大磯町議会議員 竹内恵美子の議会レポート

wind まちづくりNEWS LETTER/議会報告



1    vol.51   2016年4月 発行  (平成28年4月)
    
平成28年度の予算が決まりました!
地域主権にふさわしい議会に 
 

 若草のもえる季節になり、暖かな春らしい陽気になって参りました。東日本大震災から5年が経ちましたが、被災地では未だ解決すべき課題がたくさんTV等で報道されています。大磯町でもまだまだ今後も対策を考えていくべきではないでしょうか。第1回定例会(予算議会)が2月17日から3月17日までの31日間の会期で開催されました。

3月議会

*大磯町世代交流さざんか荘条例の一部を改正する条例
  町では2年間にわたり、「さざんか荘」の将来に向けて運営と浴室使用について検討してきた。今回浴室を有料化する条例改正。
  町内(大人)一人1回につき200円。町外(大人)一人1回につき300円。
  子どもや障害者 一人1回につき100円。
                       賛成者多数で可決
 
*町立国府幼稚園の統廃合に伴う認定こども園の誘致について
 国府幼稚園を平成30年3月31日に廃止。たかとり幼稚園と統廃合し、その跡地に私立認定こども園を誘致するために条例を改正する。平成30年4月1日施行。
  平成28年4月:法人募集説明会、公募  7月:選考委員会・決定  8月:新園舎設計  
  平成29年:建設工事  平成30年:完成
                        賛成者多数で可決  
 国府幼稚園からたかとり幼稚園に通う人のために車での送迎を考慮してほしいと思います。
 
*工事請負契約の締結について
 国府中学校体育館耐震補強・改修工事に係る工事請負契約の変更。平成27年10月に開始した工事に、天井部分の改修工事を行う。契約金額964万4,400円を追加し、1億3,708万4,400円に変更。木毛版(もくもうばん)を撤去し、グラスウールボードに変更する。完成は5月末を予定。
 目視だけだったのか。死角の部分だったので、足場を組んではじめてわかった。設計段階で屋根を剥がさなかったのが反省点である。
                       賛成者多数で可決
 
*工事請負契約の締結について
  (仮称)大磯町リサイクルセンター建設工事 (大磯町虫窪地内)
   請負契約金額  17億6,040万円(税込)
   契約の相手方  神奈川県横浜市鶴見区尻手3丁目2番43号
           新明和工業株式会社流体事業部営業本部
           本部長  石川 貞仁
 大磯町と二宮町の容器包装プラ、ペットボトルを圧縮梱包処理するリサイクル施設。大磯町の可燃ごみを平塚市へ一定量まとめ運搬するための中継施設。大磯町の一般廃棄物を搬出するための選別・保管施設を整備する。
 この工事は、DBO方式で、設計・施工・運営管理を一体的に行う。地下2階(鉄筋コンクリート造)・地上2階(鉄骨造)。建築面積1,771u、延床面積3,687u。20年間の運営管理を数社で組織するグループ会社が行う。事業費総額は、平成30年4月から20年間分の運営委託費29億4,300万円(税込)を含め、47億340万円(税込)となる。
                       賛成者多数で可決
 
*旧吉田茂邸再建事業に関する協定の変更について

 再建工事完了に伴う工事費が確定したことにより、平成27年4月1日に締結した平成27年度の事業費総額5億1,048万6千円を5億880万9,680円に変更し、平成27年度の負担額を4億5,434万円から2億7,452万4千円に変更し、神奈川県と大磯町が変更協定をするもの。
                       賛成者多数で可決
 
*人権擁護委員に大磯町大磯にお住いの 曽根 伸子さんに引き続きお願いすることになりました。
*人権擁護委員に大磯町生沢にお住いの 竹内 清さんにお願いすることになりました。
*人権擁護委員に大磯町高麗にお住いの 永楽 和子さんにお願いすることになりました。
*人権擁護委員に大磯町東小磯にお住いの 佐々木 義正さんにお願いすることになりました。
 

補正予算

事業委託料(マイナンバー導入に伴う情報システムのセキュリテイー強化対策整備委託費)1,520万円、個人番号カード等交付事務委託先への交付金551万円、自立支援給付金(見込み対象者数の増)2,200万円、放課後児童健全育成事業委託料601万円、認定こども園整備事業補助金966万円、がん検診委託料(受診見込み者数の増)318万円、新規成年就農者に対する給付金75万円、中学校給食開始に伴う援助費の増65万円等
                       賛成者多数で可決

