ウインカーをLED化すると思いがけない問題が起きてきます。それはウインカーリレーの
構造がLED用に作られていない事が最大の原因です。喝空さんもその一人で、対策に苦労
した喝空さんは遂にタイマーICとFETを組み合わせてオリジナルのリレーを作ってしまいました。
それではご本人の説明に従い工作の手順を見ていきます。
ブロック配線図
まず、変更箇所をあげます。上はCT110オリジナルのウィンカー回路の簡略図。
下が今回の回路です。本来のリレーをはずして、そのままつなぎます。ウィンカー
スイッチ後の配線に点滅させるスイッチ(今回はFET)を入れて発振回路でオン
オフ
させます。図ではウィンカーランプですが、使用しているのはLEDです。
IC1: ICM7555 などの汎用のタイマーIC。CMOS版が望ましい(入力電圧が12V以上と高いため)
1個100〜200円ぐらい。念のため、ICソケットをつけると静電気で壊れたとき容易に交換できます。
 
Tr1,Tr2 : 2SJ533など。シリコンPチャンネルMOS FET。200円ぐらいです。2SK2956などの
Nチャネルでもよいですが、ソース(S)ドレイン(D)を逆に接続しないとダメです。
 
D1,D2 ,D3,D4 :1S4など。整流用シリコンダイオードであれば、なんでもよいです。できれば、ショット
キーダイオードの方がよいかも。以上は秋月
(http://akizukidenshi.com/)で購入できます。
 
R1 : 10kΩ。 抵抗はすべて1/4Wまたは 1/2Wタイプがいいと思います。
R2 : 100kΩ。R3,R4 : 1kΩ。
C1 : 100uF/25V。電解コンデンサー。あってもなくてもよいと思います。
C2 : 0.1uF。セラミックコンデンサー。あってもなくてもよいと思います。
C3 : 4.7uF/25V。電解コンデンサー。容量を大きくすれば点滅速度が遅く、小さいと速くなります。
耐圧は16Vでもよいですが、25V以上がベター。
C4 : 0.01uF。セラミック、またはマイラコンデンサー。
 
発振回路ですが、今回は汎用のタイマICの555シリーズを使用しました。CMOS版の方が、
電源電圧の最大定格が18Vと高いのでいいと思います。電圧が不安定な場合、D1、D2の
後に
3端子レギュレーターを入れるといいです。
 
点滅周波数はR1、R2、C3の値で決まります。可変抵抗とかで点滅速度を変更可能にする
こともできますが、バイクで使うことを考え振動による誤動作もありうるので、R1=10kΩ、
R2=100kΩ、C3=4.7uFにしました。この値だとオリジナルとほぼ同じ点滅周期になりました。
電源はウィンカースイッチ後の左右のラインからダイオードを通してとりました。IC1の3番から
点滅の信号がでて、スイッチの役割をしているTr1、Tr2をオンオフしています。
 
今回はLEDまたはノーマルのウィンカーランプでも使用できるように大電流が流せるFETですが、
LEDのみの場合は2SC2120などでもよいかもしれません(試してませんが、コレクタ電流が最大
定格800mA)。本当は2端子化にしたかったのですが、5端子になってしまいました(水色枠の
内部)。この回路ですが、こっちの方がもっと良いとかありましたら、教えてください。

基板のパターン

パターン図です。右側が表から見た図で左が裏面(パターン側)です。赤色ラインが電源ライン、
青色がグランドラインです。今回、リレーをヘッドライト内に入れようと思っていたので、なるべく小さ
くしました。

 
白、黄、茶、青、緑は使用した電線の色です。基盤はユニバーサル基盤を使用しました。部品を基盤に
実装するときはIC1(ICソケットを使用した方がベター)をつける前にJ1、J2、J3(ジャンパー線)をTr1、
Tr2の前に周辺のD1、R3、R4を先に半田付けしてください。
 
IC、FETは静電気に弱いので気をつけてください。D1、D2、C1、C3は極性があります。また、IC1は右
パターン図で右側が切れ込みがあり上段の一番右が1番です。Tr1、Tr2は白、茶(電線を出す穴側)に
印刷面がくるように取り付けます。わかりにくい説明ですみません。
ケース(タカチSW40)に入れてメスの4極カプラー(青、茶、黄、白)、ギボシ(グランド線、緑)、
ホットボンドで防水しました。

ヘッドライトケース下のネジをはずして、配線を出しました。この図ではオスのカプラーをすでにつけて
います。わかりにくいのですが、本来はウィンカースイッチからの1(オレンジ)と2(水色。写真では白っ
ぽくなってます)は、各々3と4に接続されてました。
 
それを外して1をカプラー側の黄色(白っぽく写ってます)、2を青(水色っぽく写ってます)、3を白、4を
茶色の電線にギボシでつなぎました。自作リレーの緑電線(グランド線)は、2と3の上にある緑線に接続
しました。
 
また、3、4からインジケーターランプにいっているのですが、外して回路図のようにダイオードを入れで
つなぎなおしました。写真には写ってないですが、自作リレーをカプラーにつないでヘッドライト内の隙間
に入れました。fig 9 自作リレーでLEDウィンカーを点灯した図。写真なので点滅はわからないですね。
最後に、参考にされる方へ。ウィンカー関係の改造は安全上、生死かかわることなので
あくまでも自己責任でお願い致します。
部品はほとんどすべてここで買いました。
 
秋月電子通商
http://akizukidenshi.com/
 
千石電商
http://www.sengoku.co.jp/
 
これでオシマイです。喝空さん素晴らしい出来ですね〜これなら売れると思います。
(^^)マジで!この作品への疑問や質問はメッセージボードで受け付けますので
ジャンジャン聞いてくださいね!

完成

部品を取り付けた基盤です。
たもちんのコメント・・・すごく小さいですね!最近さらに小型化したようです

下の4枚の写真はその後サイズを縮める為にパーツを見直し組み替えた物です。超小さくなり
何処でも入りそうですね!私のリレー式より小さいようです。喝空さんの技術には恐れいりました。


こちらのコーナーでは卓上NCを使用した作品や手作り作品を紹介しています。皆さんに
紹介したいものを掲載させて頂きますので、メールか掲示板にてお問い合わせください。

投稿作品の紹介(LEDウインカーリレー)