働くお父さんが 小遣いを稼ぐ ための基礎知識
パソコンで
TOP 基礎知識 準備編 実践編

セキュリティーその2

次は通信上でのセキュリティのお話です。
一般的にインターネットの通信は暗号化されておらず、中継点にいる人間なら誰でも内容を見てしまう事 ができるんです。重要な個人情報やIDやパスワードだったらたまりませんよね。内容が書き換えられてしまう 危険性もあります。内容を第三者が見ても簡単には判らないように内容を変換して(暗号化)送受信する技術 がSSLをはじめとする暗号化による通信です。
しくみは、送信側が情報を送信する際に送信する情報を、暗号化鍵を使って暗号にして送信します。 受信側は受信した内容を暗号化鍵を使って元の情報に戻します。中継点の第三者は暗号化鍵を 使用しないと内容を理解することができません。また、第三者が内容を理解せずに内容を書き換えても 受信側が情報をチェックする事でエラーを検出する事ができるので、結果的に情報の誤送を防ぐことができます。
安全性は飛躍的にあがりますが、暗号の解読や暗号化鍵の不正な取得など、ユーザーが個々に対処できない問題 ではありますが、絶対に安全では無い事も覚えておく必要があると思います。

その他注意する事

セキュリティーの他に注意しなければならない事といえば詐欺関連でしょう。振り込め詐欺やフィッシング詐欺 等ご存じない方は居ないと思います。インターネット版振込み詐欺は
『○○サイトに登録されましたので登録料(年会費)をお支払い下さい。お支払い頂けない場合は、法的手段に〜』
とまあ、こんな感じに自分が債権回収業者であることを主張し、個人情報は特定してますみたいな事を書いて 脅迫してきます。私が頂いた?督促メールは件名が『最後通告』でした(汗)同じ送信先から一度も 督促受けたことないんですけど〜、と突っ込みを入れつつウィルスチェックでウィルスが仕込まれてないこと を確認して中身を拝見し即効でゴミ箱にポイしました。その後同じ送信先からメールが来ることは無かったとさ。
今は不況も手伝ってか、『主婦がお金を稼いだ方法』や『ネットビジネスで100万稼ぐ方法』等 金儲けにまつわる情報を売りますよ〜、みたいなメールが横行してます。
もし、万が一でも携帯電話や自宅の電話にメールの内容とリンクした振込みを強要する電話がかかってきて 身の危険を感じた場合は、 メールの内容をプリントアウトして速攻で警察に駆け込みましょう。しかるべき対処をしてくれるはずです。

個人情報の一本釣り − フィッシング詐欺

フィッシング詐欺とは、悪意のある第三者がサイト運営者等になりすまし 『ユーザーアカウントの有効期限が近づいています』や『新規サービスへの移行のため、 登録内容の再入力をお願いします』などと、本物のサイトを装った偽のサイトへのURLリンクを 貼ったメールを送りつけ、再入力と称し個人情報を入力させIDを奪ったり個人情報を奪います。
対策としては振り込め詐欺同様無視しちゃえばいいんですが、運営者からの告知を装っているので 気持ち的に無視は、し難いですよね。偽者なんですけどね・・・。(汗)なので、自己防衛手段として、 そのようなメールが届いたら
・運営者にメールの内容の真偽を問い合わせる。もちろんサイト内の問い合わせホームから行う
・リンク先のURLが正しいURLか確かめる
・ブラウザやアンチウィルスソフトにフィッシング詐欺対策機能がある場合は有効にする
フィッシング詐欺についは、運営者が初期登録以外で再入力をさせるような事があるかどうかの確認と、 重要な情報の入力はメールにあるリンク先で行わないで、正規のサイトにログインをして、そこで入力 するように徹底すればリスクを減らす事ができると思います。

絶対安全はありえない

セキュリティーに関しては絶対に安全だと言う事はありえません。また、不幸にもこれらの被害に遭われて しまっても全ては自己責任です
ハードウェアや情報処理技術が日々進化するように、不正な技術も日々進化してます。 アンチウィルスソフトやファイアーウォールの最新版への更新はもちろんの事、自身の知識も常に最新の手口 や技術を情報として持っていることがとても重要です。自分も当事者である事を自覚し適切な判断と対策で 自己防衛をしてください。

前は  セキュリティー1  です
引き続き  準備編・タブブラウザ  です
あなたのパソコンのセキュリティ対策は万全ですか?
ウイルスバスター トレンドマイクロ・オンラインショップ
ウイルスバスター
シマンテックストア
セキュリティならノートン!
マカフィー・ストア
マカフィー・ストア

ウイルスセキュリティZERO

ヤマダ電機
Copyright © 働くお父さんのお小遣い稼ぎ All rights reserved