投稿情報「テーマ:GK指導法」

2000.5.29更新

滋賀県大津の南郷SSS 鳥家さんの投稿情報です。
GK指導法の参考書が少ない状況ですが、貴重な資料を頂きました。
投稿情報の要点を抜粋して掲載させて頂きます。
原本は写真が多く分かりやすいのですが著作権・肖像権を考慮して写真の掲載は遠慮しました。

表紙(要旨) GK指導(教本より) GK指導法(ビデオより)

トップへ表紙(要旨)
「テーマ:GK指導法」
公認指導者研修会
日時:H12・2・27 AM 9:00〜
講義内容
1:GK指導
    サッカー指導教本より
2:GK指導法
    実践ビデオの解説

トップへGK指導(教本より)
1.現代サッカーの流れ
・コンパクトフィールド(最終ラインの押し上げ)
    〜LESS TIME・LESS SPACE〜
・ゴールキーパーを含めたビルドアップ
・一瞬の隙をつくサッカー(ダイレクト)

2.ゴールキーパーとは  11人の中の1人
『チームを構成する選手の一人である』
・『ゴールキーパー』は、ゴールキーパーというポジションの選手である前に、
 11人で構成されるサッカーチームの”一員”です。

3.日本のゴールキーパー指導の現状・役割
1.環境…・グランド・恐怖心を与えない為の用具等の配慮
2.放置…・ 特にトレーニングでGKが孤立していないか?
3.ゴールキーパーの指導の欠落…・フィールドプレーヤー指導への偏り
4.ゴールキーパーがフィールドプレーヤーの練習に参加していない
5.トレーニングの発展性…・選手のレベル・目的を考え指導して行く
GKのスタイル

4.トレーニングをどのように行っていくのか!
M−T−M(Match−Training−Match)の活用
1.シュートストップ (Shoot Stop) ゴールを奪わせない
2.ブレークアウェイ (Break Away) シュートを打たせない
3.クロス (Cross) シュートを打たせない
4.ゲーム (Game) ピンチを作らない

5.ゴールキーパー導入期について
1.基本姿勢 基本技術の習得に重点を置く
2.キャッチング
3.移動方法(ステッピング)
4.ポジショニング(位置と姿勢)
 そして徐々に  
5.ローリングダウン 段階的指導
恐怖心を与えない!
6.ダイビング

6.ゴールキーパーにも、サッカーの楽しさを教えましょう
ではサッカーの楽しさは何でしょうか?
1.動く楽しさ (活動欲求を満たしてあげる)
        〜ゴールを守れる楽しさ=ゴールキーパー
2.出来る楽しさ (出来ない事が出来るようになる技術の習得)
3.わかる楽しさ (動き方がわかる戦術的能力)
4.かかわる楽しさ (仲間との関わり、コミュニケーション)

7.ゴールキーパーの経験のないコーチに対して
1.まず、サッカー選手のスキルを身につけさせる
2.フィールドプレーヤーに共通するゴールキーパーのプレーの原則を習慣化
3.選手全員にゴールキーパーを経験させましょう
         〜コーチも一緒にやってみよう!

8.ゴールキーパーを指導する時の留意点
あくまでも、良いゴールキーパー(サッカー選手)を育てる為の土台作り

サッカー選手としての基礎を身に付けさせることが
将来のゴールキーパーに成る為の土台作りとなるのです!

トップへGK指導法(ビデオより)
パス廻し1.ウォーミングアップ
@視野を意識したパス廻し
Aキャッチを意識したパス廻し
 →
 指導:常に視野を広く確保する

パスキャッチ2.オーバーハンドキャッチ(高い球)
@基本姿勢に入ってからパス
 →
 指導:必ず基本姿勢に入ってからパスをさせる

3.アンダーハンドキャッチ(低い球)
@手を伸ばしボールを向かえに行く(小指の先と小指の先を付ける感じ)
 →
 指導:必ず腕をのばす
Aキャッチング時腕を引いて肘を曲げない
 →
 指導:肘を曲げさせない。ダイビングキャッチ時肘を痛める!

4.足を曲げてのカバーリング
@グラウンダーのボールを膝を曲げて身体の前方でボールをとらえ、両手でボールを向かえに行く
A足を曲げずにゴールに対して壁を作らないとトンネルしてしまう
 →
 指導:壁を必ず作らせる
B膝は地面に付けない。前方に膝を曲げない。
 →
 指導:守備範囲(壁)が狭くなる。膝を痛める

5.ステップ
5.1 サイドステップ
@両足で地面を擦るようにステップ
 指導:飛び上がってしまうと次の対応が遅れる
5.2 クロスステップ
@上半身は正面に向ける
 指導:移動後は必ず基本姿勢で身体の正面でキャッチングさせる

6.ローリングダウン
ステップ1
 @長座からのローリングダウン
ステップ2
 A膝を付いてのローリングダウン
ステップ3
 B基本姿勢からのローリングダウン

指導:
 ・ローリングしにくい時は倒れる方向の足を一歩斜め前へ出す
 ・置き上がる時手のひらを開けておき上がる
 ・手のひらを開けずに立つと手首等骨折する
 ・背中を付けさせない
 ・足・腰・脇の順番にローリングさす

7.ポジショニング
指導:適切なポジションからスタートさせる。
   繰り返し行う事で正確なポジションを覚えさす。




GK指導に関する資料は数少なく、コーチにも経験者は少ないのが実状です。
そのような状況でも公認指導者講習会が開かれ、資料を提供していただきました。

投稿情報に戻る
ボタンを押すともとのページにもどります
ホームページホームページに戻る