真菌、酵母様菌の二次感染も発生する。異物は免疫反応により、炎症が起きる。

以上、原因と発症する過程ですが、基本原因をハッキリさせた上で治療します。

  1. 細菌、真菌、酵母様菌は、耳洗浄をして点耳薬(抗菌剤等)で治療。内服(抗菌、抗真菌剤)なども症状に応じて行います。
  2. 耳ダニも、耳洗浄と点耳薬を行いますが、体表に卵や、耳ダニ自体が散乱することがあり注意が必要です。再び耳道に再潜伏することがありますので、ダニ駆除剤の注射や内服、レボリューションの滴下(ダニ、ノミ駆除剤)も併用します。
    なぜなら、ダニ卵が2週間ぐらいで発育しダニとなるので、時間差が生じて再感染するからです。
  3. 異物は耳鏡(耳の中を見る道具)にて確認。洗浄で取れるようであればよいが、取れないものは、麻酔、もしくは鎮静剤にて摘出する。
いずれにせよ、獣医師による確実な診断が必要です。症状は似ていますので、安易な判断
は症状を悪化させます。かかりつけの動物病院で相談、そして診断。治療しましょう。