イヌの皮膚と被毛の手入れについて  佐々木顕正


定期的なシャンプーやグルーミングは、愛犬の皮膚と被毛を健康に保ちます。また、皮膚や、被毛の異常を調べる機会でもあります。夏場など季節によってカットを変えるのも、よいでしょう。毛の多い愛犬は、短くカットすることにより快適になります。

今回は毛質によって、異なるグルーミング(毛の手入れ)方法を紹介します。

  1. ロングコート
    ラフ・コリーなどはスリッカーブラシで毛のもつれを防ぎます。十分なピンブラッシングの後、目の粗いくしをいれます。毎日ブラッシングを行い、月に一度は余分な毛をトリミング(毛のカット。美容室ではシャンプーも含めてトリミング。)します 。
  2. シルキーヘア
    マルチーズ、ヨークシャーテリアなどは保護用の下毛を持たず、皮膚も薄いため、裂傷を受けやすくなります。きついグルーミングに敏感です。
    まず、優しくスリッカーブラシで毛のほつれをといて、ブリストルブラシを使い、最後にくしで仕上げます。ブラッシングは毎日おこない、月に一度はトリミングをおこないます。
  3. 厚いショートコート
    ラブラドール・レトリバーはスリッカーブラシを使い、毛並に沿って毛のもつれをほどき、毛並みに逆らいながら、抜け毛を取り除きます。ブラッシングは週1回、換毛期には週2回行いましょう。
犬種、毛質によってグルーミングも様々です。単に外見の良さだけでなく、皮膚や毛質の状態は、愛犬の健康の指標にもなります。1ヶ月に一度は、愛犬美容室や、動物病院の美容室でトリミングすることをお勧めします。