大磯町議会議員 竹内恵美子の議会レポート


wind まちづくりNEWS LETTER/議会報告



21    vol.20  2008.07.07 発行  (平成20年7月)
 
住民自治の充実で、
住み良い大磯町をめざして
 
第2回定例会が開かれました
 田植えも終わり、本格的な梅雨の時期に入りました。
6月3日から6月13日まで第2回定例会、6月議会が開かれました。町議会では、月京幼稚園の移転場所も決まりました。
 万台こゆるぎの森は民間活力活用で民間が持っているノウハウや企画力を活用して事業を推進するために、事業者を今年2月から募集していましたが、その結果2団体からの応募があり、4月28日選定委員会を開催し、検討を重ねた結果、学校法人国際学園に決まりました。詳細については国際学園と大磯町とでより良い利用方法、関係をさらに協議中です。
 
報告 
1.「医療費適正化対策事業」について
  電子計算システム開発委託が年度内(3月)に完成しないため、平成20年度に繰り越して使用する。
2.「公共下水道整備事業」について
 大磯38-4汚水幹線整備工事が年度内に完成しないため、平成20年度に繰り越して使用する。
3.大下田橋耐震対策事業
 狭あい道路整備事業工事が年度内に完了しなかったため、平成20年度に繰り越して使用する。
4.「介護保険運営事務事業」について
 電子計算システム開発委託が年度内に完了しなかったため、平成20年度に繰り越して使用する。
 
 土木工事等施行してみたところ、予測不可能な地盤が出てきたとか不可抗力な面も多々ありますが、年度内完工という計画はなんとか契約通りにきちんとするさらなる努力をするように切望します。
 
町立プールの設置、管理等に関する条例を廃止する条例
 生沢プールの老朽化(昭和50年7月開設)及び軟弱地盤の上にあり、利用者の安全確保が困難になったため、町営生沢プールを廃止することになりました。
 このプールは毎年小学校、中学校の生徒が学校水泳として利用していますが、今年の夏は大磯ロングビーチのご好意により、無料で貸していただけることになりました。
 意見としては、検討委員会の答申(10月頃)が出てからで良いのではないか。いつ新しいプールができるのか。代替地は決まっているのか。危機管理が大事等意見がありました。
  賛成者多数で可決
 
神奈川県後期高齢者医療広域連合規約の変更について
 高齢者の医療の確保について、県内すべての市町村で後期高齢者医療の事務が明確になりました。住民の健康の増進には市町村で義務付けられています。
 規約には広域事務が、条例には徴収の規定が、33市町村が制定して8項目が明記されました。
 対象になる方は3,800人います。住民の方への周知は広報、チラシ配布、出前講座などで実施し、窓口体制は2名。なお減免の対象の方は広域連合から通知があります。
  賛成者多数で可決
 
工事請負契約の締結について
 月京児童館新築工事  
  西山建設(株)  代表取締役 西山 厚   6,440,000円
 私は賛成討論をしました。月京児童館は昭和35年に建てられた木造の児童館です。老朽化が激しく、内側外側に腐食があったり、雨漏りもあり、地元の皆さまから陳情が出されたり、要望も出されていました。
 建設用地は、JA湘南との敷地の整理も地元の皆さまの協力の下、敷地を確保することができ、耐震構造も含めて建築確認も取れており、月京地区の皆さまの意見がたくさん取り入れられています。
  賛成者多数で可決
 
物品購入契約の締結について
 「災害対応特殊水槽付消防ポンプ自動車購入」
  日本ドライケミカル(株)  
   車両事業部 車両事業部長 神谷 秀之  44,100,000円
 耐用年数は15〜20年。納入時期は来年1月末予定。古い自動車は日本外交協会へ寄付することになっています。
  賛成者多数で可決
 
物品購入契約の締結について
 「第12分団小型動力ポンプ付積載車購入」
  (株)畠山ポンプ製作所  代表取締役  畠山 昭夫  8,064,000円
 月京地区の消防自動車はすでに24年を経過して老朽化が激しいものでした。納入時期は11月中旬予定。古い自動車は廃車にする予定。
  賛成者多数で可決
 
*生沢プール廃止
 生沢プールは昭和50年に開設。その後何回となく改修工事や敷地上空の高圧線による電磁波の影響調査を行い、平成19年8月まで開設してきました。
 しかし施設の老朽化及び軟弱地盤などにより、抜本的な改善が必要となりました。
 電磁波の影響調査で安全性は確保しているものの、災害時において、利用者への危険性が指摘されることから、生沢プールを廃止しました。
 今まで生沢地区で盆踊りや団子焼き等に駐車場を使用していたため、今後の使用を検討していただきたいという要望がありました。
 
*念願の循環バスが発車オーライ
 念願の富士見地区の循環バス9月1日から運行開始!
定員15人程度のワンボックス車により、虫窪、黒岩、西の久保地区の主要箇所を経由しながら、二宮診療所と東海大学病院、国府支所を結ぶ約15kmの循環運行を実施。国府支所発、二宮診療所行は10時半、13時半、14時半、15時半、16時半で、二宮診療所発国府支所行は11時、14時、15時、16時の予定です。
まだ時間がありますのでご意見、要望のある方は、区長さんを通して相談してみてはいかがでしょうか。
 
*月京幼稚園の移転先が決まりました
 月京幼稚園の移転先決まる!
移転先は生沢団地の北側です。平成20年度に設計委託し、平成21年度に建設し、平成22年度から新しい園舎で幼稚園生活が始まる予定です。
 
 
竹内恵美子の一般質問
 
竹内  協働によるまちづくりについて
町長  町ではまちづくり団体の活動、育成、支援に努め、誰もが容易に参加、交流できる仕組みづくりをしていく。
竹内  県内市町村では、ボランテイアの協力で、環境美化や美化活動をアダプトプログラム制度を導入しております。今後町としての考えは。
町民副支部長  市民活動団体としての登録や紹介等していく。
竹内  福祉、教育、防犯ボランテイアと分かれていて非常にわかりにくい。一元化、あるいは協議会をたちあげてみてはいかがか。
町民副支部長  一元化したい。最終的には協議会という形で組織作りをしていきたい。
 
竹内  選挙の投票は民主主義の根幹であり、その町の町の政治に対する関心度を高める重要な役割であります。国府地区の地域格差があるとすれば、もっと便利にできないでしょうか。例えば期日前投票所の設置は。
総務部長  人員確保、投票箱の管理、システムの構築をしなければならない。何よりも住民サービスが図られるように考えていく。
町長  前向きに検討する。選挙管理員会にお願いする。
 
竹内  食育推進協議会の進捗状況は。
町長  食育基本計画の策定(21年3月)に向けて協議会を開催して検討している。
竹内  学校の栄養士はメンバーに入っているのか。若い職員の方からも意見を聞いたらよいのでは。
町民福祉部長  今入っていないので今後入れていきたい。
竹内  地産地消の推進はどのようにしていくのか。今後の計画は。
町長  町として、農産物、水産物の直売所の活用を検討中。最大限の努力をしていく。
竹内  活気ある農業を実現させるためにも、地産地消が必要では。町とJAとの仕組みづくりが重要では。
環境経済部長  現在、県内の直売所の情報を収集し検討中です。
 
 
 
大磯町を情報公開、日本一の町に!
 
いま問われているのは大磯の未来
 


前のページ 目次 次のページ