28年度予算 

一般会計:101億2,500万円、国民健康保険事業:45億3,200万円、後期高齢者医療保険事業:8億5,200万円、介護保険事業:29億6,900万円、下水道事業:17億6,300万円
(総額 約202億4,100万円)
  一般会計が過去最大の100億を越えた予算になりました。
放課後子どもプラン事業(朝の居場所づくり):200万円、子育て・親育ち支援事業(5歳児検診の試行的実施):741万円、子ども・子育て支援新制度運営事業(病後児保育実施):3億4,885万円、支援教育推進事業(小、中学校教育支援員の配置):2,485万円、消防指令センター共同整備事業(平塚市、大磯町、二宮町):1億646万円、地域密着型サービス介護施設等整備事業:8,076万円、大磯港みなとオアシス事業:600万円、運動公園長寿命化対策事業:3,300万円、国府小学校施設整備事業:1,000万円、農業用水路整備事業(西小磯地区):2,180万円、農業振興普及事業:476万円、 鴫立庵整備事業:723万円等
 第2子以降は保育料無料で(保育園児53名分、幼稚園児133名分)約1,876万円
                       賛成者多数で可決


竹内恵美子の一般質問

石神台JR新幹線北側緑地の有効活用について

竹内  この町の素晴らしい自然環境を有効に生かしていくべきでは。   
町長  五洋建設(株)からの寄付により、今まで町が保存緑地として管理してきた。  
竹内  石神台JR新幹線北側緑地の有効活用は。   
町長  皆さんからの参加を得ながら検討していく。  
竹内  「シクロクロス」はどのようなスポーツか。
部長  悪路で行われる自転車競技で障害物が設置されたコースを
     時間内に何周できるかを競う競技。
     起源はロードレースの選手の冬場のトレーニング。
     ベルギー、オランダで盛んに行われている。  
竹内  「シクロクロス」の大会概要は。    
部長  「湘南シクロクロス」で、平塚市、大磯町、中井町、開成町を会場に。
     主催者側が許可を得た緑地内を整備し設定した。  
竹内  主催者はどこか。   
部長  臨湘南ベルマーレシクロクロス実行委員会。
     NPO湘南ベルマーレスポーツクラブの自転車部門。 
竹内  大磯開催の経緯は。   
部長  新たな観光の核づくりを進めている中で相談があった。 
竹内  木の伐採等はしなかったのか。
部長  自然を壊すことなく下草刈り、倒木の片づけ等でできた。 
竹内  民有農地は虫食い状態であると聞いたが。 
部長  民有農地が入り組んで、境界が全て確定されてないので、
     地権者には個別に説明をし、了解を得た。  
竹内  五洋建設から寄付を受けた緑地はどのくらいか。 
部長  全体で16万u。 
竹内  今後の方向性は。  
部長  今後も開催していきたいという意向。非常に有効なものだった。  

 

石神台JR新幹線北側緑地の有効活用について

竹内  ボランテイア数と事業所の推移は。
町長  登録者数は42名。事業所は13か所。
竹内  町民からの意見はどのように生かしていくのか。
町長  来年度は活動者として登録者との意見交換の場をつくり
     フォローアップ研修をする。
竹内  今後の方向性は。
町長  登録者数を増やしていきたい。介護予防につないでいきたい。
竹内  介護認定を受けている人の数は。
部長  65歳以上は1万人を超え、介護認定を受けていない人は8,820人。
竹内  ポイントの交換率は。
部長  昨年はポイントをためた方は20名で交換率は90%。
竹内  交換できる店舗は。
部長  町内に45店舗。
竹内  2025年度問題、65歳以上が増えます。
     この「はつらつサポーター事業」は65歳からですので
     今やっている方が何年くらいできるのか、追跡調査をしては。
部長  ほかの市町村の状況も踏まえたうえで、
     事業の内容を充実させるために生かしていく。


 
いま問われているのは大磯の未来
 
 
一歩、一歩、また一歩、一生懸命に。
 


前のページ 目次 次のページ