画像制作中でゴンス
変身すると
普通のヒョウタンツギになってしまうので
どう表現しようかと
思案中です。

もうしばらくおまちください。

「バンパイヤ」を知っている方は、納得いただけると思われる。

「バンパイヤ」とは木曽郡夜泣き谷村に住む一族を指す呼称であり、彼らは何らかの現象……例えば相手を憎む心が増大する等……が起きると“変身”をとげるという奇怪な体質に見舞われている。これは遺伝性の体質として感染するような病気の種類ではなく、いわば特異なものとして考えて差し支えない無いだろう。

ヒョウタンツギの多くはこの変身による登場が主流で、手塚治虫研究書物でいう「キノコ」や「海洋生物」とは一線を画す説である。西洋でいうオオカミ男やドラキュラ伯爵もこの類に属するが、彼らの様な夜行性的な面はなく、また一般的な人間を襲うような事も無いので危害は至って少ない。

ただ、変身する時の状況は「ポルターガイスト説」同様、“登場人物に何らかの精神的ダメージが起こったとき”である事から、その関連性が問われている。

前の説へ 次の説