-----以下、OLDコンテンツ(情報が古い可能性があります。)-----

PhotoShopでのテロップを作成する際、文字にエッジをつけるのがめんどくさいものである。いろんな方法があるが今回はそのなかのひとつを紹介する。

今回はPhotoShopのアクション機能を使用してエッジをつける一定の処理をする。

以下の筆者作成のアクションファイル(圧縮済み)を使用して説明する。必要に応じてダウンロードしてください。

<テロップ作成アクションファイル Rev.0.0>

*無断複製、配布絶対禁止*

エッジが少々汚い場合もあり改善点がまだまだ必要かもしれない。また機能は最小限版になっている。なお、PhotoShop5.5で動作確認している。

PhotoShop6.0では動作しない。PhotoShop6.0にはソフト単体でエッジを作る機能がある。

便宜上、PhotoShopの基本操作がわかっているとしてこれから説明する。

矢印のあるところにあるのがアクション機能を使用するウインドウだ。ここでさきほどダウンロードしたアクションファイルの読み込みをする。

アクション機能の詳細操作は上記の矢印をおし「アクションの読み込み」を選択する。
ここでさきほどダウンロードしたファイルを指定しアクションファイルを読み込む。これで準備は終了。終了するとアクション機能のウインドウに「ビデオ」が追加されるはずだ。

主な使い方だがファンクションキーに機能が割り当てられているのでそれを使用すると便利だ。

F4-ファイル作成・・・・・720x480の解像度のファイルを新規作成。

F5-デフォルト色・・・・・描画色を白、背景色を黒にする。

F6-エッジ追加(黒)

F7-エッジ追加(赤)

F8-エッジ追加(青)

F4,F5はそのまま押せば機能する。エッジ追加の方法を実際にどのようにするのかを説明する。

F4を押すと上のウインドウのように新規ファイルが作成される。

次に文字ツールで必要なテロップの文字を書く。

文字ツールを終了させ、その後、F6-F8のどれかを押すとエッジが追加される。以下が実際にした例だ。
このように多少はテロップ作成がはかどる。が、これ以外にもいろいろとテロップ作成方法はあるのでご注意いただきたい。

なお、このレポートで紹介したダウンロードファイルを使用していかなる損害などが発生しても筆者ならびに関係者は一切の責任を負いません。あらかじめご了承ください。