イヌの心臓病について2   佐々木顕正


愛犬の心臓病については、具体性のある結果により確認されます。
獣医師が心臓病を疑い 治療までの過程では、検査が必要不可欠です。

聴診:心拍数の把握、特徴的な心音の聴取。徐脈、頻脈、心雑音の状態。

心電図:心臓の電気的な変化を測定する。不整脈など。

レントゲン検査:心臓の大きさ、肺の状態。心肥大、肺動脈の拡大等、心血管の状態。

エコー検査:心臓弁の動き、心筋の拡張、肥大、拘束等の内部状況の確認。

血液検査:心臓からの血流不足による腎機能低下。フィラリアによる血液循環障害。


治療については、代表的な疾患別に説明します。

うっ血性心不全: アンギオテンシン変換酵素阻害剤(血圧の安定)
  フロセミド(利尿作用にて,肺と静脈にある過剰な液体を除く)
  症状の程度により、ジギタリス、ジピリダモール、ベータ遮断薬、
  抗不整脈、ニトログリセリン、必須脂肪酸、抗コルステロール剤。
  セレン、ビタミンE等を、組み合わせて処方する。

拡張型心筋症:うっ血性心不全の投薬に準ずる。

肥大型心筋症:カルシウムチャンネル遮断剤。場合により、うっ血性心不全投薬に準ずる。

先天性心疾患:外科治療。動脈管閉鎖術。バイパス術。バルーンカテーテル挿入術など。

フィラリア肺性心:メラルソミンによる成虫駆除。その後、アスピリン、トラピジルによ る長期内服による抗炎症作用、抗血液凝固作用を期待する。 薬剤駆除が不適であれば、フィラリアの外科摘出。

いずれも、うっ血性心不全薬に準ずる こともある。