大磯町議会議員 竹内恵美子の議会レポート

wind まちづくりNEWS LETTER/議会報告



    vol.62   2019年1月 発行  (平成31年1月)
 
  

 新年あけましておめでとうございます

  昨年は、梅雨時の西日本を中心とした記録的な集中豪雨、9月には北海道胆振東部地震を初め、非常に勢力の強い台風21号が日本列島に上陸するなど、全国各地で自然災害による 甚大な被害が後を立ちませんでした。今年は災害がありませんようにと祈るばかりです。
  新しい時代を迎えるにあたり、これからも一層頑張っていきます。
  12月議会が、12月18日から27日まで10日間開催されました。


議案

  
*東海大学に対する訴えの提起について  
  9月定例会で総務常任委員会の閉会中の継続審査となった、東海大学に対し、4,900万円の違約金の支払いを求める「訴えの提起」は、12月定例会の初日に委員長より審査結果の報告があった。
   町と大学が交わした契約書において、契約締結後、10年以内に病院本体及び高度医療診断センターを建て替えができない場合は、違約金4,900万円を支払うという特約条項が付いているが、契約書の文言の解釈の違いから大学が違約金の支払いに応じないため、町が支払いを求めたもの。
   病院撤退や大学との関係悪化などの質疑があり、病院の維持は大学の社会的責任であると大学から言われていることや、精一杯協議を行ってきたが契約書に基づき対応せざるを得ない状況にあるなどの回答が町からあった。
                     賛成者多数で可決

*大磯町公共下水道使用料条例の一部を改正する条例
 
下水道の汚水処理に要する費用は、下水道使用料収入で賄うことが原則となっているが、現状ではすべてを賄うことができず、不足分を一般会計からの繰入金で補填している。
   そのため、下水道運営審議会からの答申を受け、公衆浴場汚水の基本料金は据え置き、一般汚水の基本料金及び超過料金について、平均9%の引き上げを行うもの。
  一般家庭の標準的な排出量 2か月あたり40㎥の場合
    現行料金  4,508円
    改正料金  4,886円 になる(税抜)
   この値上げにより、一般会計からの繰入金は、約2,600万円、5.7%の削減。
                    賛成者多数で可決
 
*大磯町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
  人事院勧告に基づき、国家公務員の給与に関する法律の一部改正が行われたことを踏まえ、大磯町職員の給与月額の引き上げ、及び期末手当、勤勉手当の支給月数の見直しのために、一部改正を行うもの。
  なお、「大磯町立幼稚園の教育職員の給与に関する条例」及び「大磯町一般職の任期付き職員の採用等に関する条例」も同様に一部改正を行う。
  〇給与月額の引き上げ
   ・一般職、幼稚園教諭  初任給を1,500円引き上げ、若年層も1,000円の引き上げが行われたことを踏まえ、大磯町職員は、400円の日上げを基本とする。(平成30年4月から遡及適用)
  〇期末・勤勉手当の引き上げ
   ・一般職  0.05月引上げ 0.95月に(平成30年12月期の支給)
   ・再任用  0.05月引上げ 0.475月に(平成30年12月期の支給)

    ・一般職  期末手当  6月及び12月の支給割合を1.3月分に改定
          勤勉手当  6月及び12月の支給割合を0.925月分に改定
   ・再任用  期末手当  6月及び12月の支給割合を0.725月分に改定
          勤勉手当  6月及び12月の支給割合を0.45月分に改定等   
                    賛成者多数で可決

*大磯町町税条例の一部を改正する条例
  地方税法の改正に伴い、個人町民税の控除対象配偶者の定義変更や法人町民税における税率の引き下げ、固定資産税の地域決定型地方税制特例措置(わがまち特例)の見直し及び削除、軽自動車税に係る環境性能割及び種別割の規定改正のために一部改正を行うもの。
  ・個人町民税均等割の非課税に関する規定改正は、現行の「控除対象配偶者」の名称が「同一生計配偶者」に改正。
  ・法人町民税の法人税制の税率が消費税率引き上げに伴い10月1日から引き下げられる。引き下げ分は地方交付税として市町村に分配。
  ・自動車取得税(県税)が廃止され、新たに「環境性能割」が創設され、軽自動車税は「種別割」に変更等 
                    賛成者多数で可決

人権擁護委員に生沢にお住いの竹内 清氏にお願いすることになりました。
人権擁護委員に大磯にお住いの曽根 伸子氏にお願いすることになりました。
人権擁護委員に高麗にお住いの永楽 和子氏にお願いすることになりました。


補正予算

*大磯幼稚園にエアコン設置  2,671万円、(国からの補助金活用594万9,000円  
*小学校修繕料  100万円(大磯小学校給食室雨漏り修繕、大磯・国府小学校防火 シャッター修繕料不足分)  
*後期高齢者健康診断  1,007万円(受診者が見込みより増)  
*財政調整基金へ  7,622万円(職員給与の減)  
*地域会館整備見送り  3,560万円(今年度建て替えを予定していた茶屋町公民館工事入札が不調のため、今年度の事業を見送るため) 
                     賛成者多数で可決 


竹内恵美子の一般質問

国府橋の架け替え工事(支所の東側)は    

竹内  土地の買収状況は。
部長  地土地の買収は、不動川改修工事と町道幹21号線の整備に必要な用地はすべて協力いただいた。
竹内  河川改修の状況は。
町長  既設護岸が台風の被害を受けたため、今護岸工事を先にしている。平成31年3月に 完成の予定。
竹内  国府橋の架け替え工事は。また、川沿いの道路工事は。
部長  神奈川県に施工していただき、町のほうが県に費用負担し、3年から4年かかる予定。
 国府橋の工事が終わってから、左岸町道6m,右岸町道4m、不動側の川幅は現況10mから16mになる予定。
竹内  工事は短縮できないのか。
部長  渇水期の11月から3月頃の工事で集中的にやるので期間がかかる。
竹内  工事中は車やバスが通れなくなると思うが。
部長  今、バス会社とう回路を検討中。(県道からおおいそ学園前を通り、馬場公園に抜ける予定)   
竹内  町民の皆さんが不便を感じないように詳しい説明をしてほしいが。また、町民への周知はどのように。
部長  工事着手したら、工事看板、う回路表示、工事中のイメージアップができるような、
    工夫を県とともに検討していく。
    また、町としても、非常に重要な事業であると認識しているので一刻も早い完成に向けて努力していく。



防災への取り組みは  

竹内  平成30年の防災訓練は、台風の影響で中止になったが、中止した内容は。
参事  町内全域での安否確認。磯中・国小で避難所訓練をやる予定だった。
竹内  防災訓練のチラシに建築士事務所協会による住宅耐震ブースがあると載っていたが
   住宅耐震診断無料相談とは。

参事  ヒアリングによる、簡易耐震診断である。町の住宅耐震補助制度の周知である。
竹内  災害時のための伝達手段については。
参事  携帯電話の電波を使うのが有効。
竹内  避難所運営委員会の長は、持ち回りで変わってしまう。
   長く続けてもらうことはできないのかといわれるが、どのように考えているのか。

参事   避難所運営委員会の長の任期を進言したい。
竹内  ゲームで被災体験「絶対絶命都市防災マニュアル」第4弾というのがあるが、
   参考に購入してはどうか。

参事  調査していく。



いま問われているのは大磯の未来
 
 
一歩、一歩、また一歩、一生懸命に。
 


前のページ 目次 次のページ