働くお父さんが 小遣いを稼ぐ ための基礎知識
パソコンで
TOP 基礎知識 準備編 実践編

稼げるしくみ

仕組みっていうほど難しくないんです。
サイト運営者(企業だったり、個人だったり、ラジバダ・・・ごめんなさい(汗))が クライアント(企業)の依頼を受け、その依頼内容に沿ってサイトの会員に向け同じ内容の 依頼をします。それが、依頼した企業の広告閲覧なのか、アンケートの回答なのか、データ入力 なのかは、サイトによりある程度限定されますが、サイト運営者は企業より受け取った報酬の 一部を、私たちに報酬として分配します。つまり、私たちの稼ぐお金の出所は企業なんです。
依頼をする企業にメリットはあるのか?と言う所が問題になってくると思うんですが。 メールマガジンの受信やサイト訪問を例にすると、高すぎるTVCMなどでの宣伝広告費の抑制と費用対効果で十分すぎるメリットが あるのではないでしょうか?さらに、TVCMは公共放送なのでCMを最も見せたい人に 必ず見てもらえるかというとそうでもない様です。その点、ネット広告は、広告の内容によりサイトの運営者が しっかりと広告の対象者に振り分けることによって、広告としての役割を果たします。 時期はは覚えていませんが(それでも最近です)年々企業に於ける宣伝広告費のうちTVCMの割合が減って、 逆にネットへの宣伝広告費が増えつつあるというニュースを聞きました。
そういえば最近、民放放送を見ていても自社のTV番組の予告や自社関連のCMが多くなった気がします。 今後、広告はネットによる広告が主流になる予感がするのは私だけでしょうか。

大事なこと

たったこれだけの事でほんとにお小遣いが貰えちゃうんだけど、よ〜く考えて見てみると・・・
大体1件処理するのに要する時間は30秒程度で、もらえる報酬は大体1円、単純に自給換算すると・・・
なんと!!120円じゃないですか(安!!)結局は時間の無駄なのか・・・
いやいや、結構そうでもないんですよ!私の場合、はじめてからの1ヶ月で報酬額の合計が
約4,000円でした。 それが多いか少ないかは、比較対象がないのでなんともいえませんが、初心者にしては上出来だと私は思いました。 平均で1日に1時間程度活動したので1ヶ月で約30時間、自給換算で約133円です。自給の見込み値の120円を 上回りました。
このように、お小遣い稼ぎといっても高額を稼げるものではありませんが、「千里の道も一歩から」 ということわざにもあるように、毎日少しづつ積み重ねれば必ずお金はたまっていきます。 「継続は力なり」というように続けることが大事な事です。テレビを見ながらでも、音楽を聴きながらでも、 好きな時間に好きなだけ活動すればいいんです。義務的にならずに楽しみながら活動するのが長く続ける秘訣では ないでしょうか。

前は  基礎知識編TOP  です
次は  セキュリティー1  です
Copyright © 働くお父さんのお小遣い稼ぎ All rights reserved